新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

130Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
前回の記事に続き、またもや牧野さんの過去と被る部分が多かったので、コメントさせて頂きます。

実は私の両親も塾を経営していました。
前回の記事に対するコメントで、学校の先生から嫌われていたと書きましたが、これも原因の一つです。

クラス替えがあり、新しい先生が教室に来るやいなや、
「このクラスに松本という奴はいるか?」
と皆の前で聞かれ、
「はい。僕です」
というと、
「お前の親は塾を経営していると聞いた。お前の親みたいな奴がいるから、みんなが塾に行って授業を聞かないんだ」
と言われました。

ここで「それは筋違いではないですか。先生の授業が魅力的であれば皆聞くはずです。」と答えて、次の2年間の闇の時代が決定でした。

あと、父親が厳格なのも同じです。
父親は元々柔道の九州チャンピオン。講道館4段のツワモノです。
何かあると、いつも家で殴られ、投げられていました。

世の中に、こんなにバックグラウンドが似ている人がいるとは驚きました。
経営者としては、牧野さんの方が遥かに成功していますが。
親父に殴られるっていうのは僕も良く経験しましたね。世の中には理不尽なことが色々あるというのは、その後銀行に入っても思いましたが、それ以前に体験できていたのは役に立ちました(笑)。小学校時代の乱読が後で役に立ったのも同じ。そしてやはり、小中学校の頃の夢も色々ありましたね。だけど実際には、人生はラグビーボールのようなもので、結局のところは、目の前のことを一生懸命やっていたら(=そういう人には)目の前に違う世界が広がってくるというのが結末な気がします。
おおお、マーロウ!
私が自己成長を望む背景にもなってる言葉。インターンに来た学生にも伝えたことがある。

GLAYの歌詞にも似た言葉がある。
「愛だけじゃ生きられない 愛なしじゃ生きる意味がない」(From “Satellite of love” Written by TAKURO)
https://youtu.be/DrkZUmMXvAA

アバン先生「でもねマァム、愛や優しさだけでは必ずしも他人を守れないときもあるのです。
正義なき力が無力であるのと同時に、力無き正義もまた無力なのですよ」

愛と力、これをどちらも持っている人は最強ですね。目指したいです。
ダメですね、まだ疲れてます。この記事のタイトルを見て「マーロウって、あの葉山のビーカープリンか。よっぽどプリン好きだったのかな?」と全くトンチンカンなことを考えてしまいました。

記事を読んで反省。レイモンド・チャンドラーの小説に出てくる、私立探偵のことなんですね…。
「ハードボイルドが大好き!」「「強くなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない」という、あれ。あの名ゼリフを読んで、子ども心に「すげえ、かっこいい!」」との想い超共感します!

私もハードボイルドが大好きで、ハードボイルドで人生救われた!10代・20代はレイモンド・チャンドラー、ロバート・B・パーカー、大藪晴彦、あらゆるハードボイルド書を読み倒した。最初に読んだ洋書は、チャンドラーの「さらば愛しき女よ(Farewell, My Lovely)」、2作目はパーカーの「初秋(Early Autumn)」。会社に入社時代は「日本探偵(ハードボイルド)地位向上委員会会長」と名乗り、まわりにハードボイルドを広め、またこの生き方を模索することを仲間たちと日々精進した。

ハードボイルドからジャーナリズムに目覚め、落合信彦(国際ジャーナリスのパイオニア&落合陽一氏のお父様)をこよなく愛する社会人メンバーで「ノビーの会」も有志と結成。

日夜連日の徹夜で仕事では罵倒されることが多かったが、仲間たちと仕事の合間の数分の短い時間も有効活用し、ノビーの小説の漢たち、ハードボイルド小説の漢たちの涙なくして語れない生き様から勇気とパワーをもらった。せめてかっこだけはつけたいとあがき、くじけ苦しい中、立ち上がることができた。

不確実な時代だからこそ、学校教育にハードボイルド、そしてグローバルな時代だからこそ、ノビーの小生を指定図書にして学生に読みこなせることで、自分の信念・意志に従い生きる美しさを子供たち、若者たちには教えてほしい。

新しい世界の始まりとハードボイルド・ワンダーランド!

STAY GOLD!!
小学生でフィリップ マーロウですか…
「強くなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない」←確かにかっこいい。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。