新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

96Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
僕も「日本代表としてアメリカで頑張っているという感覚はありますか」なんて聞かれることがあるけど、限りなくゼロに近いです。頑張っているのは、自分の夢の実現のためと、人類の未来のため。「国」が入り込む隙間はない。

もちろん僕は日本人であることを誇りに思っているけど、それは個人的な問題。仕事とは関係ない。

> ただ火星となると、さらに遠くなることから簡単にパーツを運ぶことができません。すると、火星に宇宙ステーションを作る場合、故障がほぼゼロの信頼性の高いシステムか、バックアップを内蔵した冗長性に富むシステムが求められます。

ある文明圏がself-sustainingとなるクリティカル・マスがある。多分10万人から100万人ほどの人口があれば、おおよそ文明活動に必要なあらゆるものを作る産業ができる。そこを越えれば、一気に規模が大きくなる。そこを越えるまで地球からパーツetcを運ぶためのコストをどう支えるかが問題。だから、徐々にコロニーを大きくするより、一気にやっちゃった方がいい。

一方で、僕が以前から言っているように、大量に移民をしたら火星に存在するかもしれない貴重な生態系を、不可逆に破壊してしまう可能性がある。まずは秩序ある少数の宇宙飛行士による有人探査が第一歩。もちろん、それはNASAだけでやるものではなく、民間企業や国際パートナーと手を取り合ってやるものだと思う。
ずっと前から疑問に思っていました。日本代表として宇宙に行くと、「自分は日の丸を背負っている」という感覚が強くなるのか。それとも宇宙からは国境が見えないため、日本人という感覚が薄れていくのか。大西さんからは率直な答えを返してもらいました。
立花隆の「宇宙からの帰還」という本を大学生の時に読み、宇宙を経験した人たちの精神的な変化に興味を持ちました。

立花さんがインタビューされた元宇宙飛行士の方々には、
月の上で「神がすぐそこにいた」と啓示のごとく実感し、NASAを辞めて伝道者となった者。地球へ帰還後、紆余曲折を経て、鬱病を発症した者。政界やビジネスの世界へ進出した者・・・・
宇宙での経験が地球人としての価値観を一変させた例が書かれていました。

大西さんは、宇宙と自分、宇宙と地球の関係性を冷静に読み解かれていることに驚き。
アポロが飛んだ時代と比べると、思考も技術も進化し、宇宙はより身近になっているなと感じます。
実際にはTBSの秋山さんを参考にしたスペースアドベンチャー社が数名の旅行者をISSに送り込んだ実績がある。ソユーズ宇宙船の増産をしてるという話もあるしスペースXのドラゴンv2の初飛行も近いだろう。火星へも思ったより早くいける気がする
素人目に見ても、ありとあらゆるリスク管理に膨大な作業やコストがかかりそうなので、火星移住は現時点で現実的ではないのは分かる。大西さんがコメントされていたように、火星の衛星軌道上における宇宙ステーションの安定・安全運用もそうだが、他にも技術的に必要なブレイクスルーがあるはず。もし火星に生態系があるとすれば、生命倫理的な問題もあるだろう。火星移住計画を実行するにあたって、現時点で何が問題で何が足りなくて何をする必要があるのか、コストはどれくらいかかるのか、そのあたりの背景を系統的に理解した上でないと、現役の宇宙飛行士が難しいと言っているのだから、難しいのだろうなという感想しかでてこない。
日本の機器のレベルの高さを誇りに感じた、というコメントは、普段の当たり前が相対的にはとても価値がある場合がある事を気づかせてくれるものだと感じました。
日の丸とかしょうもない質問はやめて欲しい、マジで。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。