新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2016年は「働き方改革(ワークシフト)」が話題になりましたが、2017年は「生き方改革」(ライフシフト)が話題になるように思います。生き方改革での主役は、まさに医療・介護・年金・保育となります。人生100年時代となり20~80歳まで働き続けることが求められるため、いかに健康で居続けるか、また働き続けながら保育や介護を続け、こうした人生設計に合わせた年金をいかに用意するかが求められるためです。その意味では、2017年は、日本人の生き方が変わっていくことが一般に知られる必要がある一年になると思います。
財政破綻した夕張市では、公的な社会保障費が大幅に削減されましたが、逆に高齢者の平均寿命が延びています。

これが何を意味しているのか。これからの日本の社会保障制度の参考になるのではないかと思います。
3世代同居や大家族化により自宅でのピンピンコロリを目指し、いかに施設入所や長期入院を減らすかだと思います。そのためにもサザエさんのように家庭内に専業主婦(主夫)が2人以上いることが理想的だと思います。1人では休まる暇がなく身が持ちませんから。同様に波平さんのように働きたい人はずっと働ける仕組みを作ることも重要です。

また専業主婦(主夫)も立派な労働と認め公務員化して給与を支給することを提案します。仮に専業主婦(主夫)の月給を世帯人数×5万円÷家庭内専業主婦(主夫)数とするならば、これは事実上のBIとなり人口1億人なら年度予算60兆円で済みます。

これに加えて在宅への介護・看護・医療の訪問サービスを充実させ脱施設化と脱入院化を促進すれば恐らく残りの60兆円でお釣りが来ます。このような独居から共同生活への流れを促進する仕組みは認知機能や身体機能の維持のみならず幸福度の向上に寄与するものと思われます。
特に子供の貧困に関してですが、先日ある団体と話をしていて、データには計測できない事実が徐々に見え始めていることがわかりました。今までは、日本人の子供だけを貧困として捉える必要があったものが、特に大阪などの一部地域で労働者や配偶者として外国人が海外から日本に移り住み、その子供達が日本国籍のないまま非常に厳しい状況で教育を受けているという話です。

こういった話は、今に始まったことではなく、同じクラスで全く国籍が違う子供たちが勉強している時間もあるそうで、そこに対する問題は現存の教育制度が全く追いついておらず、先生たちも英語で教えることができないため、子供達が学校に馴染めないなどの負の循環に陥っているという話を聞きました。

昨今移民などの問題を取り扱い、労働者としての受け入れに賛同する声も聞こえますが、特に社会保障の問題は、現行の制度の変更と合わせた議論が必要で、行政の役割は民間と協力して支え合う段階に来ているのだと思います。
〈2017年度は6400億円の自然増が、見込まれ、1400億円の圧縮が必要となった。〉

残り5000億円は、何もしなくていいのでしょうか?次の世代が納得するように政府は説明すべきかと思います。
【経済】
保険料財源と財源の使われ方について十分な理解がなかったので勉強になります。
社会保障費は国債費を上回り国家支出の大部分を占めているので、教養としても最低限の動向理解は必要と感じました。
今後、企業と個人の関係が大きく変わっていくことが予想される中で、当然社会保障のあり方も再考していく必要がありそうですね。
例えば社会保険加入要否も、今までは事務作業軽減などの理由から労働時間で区分けされていましたが、WEや副業が当たり前となっていく社会の中では、要否ではなく、時間単位で納める額を変える、という風になっていくのでしょうか。
いずれにせよ、今後は働く空間や時間という観点からより中立的な制度改革が必要になってくるのだと思います。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。