新着Pick
343Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
人間から見たら無限とも思える時間をトレーニングできる世界へ。解くためのアルゴリズムではなく、解き方を見つけるためのアルゴリズムを生み出したことの功績は大きい。
人気 Picker
最近、色々な締め切りに追われそんなヒマがないのにもかかわらず、久しぶりにヒカ碁(ヒカルの碁)を読み返してしまった。あれが20年近く前の漫画だと思えないくらい面白い。碁をよく知らない僕でさえ十分に楽しめる内容だ(できれば碁を覚えたい)。あの漫画のキーワードである「神の一手」はAlphaGoによってもたらされるのだろうか。作者には、ぜひ成長して大人の棋士になった進藤ヒカルや塔矢アキラを昨今のAI事情や東アジア事情を交えて描いて欲しい。
中韓のトッププロや他の囲碁AIをフルボッコにしているし、日本のプロでは井山さんとされるアカウントも負けている。しかし60連勝とは李世ドルとやった時のアルファ碁とも別次元。近日中に予定されている人類最強カケツとの対局も、勝敗よりどこまで圧倒されるかだけが注目になりそう。
AlphaからBetaに行かず、一気にMasterに行ったのは、Googleの自信の表れかな。
得意領域での特化型AIの成長が素晴らしい。同時に、不得意領域でのAI誇大妄想の流布が恐ろしい。
Masterの正体は、やはりアルファ碁だった。結果は、日中韓の有力棋士に連戦連勝でした。ただ、短い持ち時間の勝負と二日制の対局は、100m走とマラソンぐらい違う。短い時間だとAIが圧倒的なコンピューティングパワーがあるので有利だ。長い持ち時間になると人間もしっかりと考えて、打てる。井山さんとアルファ碁との持ち時間8時間の対局が見たい。
AIは人間が物理的に不可能なくらいの対局をする事が出来るのでかなり有利よね。
ヒカルの碁のsaiを連想させる強さと謎で騒がれていましたが、AlphaGoだったのですね。

技術の進歩に対する盛り上がりはもちろん、囲碁のプレイヤーやオーディエンスも強いAIによってこれだけ盛り上がれるとは、エンターテイメント性も兼ね備えた存在としてますます多くのものをもたらしてくれそうです。
AIではチェスでは勝てても、将棋、囲碁ではまだ当面は勝てない、などと言ってたのってホントに最近ですよね。この分野は特にスピードが早いなぁ。
納得。
これだけのことができるところは(財力、IT力、碁の知見)他に考えられないという会話を、周りの囲碁好きの方としていたところでした。
ハサビス氏自体がチェスの天才、脳にも詳しい、だからこそここまでの頭脳を作り上げられたのか
この1年でどれだけ進歩したか本当に楽しみです。できれば私のMac Airでも走るような軽量ソフトの公開も合わせてやってくれると素晴らしい。連続する意思決定をモデル化するお手本のようなものですから。