新着Pick
997Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今年のCESに関してブログを書きました。家電ショーなのに、出展もしていないAmazonがイベントの主役だったことは各メディアで報じられている通りです。Amazon Echoに関する調査(1/3のユーザがEchoから買い物をしている)や予測(3年後に売上1兆円超え / その半分以上はコマースから)などをもとに、Amazonそして家電メーカーのこれからについて考えてみました。GoogleよりもAppleよりも先に時価総額100兆円に達すると言われているAmazonですが、ますますその強さが際立ってきました。
アマゾンは今や無敵の存在のように思われます。

しかし、他社にもチャンスはたくさんあります。
アマゾンは極めて多くのユーザー数という財産を生かして、現在の繁栄を築いています。

それを崩すとしたら、ブロックチェーンでしょう。
ブロックチェーン網が張り巡らされれば、それまでの「ユーザー数」という優位性はガラガラポンになりかねません。

「アマゾンを壊すとしたらブロックチェーン」
果たして予言が当たるかどうか?
当たるも八卦当たらぬも八卦…であります^_^;
Scrum Ventures宮田さんの記事。
Amazon Alexaのマネタイズがしっかりしているのには、Googleも勝てませんね。
音声で広告を入れる訳にはいきませんしね(^_^;)

ただ、
https://newspicks.com/news/1991493?ref=user_1235593
で書いたように、本来は、Googleが先行しておくべき機能であり、市場であったはず。

だから、宮田さんが書くように、GoogleよりAmazonが先に時価総額100兆円に唐突するかもしれませんね。
今年のCESはAmazon Alexa搭載製品一色でしたもんね。GoogleAssistantがもう少し頑張るかと思ったら、蓋を開けてみるとAlexa一色。
次世代の検索プラットフォームとしての可能性に満ちている部分でAmazonがまずは一歩抜けた印象を持ちました。
今年のCESについて、一番面白い記事でした。外村さんがコメントしているように、メーカーはAlexa等でモノが知性化されるのを前提に商品価値を見直すべきですね。例えば、ヒートショックが起きにくい風呂場(風呂に入ろうとすると、もう3分待って、とか言われて風呂場を温めてくれる)など。

そうすると「何かあったときにどうするんだ」的な議論が、日本ではネガティブな形で起こります。それを潰していくようなことを早くやるべきですね。
ブースを出していないのに存在感とは、「OS」ですね。おそろし。
分かりやすいまとめ、宮田さんありがとうございます!
今年Samsungが発表したFamily Hub 2.0は、自社の音声認識アシスタントを搭載しています。Alexaを搭載しているのは、CES 2016で発表したFamily Hub。
Samsungのプレスリリースに「Samsung ’ s advanced voice technology 」との表記がある。Alexaでは消費者のデータを利用出来ない事と、去年買収したVivの技術でカバー出来ると判断したのではないか。InstaCartがパートナーとなっているが、米国以外では別のサービスと組む必要があります。
Amazonに対抗したい企業も当然あるので、Alexa一色にはならないでしょう。Samsungの家電は世界規模でシェアが高い。提携する企業、サービスを増やせればAmazon、Googleに割って入る存在になるかもしれません。

『Samsung Electronics Unveils Family Hub 2.0 and Smart Built-in Appliances - Press Release』
http://www.samsung.com/it/CES2017/home-appliances/samsung-electronics-unveils-appliances-at-ces-2017/
『今後の産業キーワードはAI・ロボティクス・IoT…サムスン「開発人材を育てていく」』
http://japanese.joins.com/article/417/224417.html
音声インターフェイスってそんな便利かなあ。いまいち理解できん。
非常にわかりやすいレポートですね。消費者の購買データを単体のデータではなく、入り口から決済まで持っているのはやはり利があります。

今朝、アメリカのファッション系のコンサルを行なっている友人と話したのですが、高いブランド以外はアマゾンで商品を買う傾向が見られ、百貨店など大手企業は軒並みアマゾンにシェアを取られている状況です。

短期的には家電、自動車分野でしょうが、年末辺りにはファッション小売でも影響が広がっていくように感じます。
Uber(ウーバー)とは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア