新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

261Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
私の幼少期にかなり似ている部分があり、共感できる内容でした。

私も同じ発達障害ですし、子供も恐らくそうで、どうやら遺伝するようです。

皆に共通している事は、日本の教育システムがそういった人達に合わないどころか、否定するシステムになっているので、幼少期に苦労していることです。
そんなシステムでは、日本から突き抜け人材が育ちません。
出る杭を打とうとしますから。

私の場合、通知表で「先生の言うことをきちんと聞く」という項目がいつも1でした(5段階の最低点。他も1だらけ)。
先生の言っていることが理論的に間違えていることも多かったので、実際言うことを聞いていませんでした。
なので、「聞かない」という意味では1という評点は正しいのですが、「先生の言う事は常に正しい」という大前提に立っている評価システムや権威にずっと疑問を持っていました。

今考えると、先生の気持ちも分かるのですが、私も当時は権威に対する精一杯の反抗をしていました。
通知表の「1」は、先生にとっての権威を活用した私への攻撃でしたし。

また、先生は権威を活用して、クラスの皆に「あいつはダメなやつだ」と教え込んでいくわけです。
子供にとって先生は「神」なので、盲目的に先生の言うことを信じていきます。
一種の宗教のような感じでした。

私はいつも、「何が正しく、正しくないかをなぜ自分の頭で考えないのか」と周りをクールに見ていました。
牧野さんと同じですね。

あれは今考えると、周り対自分の構図、あのアウェー感は、一種のイジメだったのかもしれません。
気持ちの弱い子だったら自殺するレベルの事をされていたかもしれませんが、自分が正しい自信があったので、やり過ごしていました。

少年時代から今も、権威の言うことを鵜呑みせず、自分の頭で考え、物事の本質を見るように心がけています。
おお、ボスの連載が始まった!

プリンシプルを持っているということは、自分で考えることができるということだと思う。考えがないと流される。

我々社員はいつも牧野さんから「もっと考えろ」をひたすら言われ続けます(笑)
発達障害には、僕も家庭の事情で、自分のこととして向き合わざるを得ない人生になっているのですが、案外牧野さんのようなケースもありなのかもしれないなと初めて思いました。本人が苦しいという面ももちろんありますが、周囲もそれなりに苦しい。ご両親を含め、本人と周囲が、状況をありのままに受け流していくというのは、なかなかできることではないです。
夏にノーネクタイ半袖カッターシャツと緩い格好でワークスさんお伺いしたら、牧野さんがピシッとスーツにネクタイで現れて、しかもそれがめちゃくちゃ決まっていてカッコ良かった〜。
生い立ち含めてお話し楽しみです!
先生、大変だったろうなぁ(笑)。学校の先生というのは、いわば普通に育てることが求められているので、異才を育てるのには向きにくい。そうすると、どうしても理解してもらいにくくなりますね。

私はそんなに賢くはなかったですが、先生には嫌われていました。「みんなやることだから」とか「ここは、こういうルールなの」といったものに、いちいち引っかかる。学校が嫌いだったので、卒業アルバムには載りませんって写真撮影断ったら、本気でキレられたことがありました(笑)。

いつか子どもが小学校で問題児になったら、「牧野さんだって大変だったんだから」と思って、温かく見守りたくなりました。
発達障害についてはあえて触れませんが、科学的側面からみても人間には得手不得手があるということです。そしてそれは周囲の社会環境によって異なりますので、学生時代までは非常に優秀だったのに、営業部では全然成績出せてなかったのに、って方がいざ社会人になったり管理部になったりするとまるで別人のように評価が変わる、なんてことは誰しも周りに1人や2人はいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事を拝読するに、恐らく合理的思考力や記憶力や発信力には大変長けていたのでしょうが、この言い方をすれば相手はこう思うだろうからこれくらいの言い方にしとこう、といったアサーションスキルについては、アグレッシブタイプと分類されるタイプの少年だったのでしょう^^;
牧野さん
一緒に登壇させてもらったんですけど、本当格好良くて面白い方でした
皆さん子供の頃はワンパクだったということで少し安心しました。
ご出身地がどちらだったのか、気になりました。
経営者や起業家には発達特性全開の人が多いのはその通りだと思います。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。