新着Pick
203Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
減圧チューブの中で列車を走らせるという構想自体は単純で,日本では鉄道総研で概念検討をしていたはずです.日本機械学会でも数年前,検討会が置かれていました.
問題点の一つは構造.トンネルの構造と車体の構造.そして,駅をどう作るか?
ちなみに,2地点間を一直線のトンネルで結ぶと,その軌道は,地球は丸いので,下って上る坂になります.よって,列車を走らせるのに地球の重力が利用できるため,動力が少なく済みます.
まだ何も実態見えないので、何とも。。
コンセプトは素晴らしいと思いますし、実現して欲しいのですが(^.^;
立ち上げた方々が有言実行の方々なので、期待して待ちます。
もし実現できたら一足飛びに進化するが、もちろん前途は多難。チャレンジは評価したい。
Hyperloopといっても実質2つの会社がありどちらもコンセプトは異なります。ここで紹介されているHyperloop Oneはイーロンマスクのアイデアで生まれた構想で、シリコンバレーの投資家と共に設立されたプロジェクトです。

Hyperloop One
https://en.wikipedia.org/wiki/Hyperloop_One

もう一つがHTT(Hyperloop Transportation Technology)と呼ばれるクラウドソーシングを通じて世界中の英知を集めて始まったプロジェクトがあり、こちらはスロバキア政府などと交渉を行っています。

もともとはクラウドファンディング×クラウドソーシングでイーロンマスクのアイデアを形にしたJumpstarterという会社から派生したプロジェクトでどちらもコンセプトの実現を担っています。

Hyperloop Transportation Technologies
https://en.wikipedia.org/wiki/Hyperloop_Transportation_Technologies
未来感ありますね。自動運転車との組み合わせという発想も面白いです。高速フェリーの陸上版みたいなこと?
かの国はパイプラインとか延々とあるので、現実味あるのかも。乗る人は酸素マスクとか、防寒着とかいるのだろうか。