新着Pick
353Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
すでに1割のシェアとは驚き。

この記事は、ホストと同じ場所にとまる「ホームシェア」で、
いいことが多い。民泊の「光の部分」を書いた記事。

しかし、投資目的でマンションの1室をホスト不在で、かた代行業者に管理を丸投げするケースは、政府規制と自主規制が必要だと思う。

民泊の規制内容は、
ホストがおなじ場所にいる場合と
だれもいない場合(ホスト不在型)
をわけて考えるべきです。

民泊業者は、
上記の分類をきちんとつけるべき。
また、代行業者ができる範囲について自主規制を行うべきだと思う。

「16年1~10月にエアビーで国内に泊まった訪日客は300万人超。15年通年の2倍超だ。16年1~10月の訪日外国人は2千万人超で1割強が利用したことになる。」
世の中が変化しているのだから、法律も適切に修正するるべき。一方で、議論すべき点も多くあります。
私は、現在公明党の観光立国推進PTの事務局長を務めていますが、民泊に対応する法律改正も議論しています。宿泊客の安全を守る為に設備等が整っているか、近隣住民の不安を解消できるか、犯罪者の寝床にしない仕組みなど、しっかりと対応していきたい。
規制緩和が中途半端なんだよな
Airbnbをシェアリングエコノミーと呼ぶことが間違いではないでしょうか。個人と個人がシェアするのがシェアリングエコノミーだと考えているのですが、個人(貸)と個人(借)の個人情報をAirbnbが中央集権型で集め、マッチングさせているというのが現実だと思います。これってマッチングビジネスではありませんか。シェアリングエコノミーを実現するには、分散型で情報を個人と個人で決定できる必要があり、それにはブロックチェーンが必要だと思っています。現状からは、個人情報漏洩やら売却やら、問題が起きない事を願うばかりです。
既に1割が使っているとの事で、国内との流れの違いを感じます。1月から大阪では2泊3日に規制緩和になりますが、まだまだ不十分。ここで歩みが止まらない事を期待します。
昨年末、Airbnbを利用してLAに行きました。
サウスパークというダウンタウンエリアで治安の良いところではなかったのですが、プール付きの一軒家で想像以上に快適でした。そしてホテルよりも割安。
記事のようにオーナーさんや家主さんが一緒ではなく、別にお住まいで、カギの受け渡しだけするという感じでした。

また、騒音に関しては、あれだけ一軒一軒が離れているにも関わらず「近隣住民をリスペクトして、騒音には十分注意してください」と念押しされました。
多分、うるさくしちゃう人は相当バカ騒ぎしちゃうんだろうなあと思い、日本でこれを定着させるのは異文化対応に慣れてない分、理解を得るのに時間がかかりそうだなあという実感をした次第です。

とはいえ、こういった新しい試みはドンドン取り入れて、問題があったら解決して刷新して、という動きをできたら日本には様々なチャンスがまだ転がっていると思うので、あーだこーだと悩む前に、まずはやってみましょうよ! というのが個人的な見解です。
ん、食事まで提供するとさらに濃いグレーになるのでは?

規制すべき点は規制しておき(周囲への迷惑禁止など)、民泊を推進する環境づくりをした方がいいと思います。
日本ではあまり話題になってないと思うんですが、こういう経験だけならCouchsurfingを使えば簡単にできます。お金は入ってこないですが。逆にお金目当ての場合、利用者からみるとホストとかいらないから安く場所が使えればいい。なので中間業者がある種ウィークリーマンション的に管理しないと個人ではなかなか掃除とかのメンテが大変かと。引退後の老後の夫婦がちょっとした交流を求める、とかいう感覚ならベストだとは思います。
ちょっと否定的に見えるコメントになってしまいましたが選択肢が増えることは利用者としては非常にウェルカムで私もAirbnbはよく使ってます。
色んな稼ぎ方があって良い。今まで以上に自由な発想を大事にしたい。
各地域、空き家問題も大きくなってきているので、それと合わせて民泊の活用をしっかりと検討しないといけないと思う。都市部ではホテルの部屋数が足りていに状況ですが、これ以上増やし続けていくのもリスクを伴うと思う。