新着Pick
226Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ザランドはやはり注目なんですね。
ファッションの領域に関しては、画一化との相性が悪く、イメージづくりができるかが肝になってきます。だからこそ、ファッションに限っては「100%アマゾンが勝つ」とは言えない領域でしょう。
国によって、ファッションの成熟度、国民性、ブランド数、ショッピングのやり方が違うので、グローバル基準のアマゾンと相性が悪い領域では?と思います。(ちなみに、日本のファッションECはかなり特殊だけど、もっとも接客小売に近い)

とはいえ、双方の出方は今後注目したいです。
AmazonジャパンではまだまだファッションECに浸食しているイメージは少なくて、そこはさすがZOZOTOWNやMARQRELなどかなーと、思ってました。
バッグや靴をAmazonで購入したことはありますが、服は袖丈や着丈検索できるZOZOTOWNに頼ってしまいます。
服はブランドはさることながら、自分のサイズに合うかが重要ですから。Amazonがそこまで浸食しているならこれは日本でも注視。
ザランドと言えば僕らのお兄さんサイトです。昔のお父さんはウチと同じくロケットインターネット。もうお互いにパパからは自立しましたが(笑)。
返品無料=ファッションでもECで買える、を武器に、欧州ファッションEC市場を席巻する姿からは色々学びましたし、今でも刺激される存在ですし、「返品無料」が世の中に浸透すればまだまだ市場は広がる、と自信をくれる存在です。
ちなみに僕の知識が間違ってなければ、この記事に出てくるルビンはCEOではなく、代表取締役 (オペレーション担当) で、他にも2名、代表取締役 (商品担当 & マーケティング+IT担当) のトロイカ体制で今でもやってる面白い会社です。
ウチも最初はザランド真似してトロイカ体制は試しましたが、ウチはあんま上手く行きませんでしたが…(苦笑)。
ZOZOとかのアパレル専門モールのほうが、Amazonや楽天などの総合モールより、有利だと思っています。
例えば、ロイヤルブルーのシャツを買いたいと、それぞれで検索して、早くストレス無く見つかるのは、アパレル専門モールです。
やはり、商品を特化しているから、検索にも工夫が多く見られます。

ただ、Amazonのファッションに対する意欲は、並では無いと思います。日本でもファッションウィークのスポンサーになりましたよね。

この勝負の行方は、ZOZOの将来にも影響があるのは間違いありません。
ファッション、特にラグジュアリーへのアマゾンの進出は当然の成り行きでしょう。
ECには向かないと言われたラグジュアリーブランドでもバーバリーがウェブ上でのブランディングと若年層の獲得に成功した。ザランドの目指しているのも同じでしょう。

感覚的にはこの写真の梱包で届くのはちょっと嫌ですね。
新世代がECに慣れるに従い、だんだんアマゾンと宅急便の違いが無くなってくる。運ばれて来る手段としては、何の抵抗感もなくアマゾンでブランド品を頼むことも有り得る時代が来そうだ。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム、ナスダック: AMZN)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つである。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
44.2 兆円

業績

業績