新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

170Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
メドレー豊田先生からのヘルステック2017の記事、大変勉強になりました。3つのポイントとして上げられたそれぞれについての感想は…

一つ目、「AIは当面膨大なデータがインプットされ、ある特定の目的に最適化された形でアウトプットする役割で進化が進む。」
→現場感覚としてもその通りだと思います。そして、それを利用できる能力の差が内科領域(診断領域)で先行して広がると思われます。

二つ目、医療メディアについて「正確な医療情報を追い求めるとあいまいさや複雑さが避けられずユーザー満足度が低い。」
→問題解決という場面において、現場の医療とネットの医療との間では「各種検査が出来る/出来ない」で当たり前ですが臨床現場の方が圧倒的な有利です。そして、医師の重要なスキルの一つとして、「問題解決を図るための情報を問診で引き出す」というものがありますが、ここは将来早々に、AIに取って代わられる分野とも思います。このあたりが医療メディア発展の入り口の一つになるかと思います。

三つ目、「遠隔診療を環境として論じるのか治療手段として論じるのかによって変わってきますが、ここがまだ整理されておらず議論が必要です。」
→とても腑に落ちました。実は、メドレーの遠隔診療担当の先生がわざわざ来院してくれてお話を聞いたことがあります。そのとき、勤務医としての自分の立ち位置で遠隔診療システムを利用するとすれば、コミュニケーション手段に重きがあるかな、と感じたことでした。これが遠くではより良い治療結果に結びつくものだと思ってはいますが。

大変勉強になるとともに、タイトルの『医療サービス従事者の「信念」が問われる年に」から医療を通して世の中を良くしたいという豊田先生の強い思いを感じ取りました。
一部の医師は超ブラック労働なのでその辺の改善をIT活用するべき。
拙文ですが、ヘルステックの文脈で寄稿させて頂きました。

大きく分けるとヘルステックは、医療か健康かという軸と、患者関与の有無の2軸で分けられます。私の関心が「医療×患者」の領域に強いため少し偏っていると思いますが、そのあたりご容赦頂けますと幸いです。

医療ヘルスケアは社会課題として意義深く、ビジネスとして興味深い分野です。
引き続き発信していきます。
「AI」「遠隔診療」のいずれも、規制の動向次第では大きく伸びる分野です。医師会などの既得権益層の言い分が全部間違っているとは言いませんが、よく見極めて積極的に規制緩和できるところは、そうすべきであると思います。

ただ、文中にあるように、どんなにテクノロジーが進化しても、最終的に責任を負うのは医師であり、今でも医師の皆さんはそれなりの責任感を持ち、診療科にもよりますが、本当に重労働をこなしておられる。テクノノジーの更なる進化も必要ですが、医師の待遇改善も考えるべき時期ではないかと思います。医療費を抑制することも必要なので、まずは無駄な投薬や通院をやめさせて、少しでも医療従事者の待遇改善に回せないか。
HPVワクチンでもそうでしたが、少しでもリスクが存在すれば過剰に騒ぎ立てる人やメディアの存在が懸念事項の1つのように感じました。言うまでもなく、リスクは低いほうが良いです。しかし、何らかのメリットを受ける上で、ゼロリスクという考え方は非現実的です。

例えば、採血という医療行為をとってみても、体内に流れる血液を採取するには、体に針を刺す必要がありますが、それには神経損傷というリスクが存在します(というか単純に痛い)。採血時、手先の痺れなどが無いか確認するのはそのためです。このようなリスクを冒してまで採血をするのは、患者が受けるメリット(腎臓や肝臓などの統計的チェック)がリスクを上回ると思われるからです。
医療従事者はそのリスクを低く抑えるために、神経と血管の並びなどを考え”比較的安全な”血管から採取しています。そのための医療安全講習会もありますし、私は欠かさず参加しています。

個人的に、リスクを嫌うのは当然のように思います。しかし、ゼロリスクが考えにくい以上、メリット/リスクという考え方を社会全体に広く浸透させていくことが大切かと思います。まして、生命に直結する医療なら尚更です。
2歳の娘がベイマックスやペッパーに夢中になるのを観ていると、これからの時代では人工知能と共存するのが当たり前になるのだと実感します。一方、地域の医療や介護人材不足は深刻。DeNAショックを乗り越えて、健康の分野でAIが広がることを期待したいと思います。
ヘルスケアに限らずあらゆるサービスは受益者に、価値分だけ課金するのが、シンプルだし持続性がある。

その点ヘルスケアの場合は、メディアから病院への送客は規制で制限されているし、健康保険によって患者負担が小さいので受益者のコスト削減インセンティブが小さいという構造的な難しさもある。

一方で、"健康"という誰にとっても共通で、しかも大きな価値はないし、日本ではマクロで見た時の医療費削減が課題なのは疑いの余地がなく、製薬メーカーから流れてくるマーケティング費も莫大だ。

規制が制約が大きいからこそ変革動きは遅かったが、いざ変革を起こせるととてつもないチャンスとなる。
患者の手間を減らす、医師の負担を減らす。この両方をカバーするサービスが待ち望まれている。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。