新着Pick
183Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
人は環境に大きく影響を受けるのは間違い無いので、真剣に考えた方が良いです。
人気 Picker
長い時間を過ごす場所には違いありませんので、生産性という面でも、身体に与える影響という意味でもオフィス環境は”まあまあ大事”だと思います。

またオフィスがある種の採用ブランディングになるのも理解はできます。

産業医的な意味での一定の職場環境を配慮した前提で言うと、それ以上については結局正解はない訳ですので、もはや趣味の世界かなとも思います。

ただ昨今の流行りに乗せられ、カジュアルな空間演出として”なんとなく”人工芝敷いてしまった的な「安易な人工芝」は個人的にはちょっと・・・。

いや人工芝が悪い訳ではないのですが・・(笑)。
オフィス勤務を前提とした場合、生活の1/3を職場で過ごすことになるので、職場はいわば生活の場の一部とも言えるでしょう。

メンタルヘルスなどのソフト面での職場環境が注目されがちですが、ハード面において劣悪な職場環境も、労働者にとっては不快であるだけでなく、生産性の効率も低下する可能性があると言われています。

職場の快適度が高いと、職場モラルの向上、VDT症候群や業務起因性腰痛等の防止、作業の活性化などにも繋がることが期待できるのではないでしょうか。

そんななか、労働安全衛生法第71条2においては、事業者は快適な職場環境を形成するように努めなければならないとされています。平成4年(改正平成9年、16年)ともう随分と前ですが、その具体的措置として「快適職場指針」が公表されています。

http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen/hor/hombun/hor1-45/hor1-45-49-1-0.htm

作業環境の管理(空気環境、温熱条件等)、作業方法の改善(不自然な姿勢での作業や大きな筋力を必要とする作業などの改善)、疲労の回復を図るための施設・設備の設置・整備(休憩室や緑地や運動施設など)、その他の施設・設備の維持管理(洗面所、トイレ、更衣室などを清潔で使いやすい状態に維持)など、指針の内容を細かくあげていけばキリがありませんし、当然予算の関係もあるので全部が全部というわけにはいかないでしょうが、どうせオフィスで働くなら気持ちの良いオフィスで働きたいものですよね。

勿論、法違反せず、法遵守ができていることを土台とした快適職場ですので、今一度産業医や衛生管理者などに職場巡視をしてもらい、労働衛生的に大きな問題がないかチェックしてもらうことも快適職場を推進することと並べて行う必要があります。
Collective Creativity(集団の創造性)

対話活性化など進化するオフィスは、集団の創造性を高めることを目指しているんですよね。

オフィス環境を変えるだけではなく、コーポレートカルチャーも変えたいですね。

ピクサーが実践していることで、とても参考になることが2つあります。

・誰もが、誰とでも自由にコミュニケーションできる
・誰でも気兼ねなくアイディアを提供できる

組織がしっかりした企業では、これを実践しようとするとこんな発言が出ます。

「上(上司)を通してくれる?」
「余計なお世話だ!越権行為だ!」

こんな発言が出ないように、価値観を変えないと、カフェ風にするなど、いくらカタチを変えても効果がありませんね。
可愛い家具で会社が変わるわけない。

日系企業の一番大きい問題は管理職が働きがいのある場が作れないことです。それを解決してから可愛い家具を買いましょう。

グーグルの調査、プロジェクト・アリストテレスによると、従業員の生産性のカギを握るのは、社員の心理的安全性(Psychological Safety)であることがわかっています。「心理的安全性」というのは、周りの人に「信頼できますか?」と「尊重できますか?」という2つの質問に「イエス」と答えられるかどうかで決まります。人は誰でも、自分は信頼されている、必要とされているというのは、安心感につながります。

一緒に働いている人が、自分のことを気にかけてくれている、自分のことを見ていてくれると思うと、気持ちが楽になって、今まで以上に成果を出せるようになります。

また、信頼関係があると、友人にも近いメンタリティになります。要するに、「こんなことを言ったら叱られるかもしれない」「バカにされるかもしれない」といった不安を感じることなく、チームメンバーの誰もが安心して働ける心理状態をつくるということです。それが回り回って従業員の生産性を高めることになるのです。どんな意見も率直に口にできる、困ったときは何でも相談できる、悪い知らせも包み隠さず報告できる。環境より職場にそういう空気を率先してつくる人が不可欠です。

多くの企業はオープンスペースのようなオフィスを取り入れて逆効果を招いています。信頼できない人たちにずっと見られている社員は働きがいがさらに下がるからです。

働く環境は大切ですが、まず一緒にいる人たちと安心でいられるかどうかが重要です。可愛い家具はどうでもいい。
先日オフィスレイアウトのデザイナーの方と話をしたのですが、レイアウトのトレンドとしては、古くはブース型だったのが、20年ほど前から長い平机をパーティションで区切るスタイルに、そしてマイクロソフトがフリーアドレスを採用した頃から対話重視のレイアウトに流行が移ってきているということです。ちなみに弊社CDIは20年以上前のブース型(笑)

ただ、その方が仰るには士業的な要素のある職業はやはりブース型がマッチする要素が大きいということで、納得感がありました。研究者やお医者さんもこの部類だと思います。コンサルは微妙なところではありますが、常駐型の実行支援重視ではない、元来の「経営のお医者さん」的な仕事の場合はやはりブース型がマッチするのかなという印象です。

ただ、士業的であってもコミュニケーションは非常に大切なので、レイアウト上コミュニケーションが取りにくい場合は別の手段で補完する必要があります。ちなみに私の会社の場合はブースがあっても、真面目な話もそうでない話もそこらじゅうで立ち上がって話しますし時には座ったままブースを超えて大声で話したりもするので(笑)あまり問題はないかな、と思っています。

結局業態や企業規模による話ですし、職場環境を良くする手段は内部のレイアウトだけではないので、大室先生が仰る「まあまあ大事」という言葉の通りだと思います。
できるだけ話しかけられたくない。たいていは面倒なお願い(笑)
カフェやコラボスペースでのテレワークも当たり前になってきた時代、自社のオフィスには、そこに来る理由ともなる付加価値が求められるのではないかと思います。AIのサポートを受けながら最も生産性を高められるとか、記事にもあるように健康増進であったり、仕事の進め方そのものについて改善のサジェスチョンが得られたり。いずれにせよ、ただ社員を集めて、勤務時間中、本当に働いているかどうか(実際には働いているように見えるかどうか)監視する目的のオフィスは不要になっていくのでは。
様々な企業を訪問していると、以前に比べてオフィスも多様化してきたと感じます。

その中で「素敵」なオフィスだなと感じるのは、単純に素晴らしい設備やサービスがあることやオシャレさというよりも、その企業の価値観や商品サービスのイメージとオフィスが一致している場合です。

「現場が何よりも重要でバックオフィスは現場を支えるためにある。」という強い信念を持っていた企業のオフィスに訪問した際、非常に質素ながら無駄なモノがなく、現場の状況が一覧で分かる大きなホワイトボードだけがドーンと置いてある。

会社の価値観を体現している素敵なオフィスだなと感じました。
すべては生産性を上げるための取り組み。企業によって課題感は違うけど、働く場所(社内社外含め)はまだまだ旧来的な部分は多い。

まずは自社内で社員が何に課題感を感じているか、顕在的潜在的なもの含め、洗い出すことから始まる。
オフィスの時代とともに変化していけばいい。近い将来はAIの存在との共存により、人間の存在価値を高めるためにも。