新着Pick
356Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
(前回の質問へのお答え)

「朝鮮大学校が、北朝鮮の金正日を賛美し、日本の現政権を倒して共産革命を起こすことを目的にしている限り、朝鮮大学校の卒業生を日本人が信用するのは無理があります。
・・・
朝鮮大学校の主張、ふるまいは、日本人が考える最低限の同化のラインを明らかに踏み外しています。許容されるものではありません。それについてどう思われますか?」

「3ヶ月も北朝鮮管理の訓練所で生活して教育指導と言う事は当然に朝鮮労働党員にならないと帰国出来ない?恐らく慎氏は朝鮮総連関係者として日本の公安調査庁の監視対象者に入っているのは間違い無い。」

------------------------------

同じようなことを何度も言われてきたのですが、朝鮮労働党の党員でないと言っても(実際党員じゃないです)、僕が日本国籍を取得してもたぶん疑いは晴れないんですよね。日本国籍を取得したら誰かしらが「スパイ行為をするために日本国籍を取得したに違いない」とか言うんじゃないでしょうか。

少なくとも僕は朝鮮学校で日本政権を打倒せよなんて教育されたことはないし、だったらなんで僕は日本の社会的養護下の子どもをこんな時間割いて支援してるんでしょう。でも、疑いを持たれたらそれすらも「慎泰俊はそうやって日本社会に入り込んで国家転覆を企んでいる」という主張の論拠になっちゃう気がします。

だから、僕の結論は「ちゃんと生きて、死んだ時に判断してくれたらいい」なんです。言う人は自由に言ったらよいです。

それと、日本人がとか言わずに、あなたが信用できないとはっきり言ったらいいんじゃないでしょうか。どんな個人も1億3千万人を代弁なんてできないんだし、「私はあなたのバックグラウンドに鑑みるとあなたを信用できないと思います」と言ったらいいと思います。
何か新しいことをすると、必ずと言って良い程、応援してくれる人と否定的な人が現れます。後者の中でも、建設的な意見を言ってくれる人と嫉妬との境が曖昧な場合もあり、気になることもあります。ただ、自分の中で「覚悟」出来ていれば、そのようなことも気になる時間はありません。

ある方が次のようなことを言っていました。「順風の時は風を感じづらい。ただ、ヨットのように逆風を推進力に進むことも出来る。それは自分次第だ。」
「周囲の嘲笑にあっても折れないくらいの強い思いがないと、人間は不可能と思われることを達成できない」という感覚は僕も共有します。いや、実際には、世の中には絶対に不可能なことなんてなくて、不可能だと思う心が勝手にできない言い訳を探すのです。「できない、できない」と、夢を嘲笑し否定する人間が世の中の9割で、彼らは知らず知らずのうちに抵抗勢力になっている。できない理由なんて幾らでも見つかるものです。そうではなくて、強い信念を持ち、どうやったらできるのか、それを見つけるのが世の中の1割しかいないイノベーターの役割です。
慎さんのコメント欄の回答がとても興味深い。巷で一般的に思われているけれども、なかなか面と向かって聞ける機会がないセンシティブな疑問や考えに正面から回答。質問やコメントの内容は、人によっては受け入れがたい内容かも知れない。でも、それに慎さんが冷静に自分の考えや立場を回答している点に大きな価値を感じる。

連載本文はもちろんですが、読者と慎さんのやりとりがこの連載の付加価値を高めていると思います。
「周囲の嘲笑にあっても折れないくらいの強い思いがないと、人間は不可能と思われることを達成できない」とのこと。みんなに「そんなことできないよ」と思われるくらいでないと「夢」ではないと思います。夢の実現には強い意志が必要です。
私の、それはそれは軽い東洋経済コラムに比べ、なんという重み。慎さんは、彼を知る金融業界でも飛び抜けて評価が高く、前職でもとても尊敬されている人です。朝鮮総連、朝鮮学校云々の二流のコメントは完全無視して、今後もポジティブに頑張ってください。私は民団のスパイ、総連のスパイと、「南北両方から派遣された、怪しすぎる工作員」として、ネットを漂流している大先輩です。恥ずかしい恥ずかしい・・・
他人に笑われるほど大きな夢を掲げ続けるのは勇気がいりますが、それを可能にするのは日々の生き方が100%その夢に向かっているかという自己納得感な気がします。これがブレると一気に崩れる。
>実家暮らしなのをいいことに、夜は眠気で耐えられなくなるまで勉強をして、朝は母に起こしてもらって会社に行き、昼休みの時間に会社のビルの隣にあった写真美術館の図書館に移動して勉強していました。

「成功する人生に必要な力は、高いモチベーションで長期的に目標を達成する力。いわば、やり抜く力」という考え方、すなわちグリットが有名ですが、まさにその生きた事例ですね。何とかして勉強時間を捻出していた、というのがこの一文だけでもよく伝わってきます。

正直、現在、ペンシルベニア大のアンジェラ・ダックワース教授の本を読むよりそう実感しました。
【第10話】慎泰俊さんは10年後の大きな夢を人にずっと話し、苦笑いされていました。「『こんなことを言ったら他人から笑われるだろうな』なんてことは私にだってわかるのですが、夢はそういう時にこそ語り続けるべきだと思います」。その理由は?
人は信念を体験に変える力を持っていて、100%信じることは実現します。信念は思考と言葉と行動という創造のツールを通して体験を創造します。思考は創造の始まりでありビジョンを描きそこまでの筋道を分析します。言葉は周りへの宣言であり決意表明となり周りに影響力を生みます。そしてそれらと一致した行動の継続によりビジョンは少しずつ引寄せらます。

大きな信念を体験に変える上でハードルとなるのが、集団意識という周りの信念との戦いです。自分と同じように相手にも創造力があるので、自分のできるという信念と周りのできないという信念は多くの場合拮抗してしまうからです。記事のようにどんなに笑われても周りに宣言して歩くというのは大きな勇気が必要ですが、逆に言えばそれを続けることで周りの信念すら変えてしまうかもしれません。そうして個の信念が集団意識を変えたとき、奇跡は現実となるのです。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。