新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

363Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
インターンに参加した時のあまりの出来なさ(何言ってるかわからないくらいの状態)に1日で辞めようかと本気で考えました。そして見事に誰も教えてくれない、なんだこの環境?と疑問もありました。途中で自らドロップするのも嫌だったので、それでもなんとか泥まみれでやった、というのが当時の記憶です。

難問にぶち当たる、この経験によって頭をフル回転させることを強制され、苦しんで乗り越えた先に成長の階段がある、それを社会人になる前に経験できたことが財産になりました。終わった直後は二度と経験したくない、というのが本音でしたが。。。

が、、、
結局ビジネスの世界も同じサイクルで人は成長していくので、慣れや経験でできる世界を排除して、いかに自ら新しい環境に足を突っ込んでいけるのか、が重要だということは、ビジネスの世界に入ってわかったこと。二度と経験したくない、とか思ってられないんだな、と。

そのうち、嫌だ、二度と経験したくないと思うような苦労が成長への種となり、良い仕事に繋がる蜜の味だとわかり、その苦労が気持ちよくなってくる訳です。ある種のドM要素がないと成長は継続できない、NPもそういう人たちの集まりではないでしょうか?
>多くの人は「イノベーション=画期的なアイデア」だと思い込み、古くからある事業や組織の中ではイノベーションは起こせないと勘違いしているようです。

確かに、海外の研究で

『イノベーションのほとんどは「思いついた人」ではなく「あきらめなかった人」が実現している』

という研究結果が出ていることを知りました。なるほどそうかもしれませんね。粘れる人がイノベーションを起こせるっていうのは、過去のイノベーションを起こした日本人を思い返してもそのとおりかと。
私がインターンの課題について詳しく書くのは、さすがに止めておきます(笑)
毎年インターンを運営したり設計したりしてますが、結構大変なのが現場エース社員の調整です。

インターン期間の丸1ヶ月は業務から完全に離れてもらう必要があるので、かなり大変です。しかもエース級社員(一定以上のランクでないと基本的になれない)なので、現場での活躍が顧客からも求められるわけです。そんな中「丸1ヶ月、貸してください」という依頼なわけですから、はっきり言ってどうかしてます。

ただ、現場側のVice Presidentの方々も採用の重要性についてご理解いただいてるので、このあたりは採用に力をいれるワークスという会社が一丸となって実現できてるイメージがあります。本当にいつも感謝です。

さて、やっぱりインターンについて書きたくなったので少しだけ。

「企画提案から実際にアプリケーションを作るまでをやってもらいます。

質問は一切受け付けず、学生同士で相談するのも禁止。

その代わり、机の上に参考書として『プログラミング入門』を置きました。」

このあたりは殆ど今も変わりません。今はプログラミングの最初の基礎の基礎(HELLO WOLRD +αまで)は教えます。ここで躓かれるともったいないので。そこから先は全部自分でやらせます。謎のコンパイルエラーが出ても、教えない。仮説思考でエラーの原因を考えて、試行錯誤をすれば分かるはずですから。(その点、プログラミングの利点はPDCAが早いこと)

さらにいえば、会場ではGoogle検索もできません。検索すれば答えっぽいものは見つかりますが、やってほしいのは本質を考えまくること。本質を考えるに当たって簡単に飛びつけそうな答えは不要です。

とまあ徹底的に自分しか頼れないインターンであることは伝えておきます。

学生の皆さんのチャレンジをお待ちしています。
創造的な問題解決は、If構文(もし◎◎だったらどうするか)で極度な制約条件」をかけて発想することは効果的。
もし、1日1時間しか働けないとしたら?という制約制限は、今までの働き方に対する思い込みを取っ払い、革新的なアイデアを考える機会をつくれる。

クリエイティブに考えることを組織文化に根付かせているカヤックでは、「サボり方研修」というものがあるようですね。

サボることは「生存戦略」カヤックが“正しいサボり方”研修
https://newspicks.com/news/1429281

これからは、どうやってサボるか、どうやって遊ぶか?を真剣に考えられる人が生き残る時代なのかもしれない。

この記事に書かれていることのポイントは、アイデアを考えられるだけではダメで、変化を創るところまで忍耐をもって取り組むことが大切ということ。

「創造は一瞬のインスピレーションではなく、一生の忍耐」

インターンプログラムで「回りに相談できない環境」をつくっているのは、想像する忍耐力を試しているのかもしれないなと感じました。
孤独に耐えながらもアイデアをひねり出す底力は、クリエイティブな発想ができる人に共通してもっている力。
仕事の効率化、システム化、自動化をやり過ぎるとサボっているように見られてしまうので注意が必要です。また無駄を省く課程では保守派との対立に気を付けたいところです。仕事の成果ではなく仕事そのものが目的になっている人の中には無駄が好きな方もいますから。
昔々、ワークスのインターンを特集したテレビ番組を見て衝撃を受けたのを覚えています。みんな超優秀だなあ、すごいなあ、、、って。いろんな企業でインターンしてみたかったな。
恥ずかしながら、ワークスもこの「インターンシップ」制度も最近まで知りませんでした...。

この「インターンシップ」制度を勝ち取ったという日本人学生が、先日スイスまで訪ねてきた際に、初めて知りました。彼自身、凄くしっかりした優秀そうな学生でしたので、この会社と制度に興味を持った次第です!

また、日本で知り合った優秀な大学生の一人も、この連載でワークスに興味をもったようですし、こういう記事やトップのコミュニケーションは、より良き会社、社会、タレント育成のために、本当に重要ですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多くの人は「イノベーション=画期的なアイデア」だと思い込み、古くからある事業や組織の中ではイノベーションは起こせないと勘違いしているようです。

しかし、これは大きな間違い。

アイデアを思いつくだけでできてしまうようなイノベーションがゴロゴロしていたら、誰も苦労はしません。

本当に重要なイノベーションのタネは、誰もが問題の所在に気づいていながらも、障害が多すぎて諦めていることの中にこそあります。

重要なのは常識や前例にとらわれず、すべてをゼロベースで考えること。
>本当に重要なイノベーションのタネは、誰もが問題の所在に気づいていながらも、障害が多すぎて諦めていることの中にこそあります。

こちら激しく同意です。なぜ変わっていないのか紐解いていくと過去の慣習、レガシーなシステム、トリガーを引く主体の問題など、本質的ではないが変えるのは大変なことが(スポーツ界では特に)しばしばあるなぁと実感します。

>学生たちに出す報酬のことが注目されますが、じつは、それよりも数十名ものエース級の社員が現場を離れるコストの方が大きかったように思います。

インターン受け入れコストが大きいというのも凄く良く分かります。McK在籍時は毎年新卒・MBA/中途採用に関わっていましたが、1週間(+準備等も合わせると数週間)プロジェクトをこなしながら新卒インターンのマネージャーを勤めるのは相当体力的にキツかったです。ただこちらも意欲的な学生からエネルギーを貰ってリフレッシュできる良い機会でもあり、楽しんでいましたが。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。