新着Pick
363Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何をやるにしても熱い、というか過剰。ここまで過剰にやる、って事が成功に繋がるということを理解している人は少ない
以下のコメントが響きます。貧乏、戦争、病気などが以前より減った現代において、人間が成長する経験を得にくくなっているように感じます。

戦争や学生運動などがあった昔と違い、現代においては、他者への想像力は恋愛でしか育まれない。だから恋愛が成就しなくてもいい。片想いでもいい、失恋してもいいから、恋愛はしたほうがいい。恋愛経験が少なかったり、まったく恋愛を知らなかったりする人は、やはり他者への想像力に少々欠けるところがあるように思う。
同じ静岡出身者として静岡大学に行く流れもわかるし、親が慶応に行って欲しいという流れもわかります。僕も父親が早稲田と言って早稲田に進学しました。地方はブランドに弱い。

他所への想像力は恋愛で生まれるのも納得。過激な恋愛であればあるほど。
格闘技する上での発想も恋愛する事で作られる部分は大きいと思う。感性を磨く作業として効果的です。
なんとカッコいい言葉。
"他者への想像力は恋愛でしか育まれない。だから恋愛が成就しなくてもいい。片想いでもいい、失恋してもいいから、恋愛はしたほうがいい。"
見城さん、初恋を語るとき、とてもいい表情をされています。
【第4話】慶応大学法学部に合格した見城徹さんは、卒業前に初恋の女性にラブレターを書きます。その結果は本編をどうぞ!
そうなんだよ、恋は若者を成長させるんだよーー!!!ああ思い出す、あの失恋の数々。

すでに死語である「センター問い合わせ」を1分に10回ぐらいした夏休み。「嫉妬 理由」でGoogle検索した自宅ベッドの上。好きなコとその彼氏と鉢合わせたタクシー乗り場。

今となればその全てが血肉になり、顧客とのコミュニケーションに確実に活きています。
「他者への想像力」
すべての仕事の基本!

なかなか見城さんのような繊細さをもって徹底できないが!
「相手の内面を想像することは、すべての人間関係の始まりだ。彼女との恋愛は、僕の他者への想像力を養ってくれた。」こんな風に初恋を語れるのは素敵だなあ。

初恋を語る見城さんのお写真がいい表情で、ニヤニヤしてしまう!
以下引用にしごく同意。

戦争や学生運動などがあった昔と違い、現代においては、他者への想像力は恋愛でしか育まれない。だから恋愛が成就しなくてもいい。片想いでもいい、失恋してもいいから、恋愛はしたほうがいい。
恋愛経験が少なかったり、まったく恋愛を知らなかったりする人は、やはり他者への想像力に少々欠けるところがあるように思う。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。