新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

200Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
シリコンバレーに向けて早起きですw

今回はCOO阿部さん登場の回。私が就活生のころ、ワークスを知ったのと同時に牧野さんのカリスマ性に度肝を抜かれました。で、入社してから阿部さんに度肝を抜かれた。(自社の人のことを普通「さん」付けで呼びませんが、ここではあえて)

記事の中で「自分では到底乗り越えられないだろうと思う局面を、彼はすべてその卓越したコミュニケーション能力でクリアしていた。」

とありますが、阿部さんのコミュニケーション能力の高さは天才だと思うほどです。
まずコミュニケーションというのを彼はこう定義しています。
「コミュニケーションの目的とは相手の心のポジションを移動させること」

これ、ビジネスにおけるコミュニケーションをとても上手く表現していると思いませんか?ただ相手と気持ちの良い会話をすることではない。

・サービスを知らない→知ってる
・興味ない→話を聞いてみたい
・欲しくない→欲しくなってきた
・迷ってる→買う決心
・怒ってる→和解
・不満→満足

そして個人的に阿部さん天才だと思うのが、彼は「たったの一言」で動かすこと。ホントに魔法をみてるようだと思うことが多々あります。阿部さんとは何度も仕事で相談させていただく機会がありましたが、その度に自分がぶち当たった壁をたった一言で乗り越えさせてくれる。(私を勇気づけてくれるという意味ではなく、その一言を私のお客様に投げ掛けたら問題が解決したという意味)

ネタバレになるかもしれないので詳細は省きますが、ワークスの社内制度や行動指針は「牧野さんが考えいることを阿部さんが明文化」して出来上がってるものが多いです。

自社の行動指針を全社員がソラで言える会社なんて中々ないと思いますが、ワークス社員で自社の5つの行動指針を言えない人はいません。そしてジャックウェルチに素晴らしい制度だと誉められたワークスの評価制度によって、その行動指針は「知ってるではなく実践する」になってます。コミュニケーションという意味で、これは社内の人間の行動を動かした一例です。

とまあ凄い人なんです。
それにしても、たった2回仕事をして阿部さんにピンポイントの白羽の矢を立てた牧野さんも凄いなあと思います。阿部さんがいなければここまでワークスは上手くいってないと思いますので。
こういう口説き落とす系おれ苦手なんだよなあ。。
阿部さん=私のボス

事業戦略を月に1回相談していますが、毎回驚かされるのは物事を正確に捉える能力とバイアスの無さ。「普通だと、○○○」「常識的には・・・」という言葉が大嫌いで、そういう説明には絶対に騙されない、阿部さんからは「なぜ?」の問いがオンパレードになります。

常識の先に何があるのか、物事の本質を捉えることで、初めてそこに「差別化」が生み出される、ということを何年もの間のやり取りで学んだことです。
事業の成功は人次第です。キーマンになる人間は限られています。
僕も、それまで全く知らなかった人を含めたパートナーシップで始めたPEという金融ベンチャーは、人の和の乱れに悩まされ続け、最終的には自分がvery topであると明確化することで一旦は解決しましたが、その後も外部の嫉妬、やっかみに悩まされました。
それでもう一度衣替えしてスタートしたときには事業を理解し、一定期間一緒に働いた人間たちとLLPとしてパートナーシップを組んだものの、今度は意思決定が遅くなりました。結局また僕がvery topの会社に戻し、しかし執行はパートナーにある程度任せるという分業体制にし、かつ、緩んだ規律を締め直したことで、今は最高の仲間と最高の雰囲気でどんどん仕事が進んでいます。まさに、ビジネスの成功は人次第です。
阿部さんに営業について話を伺ったことがあります。顧客のキーマンを数十人理解し、複雑な意思決定構造を熟知しながら、映画の脚本のように、営業展開を作られていました。牧野さんや阿部さんは勿論ですが、どこで競合が現れるのかも織り込まれていました。お目にかかったのは数回ですが、阿部さんの営業スタイルには私も強く影響を受けました。
事業を何故やらなければならないかに、理由があり、社会的ニーズがある。
それを解決しようとする熱意がやがて志となる。
志に共鳴する人達が集いカンパニーが生まれる。

好きな事、出来る事、やらなければならない事。
事には3つありますが、やらなければならない事には、命じてやらせれる事と、誰もやっていないから自分達がやらなければならない事があるように思います。
後者の意味での「やらなければならない事」を見つけ、それに集中する事が、人が幸せになれる最善の方法だと思います。
オプト時代、もう10年近く前だったと思いますが、阿部さんの営業マネージャー向け講座を受けたのを覚えています。それまで営業とは気合いだと思っていたので衝撃を受けたのを忘れられません。
少し大袈裟入っているかもしれませんが、「こいつでダメなら死んでもいいと思える人」が見つかり、「一緒に仕事をする」が出来たら、それ自体が「幸せ」ですね〜!
創業期におけるNo.2の人選は、その会社の組織風土やポテンシャルに大きく影響する。

この人に裏切られたら仕方がないと割り切れるくらい、その人と向き合い、その人に賭けることができるか?

人の人生に向き合いコミュニケーションを積み重ねていくことが、ベンチャーの醍醐味なのかもしれない。
属人的になりがちな創業機に、優秀な方を向かい入れることができるのは、仕事にかける情熱・タイミングそして偶然などいろいろな要素が交わる。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。