新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

99Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
軍事的な観点からのコメントがないので、ちょっと違った見方からひとつ。

アメリカのパワーの源泉は、なんといっても圧倒的な軍事力。
湾岸戦争、イラク戦争などを見てもわかるように、なかんずく、他の追随を許さない空軍力こそがその覇権の源になってきました。

しかし今回の中東の動乱でその一端が崩れつつあります。

そのきっかけの一つが、池内先生が触れているロシアの最新鋭対空ミサイルS400、およびその一世代前のS300です。(ここに着目されているのはさすがですね)

恐らく現在実戦配備されている最強のミサイルであるS400は、射程400キロ、マッハ6.2、同時に6つの目標を攻撃できるというパトリオットを遥かに上回る性能を有し、現状のアメリカのすべての戦闘機、巡航ミサイル、弾道ミサイルはおろか、ステルス戦闘機さえ打ち落とす能力があります。

つまりこのミサイルさえあれば、アメリカから一方的に空爆を受けることはなくなり、アメリカの軍事力を恐れる必要が大きく減少するのです。
そうなればアメリカの軍事的ヘゲモニーは大幅に低下することになります。

ロシアはトルコによる戦闘機撃墜事件のあと、真っ先にシリアにS400を配備しました。これによってトルコの戦闘機は身動きが取れなくなり、その威力を見せつけました。

ロシアはすでにイランやシリアに旧型のS300(それでもアメリカのパトリオットに相当)を供与していますが、更に最新型のS400をイランに供与することを計画しています。
更に、こともあろうにアメリカの同盟国であるトルコやサウジアラビア、インドへの供与が検討されているのです。

つまりこれらの国はロシアの防空システムの傘に入ることになり、同時にアメリカの軍事的影響力が大きくそがれることを意味します。

中東におけるアメリカの覇権の希薄化は、外交上の失敗のみならず、軍事的ヘゲモニーの低下、なかんずく絶対的な力を持っていた空軍力が無効化されつつあることがその一端だともいえるのです。

現実に続く戦争を紐解くには、こうした軍事的なパワーバランスの変化が政治にも大きな影響を与えていることを無視することはできないでしょう。
米国の新政権が、どこに軸足を置いてくるのかには注目しています。IS撲滅のためにロシアと組むという選択肢が噂されていますが、それは、シリアのアサド政権を間接的に支援することであり、またイランで複雑な関係に陥る。アサド政権はこれまで化学兵器による無辜の市民の虐殺をはじめ、欧米の伝統的価値観である人権への挑戦を続けている。ロシアに遠慮していると、イランとの関係も中途半端なものになりかねない。

トルコはEUの一員としてもシリア問題と向き合わねばならず、エルドアン大統領は非常に繊細な舵取りをしなければならない立場にある。ロシア戦闘機を撃ち落す一方で対話もするし、移民制限をすることと引き換えにEUとも交渉するし、自国を守るためにクルド勢力とも戦う。当面は利害が錯綜し、安定するまでには時間がかかりそうです。

ISに限らずテロの温床にあるのは格差、貧困、教育といった問題であり、世界の国々は、迂遠なようでもこうした分野への民生支援をつづけるべきでしょう。また、国家という概念が希薄な人々を分断する形で西欧が無理に国境線を引いたことで生じた軋轢や憎悪、ブッシュの無謀かつ正当化が難しい戦争によって生じたその後の混乱について、軍事的にはきっちりと欧米で対応して頂くことは当然であり、日本がその憎悪の連鎖に巻き込まれたはならない。
年頭の中東見通しがアップされています。媒体・読者の性質を考えて、かなり基本的なところから満遍なく、と試みました。いっぺん初歩から頭を整理してみるのもいいかと思いました。ここ数年で、中東は随分大きく変わりましたね・・・
【国際】「中東に影響を及ぼす大国」という観点で考えると、トルコ、ロシア、イランが注目すべき存在であることに異論はない。その一方で私は、一般的に注目されないものの注目したい国が二つある。それがイエメンとヨルダンである。

イエメンはシリアと比べるとほとんど注目されていないが、シリアと同じくらい悲惨な状況にある国である。そして、スエズ運河から紅海を経てインド洋に達する際の要衝となるバブ・エル・マンデブ海峡を要する国であることを考えると、実際には重要性の高い国である。シリア情勢が今後比較的安定化するとなれば、次はイエメン内戦が激化するのではないかと考える。イランは既にイエメン国内のフーシ派やサーレハ元大統領派を支援しているが、これにロシアが関わってくるとなると問題が複雑化するのではないかと思う。

ヨルダンもあまり注目されない国であるが、最近は少しずつテロが起きている状態にあり、国内に多くのパレスチナ難民やシリア難民を抱えていることから、その情勢に注目しておいた方が良いのではないかと考えている。
ロシアの中東関与ですが、原油の高値誘導を狙っている、覇権を劇場的に演出して国内求心力にしたい、という2つの理由しか見えないんです。後者は経済の悪化が進めば帳消しですし、シェール時代においては前者には限界があります。そう考えると、過大評価もできないのでは?
ビジネスマンとしてはこれくらいコンパクトに中東情勢をまとめてくれるとありがたい。それにしても、トルコリラは米ドルに対して史上最安値を更新するほど売り込まれているけど、かろうじてEU圏の防波堤として機能しているということか。ここが崩れるとユーロ圏の経済がさらにメタメタになっていく。地政学的には中東での安全保障リスク高めるだろうけど、内向き志向の米国がマーケットの人間には有難くて、しばらく人気を集めそう。
現在進行中のアメリカでのシェール革命は、アメリカ外交政策をより非干渉的(これを非難する人々からすれば「孤立主義的」とも言いうる)な方向に転換させつつあることも、中東におけるプレゼンス低下に拍車をかけています。

元々、オバマ大統領下のアメリカは、アラブの春を裏で支えていましたし、サウジと一緒に裏でISに武器を提供していたと言われますので、中東諸国からすると問題を複雑にした責任があり、不信感を助長していたことは否めません。
分かりにくい中東情勢を大変鮮やかにまとめて頂き、勉強になりました。特にトルコについては、単にキャスティングボードを握るだけでなく、混乱の元凶ともなりつつあるとのご指摘が印象的です。ISを打倒してもIS的なものはさらに現れ続けるだろう、というご指摘にも深く頷かされました。

ロシアの軍事を専門とする者からのコメントとしては、記事中でご指摘のあったロシアの軍事的関与がどこまで継続・拡張可能かがポイントであろうと思います。
現在、ロシアがやっているのは空爆+特殊部隊の小規模オペレーションであり、このくらいなら苦しいロシア財政の下でももうしばらくは継続できそうです。
しかし、大規模な地上部隊の派遣は財政的にも国民感情的にもかなり難しいと思われ、そうなるとやはりロシア単独では中東における軍事的覇権は難しいでしょう。現状のように、シリアやイランに地上部隊を出してもらわないと軍事介入が成り立たない可能性が大と思われます。

大山プロよりS-400に関するご指摘がありました。射程400kmというのは現在開発中の40N6ミサイルで想定されている性能であり、実用化されているのは射程250kmまでの48N6までです。もちろんこれでも強力なA2/AD能力となることには変わりはなく、低層防空システムや戦闘機と組み合わせると、米軍やイスラエルでも手を出すのはちょっと躊躇われるエリアが出来上がります(シリア北部は現にそうなっています)。
先日も投稿しましたが、こちらのラジオと照らし合わせて中東の現状を見てみると全てがつながっている事がわかります。さらに日本が想定している最悪の状況が起きる可能性もあるという事です。

20170102 報道するラジオ 「新春スペシャル~トランプで世界を占う!」
https://www.youtube.com/watch?v=4cyM8ngvAvk

トランプ大統領に変わってから、オバマ大統領が進めてきた中東戦略は大きく変化していくようになりそうです。合わせて、米国への経済の回帰は進んでいくかもしれませんが、戦争の主戦場はさらに混沌としていくような気がしています。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。