新着Pick
526Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「早ければ2030年にも、すべての病気や老化プロセスを克服するシナリオが実現する」。
とんでもない発言だと思います。病気や老化は、そしてその先にある「死」は、いくらテクノロジーが発展しても絶対に不変のものだと思っていました。我々は今後50年ぐらいで、どんな世界を目撃するというのでしょうか。
1945年、すべてを失った空白のときに、私たちが発した問いは、「幸福とは何か?」。その結果、物質的に満たされる高度成長期をつくりました。今、すべてが満たされた空白のときに、私たちが発した問いは、「人間とは、何か?」。2085年までに、その答えを探しながら、主としての進化(機械との融合)を、私たちは経験する時代に入ります。だいたい2067年までには、進化が完成すると、私は見ています。
医療の進歩はテクノロジーなので進んでいくのは不可避だと思います。私たちが向き合う生き方や倫理の問題は一気に複雑になりますね。

以前延命技術に関する記事で、すごく将来には何百年も生きられるようになって自分で死ぬ時期を選ぶようになる世の中・介護などで他の人に迷惑をかけない限り生きていられる世の中が予見されていました。これを見たとき、資源が限りある世界で生き続けるということは、次の世代が生まれてくる権利を奪うことになるので、普通に他人に迷惑を掛けることではないのかなあ、と思いました。自分が長く・若いまま生きられるなら、次世代に託す必要がなくなるので子どもを作りたいと思う人も一気に減ると思います。

それは果たして人の進化と言うのかどうか。テクノロジーの進歩は不可避なので、こういった問題に真剣に向き合う必要があります。
https://newspicks.com/news/1938937/
良い時代に生まれたなあ。って思う
これは(ある程度解ってても)実際ちゃんと言われると強烈ですね…。
ベーシックインカム検討は当然の様にも思えまし、CESレポート読んでも近未来の生活スタイル進化は凄まじい。
ユーモラス増の件が悦ばしく、やはり価値観として仕事より遊びと言う世の中に変遷して行く事になるんじゃないでしょうか。
とんでもないですね。もうすぐ死ぬと思っているからこそ頑張って生きているのに、あと100年も生きるならやる気なくします。記事は読んでいない。
夢のある話です。というか、それが本当なら社会の在り方を見直さないと世界経済が持続可能ではなくなりますね。
Ray Kurzweilの息子がHBSの同級生だったこともあり、彼はよくHBSのキャンパスに来て、フューチャリスティックな未来像に関して、よく話していたのを覚えています。当時は先過ぎて、何だかよくわからないと思っていたのですが、今は一部のことは、「そうかも」と思えるような時代になってきたなと実感してます。ちなみに、彼の息子もベンチャーキャピタリストで、数カ国語がペラペラでした。
遺伝子工学をもとに寿命を延ばすことは現実味を帯びてきている。そもそも今のAIの発展やBI等の政策は今後世界の人口が増え、死亡率が劇的に減るのが前提のはず。つまり社会保障含めたマジョリティへの対策がやはり急務でしょう。
あと12年かは分かりませんが、寿命や健康が大きく改善することは確実でしょう。過渡期にいる現役世代が考えるべきは、いまいまの健康維持。運動・睡眠・食事は工夫してきましたが、加えてアルコール摂取を抑えることも今年から始めます(もう飲み放題は無し)。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。