新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

197Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
上3人を捕まえるには、圧倒的努力。下3人を見つけるには、嗅覚と直感とイマジネーション。そして、ベストセラーに必要なのは忍耐力。どれか1つは頑張れても、凡人はこれを3つ揃えるのはかなり難しい。
確かに岸恵子さんのエッセイを読んだ時、旦那さんの次の奥さんが決まっているような状況のなか離婚して、家を出られ、その上何度も泥棒被害に遭って…と苦労の連続なのに、なんだか切実感や生生しさがないなあと感じていました。それがフランス流のエスプリというものかな、と。それを「いつも綺麗事」と本質を突かれて、かえって信頼を得るに至るとは、さすが、としかいいようがありません。
ジャンルが幅広すぎる。
上3人と下3人を掴む。下の3人(若手)を掴むときは自分の感性で掴むのですが、それが難しい。自分のモノサシ、感性が確立していないといけない。

綺麗事ではなく、本音をぶつける。これも大切。
選手が必要とするのも、本音をぶつけてくれる人。特別な事を教えることよりも、本音をぶつけてくれるほうが名コーチです。
なるほど
上3人、下3人ね
岸恵子さんとのストーリー、面白すぎます。そして、以下の言葉を胸に刻みました。

3人のスーパースターと3人のきらめく新人をつかむこと。そこに全力を尽くすことである。
上3人と下3人をつかむ、これは組織変革をする心構えとして活かせそうです!

真ん中からアプローチしてしまうと、鍵になるスーパースターが巻き込めないことがある。

昨日のイノベーターズトークにあった、ライフネット生命出口さんが語られていた2:6:2の法則と共通していますね。
【新・出口×木下】会長を退く僕が未来のために言いたいこと
https://newspicks.com/news/2164599
毎日、連載から、コミュニケーションの絶妙さ、を感じます。相手に対する人間離れした押しと押しの結果得られた関係をテコにした巧妙な引き、読者に対してあえて秘密を語る大胆さときつく語らない部分を持つ繊細さ。言語化しても、少しも自身の行動に取り入れられる気がしません…

「そうやって若い世代の3人を押さえると、上と下の中間はみんな向こうの方からやってくるのである。」
「あなたの方が会いたいと言っているんだから、僕が出かけて行く筋合いはない、とまでは言わなかったが、そのニュアンスは込めた。」
「強気にカマしてみた。」
「その5年間、ここには書けないようないろいろなことがあり、信頼関係はどんどん深まっていった。」
シンプルでわかりやすい。でも、このシンプルをうつろぎやすく流れも早い世の中で、ベストを尽くしてやり切れる人が少ない。だからこその、シンプルイズベストなのかもしれない。
"3人のスーパースターと3人のきらめく新人をつかむ"
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。