新着Pick
355Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
お金使っても大丈夫と思える世の中を作って欲しいですね。今は、先に備えて貯める、節約する、という話になりますね。
人気 Picker
経団連に加盟している企業は一握りの大企業です。

そういう意味では、いくら経団連加盟企業が賃上げを実施しても消費の大きな拡大は見込めないでしょう。

会長が要請するように、政府が「子育て世代の保護」や「将来不安の解消」に乗り出さないと個人消費は拡大しません。

個人消費が拡大しないと経団連加盟企業の業績も伸びず、賃上げ要請にも応じられなくなります。

ここは政府と財界がタッグを組んで取り組んでいただきたいと思います。
金利下げても銀行は貸さない。企業はもうかっても内部留保に回す。個人は賃金が上がっても消費しない。
一言で言えば「先行き不安」なのでしょうね。

グローバル企業にお勤めの方は分かると思いますが、本社より海外子会社の社員の給料がはるかに高くなった。日本人の給料では欧米で暮らすのはかなりしんどい。ラーメンが2000円とかしますから。
それは賃上げしても増税などにより実質可処分所得が十分増えていないからですよ。将来不安を解消するという名目で消費税上げても、逆に消費減っちゃってますからね。逆に賃上げしてなかったらもっと消費減っていたでしょう。
そんなことはありません。日本でも特に低所得者は限界消費性向は高いです。基本的な消費も十分に出来ていない低所得者は賃金が増え、かつ継続的に増えていくという期待が醸成されれば消費はします。最低賃金を毎年決めるのではなく、5年とか10年のスパンで継続的に上げる枠組みを早く作って欲しい。

ちゃんとした賃金も払えないほど企業の相対的競争力を弱らせた民主党は悪魔みたいな政権でしたね
賃上げしたのは主に大企業だけだし、多くは一時的なボーナスの増額だし、と突っ込みどころ満載。中小下請けには賃上げの波はまだ行っていないのでは?

「賃上げしても消費は拡大しない」は賃上げを否定する理由にはなりません。
この時期の発言ですから。

労組の春闘の賃上げ要求に対する牽制球という位置づけなのでしょう。でもこのように抽象的な賃上げへの否定発言はいただけませんね。言いっぱなしの放言と変わりません。

「課題に官民あげて取り組むことが必要」・・はっきりと「所得税の減税をしろ」ぐらいは言ってもよろしいのでは?

うちは毎年1月が賃上げ時期。今月分から賃上げしましたよ。平均で5%程度。セルフファンディングが原則ですから店長さん頑張ってね!
2013年度、2014年度賃上げ分の半分近くが社会保険料として吸い上げられたと言われる状況ですから、負担感を増す一方の税金と併せ、多少賃上げしても消費が盛り上がるはずがありません。企業の生産性と無関係に行われる官主導の賃上げでは、持続性に確信が持てないことでもありますし。
働き方改革にしても賃上げにしても、企業に負担を求めるばかりで生産性向上を後押しするビジネス環境の構造改革にはなかなか手がつかない。経団連もやっと本気で政府にもの申す気になったということでしょうか・・・
トランプ次期大統領のアメリカ第一の動きもありますし、高い賃金が払えるビジネスを日本で育てるにはどうすべきか、官民挙げて忌憚なく検討を進める嚆矢になればいいですね。
「消費しない」は進化だと思うなぁ。休日にマイカーで行楽地に押し寄せ大渋滞。身につける機会もないのにブランド品を買い漁る。60インチの大画面でひな壇バラエティを観る。そのバカバカしさに気付いただけ。
金使わなくても豊かにはなれますよ。
現在の60歳以下は、将来に不安を感じる為、所得が上がっても消費よりも貯蓄に配分する傾向が強いでしょうね。年金が支給されるか分からないし、景気が悪くなると解雇されるかもしれないし、大企業でも簡単に倒産するし、信じられるのは蓄えておくことなのだと思います。経済学的には一定の貯蓄が実現されると、それ以降は消費に回るのですが、とてもそこまで到達していないのでしょう。金融政策でもなく、財政政策でもなく、必要なのは所得再分配政策だと思います。
でも賃上げしないと消費は確実に落ちるから、賃上げは続けてください。