新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

346Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
私はよく日本のトップ校の大学生を数十名連れて、Google、Apple本社やスタンフォード大学に訪問しますが、向こうは基本的な考え方が全く違うので、学生たちもカルチャーショックをいつも受けます。

まず、Google、Appleで働いている社員も、スタンフォード大学の食堂にいる学生も、自分の新しいビジネスアイデアについて生き生きと話し合っている。

そんな光景は、日本企業で見かけることは少ないし、ましてや日本の大学の食堂で見かけることはまずない。
常に社会への価値提供や、自身の成長について考えている。

その根本原因はキャリアに関する文化の違い。
会社に守られながら何十年も勤め上げるのがまだ主流の日本と異なり、特にシリコンバレーでは、起業して世の中を自分のサービスで変革するのが一番クール。
起業しなくてもどんどんヘッドハンティングされる実力を自分でつけるのは当たり前、という感じ。

どちらが良いかは別として、ビジネスマンとしての実力差がつくのは至極当然。
新卒一括採用・年功序列・終身雇用という日本的雇用慣行は、金太郎飴みたいな社員を大量生産するには向いているが、イノベーションを生むシステムとは言えない。社員と企業の凭れ合いと甘えの構造です。そして大企業は、トップがそうやって社長になったので、横並びで波風を立てない後輩をまた社長にするのですから、企業価値も上がらない。日本の学生たちが、記事にあるような米国流に「優秀な仲間に囲まれて最大級に難しい仕事に挑戦できれば、確実に自分のキャリアは上がっていく」と考えようにも、日本では大企業の年功序列システムのムラ社会から落ちこぼれた人間は、転職してもなかなか這い上がれないものです。これは日本の若者にとっては大きなハンディキャップです。だからこそ、日本的労働慣行は改善しなければならないのだと思います。
欧米人の仕事感に触れると、仕事力は積み上がっていくのではなく、「掛け合わす」ものだという発想がベースになっていることが分かります。

短期間の間にたくさんの経験を積み、良い頃に掛かってくるヘッドハンターの「今と同じポジションで今の給与の20%増しが叶うよ」とか「今より高いポジションでどうだい?」という連絡で、次の仕事に移っていきます。
シリコンバレーに行かないと気づかないってのも変だけどね
来ましたね。最高に共感できるフレーズです。
"最高に優秀な仲間に囲まれ、日々、刺激的で最高に難しい仕事にチャレンジできる。なおかつ、それによって自分も成長できる。"
若い時にこういう最高の環境に身を置けるか?
僕は所属していた団体が2回無くなりました。
しかし生き残っているし、そのタイミングでキャリアアップしました。
組織に寄りかからずに、自分でしっかり歩く事が大切だと思ってやっています。
これから日本に求められる人事戦略のヒントが詰め込まれていますね。
人事としては、視点を個人と組織の関係性ではなく、市場と個人の関係性を追求し、「どうすれば、この人の市場価値をあげられるか?」を考える必要がある。

社員の市場価値を引き上げることができ、常に成長できる環境を用意できる組織が「選ばれる会社」となる。

>最高に優秀な仲間に囲まれ、日々、刺激的で最高に難しい仕事にチャレンジできる。なおかつ、それによって自分も成長できる。
「日本ではできるだけいい大学に入り、いい会社に就職し、一生安泰で暮らす生き方が善し、とされていました。

今もあまり変わらない。

これに対し、彼らは20代を成長期と捉え、そこで必要なキャリアを積むことに全力を尽くしていた。」

→なぜこのキャリア感の違いが生まれるのかを考えたのですが、
日:1億総中流
米:アメリカンドリーム
という違いなのでしょうね。
創業者がいる会社を羨ましいと思うのは、こうした立ち上げの時の想いを直接聞くことができること。こんな話を聞いたら、ワークスに入りたくなります(笑)。

20代、振り返れば足りないものは沢山ありましたが、やはり最もチャレンジのできる時期であったと思いますし、個人の価値を作っていく時間でした。

日米でのキャリア観の違いでは、日本は会社の中での個人価値を高める努力が強いのだと思います。一方でアメリカは社会や市場における個人価値を高めている。

そろそろ日本のキャリアの考え方も変わらないとですね。
この「キャリアが残る」人気の会社のトップ10に、アメリカではNPOが入っている。そのあたりも日本との違いですね。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
15.4 兆円

業績