新着Pick
561Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
新年あけましておめでとうございます。

思えば田舎の中学時代、私の周囲には「タバコ吸ってる自慢」をしてる人が沢山いました。そして「中学生でタバコ吸ってるイケてる俺」という謎の自己認識を持っていたように記憶しています。

こういう方に対し周囲が法的側面、医学的側面の問題をいくら指摘しても彼らは聞く耳を持たなかった気がします。

その時思ったのは「中学生でタバコを吸うのはイケてることでもなんでもない」という空気になった方が効果があるんではないかということ。

どうしても寝不足にならざるを得ない仕事があるのは承知していますが、「俺寝てない」は自慢する行為ではないという雰囲気になればかなりの数が減るのではないか。今年はその潮目が変わる年になるのではないかと思っています。

それでは本年もよろしくお願いいたします。

PS
まさかの私の写真が眠そう問題・・。
これ編集部での朝一対談の時だった気もするのでもしかして眠かったのかも・・いや、違うっ!(笑)
「俺寝てない自慢」が跋扈する投資銀行業界で長く働いてきましたが、いつも違和感がありました。
むしろ、「俺寝てない」と口外することは

⑴俺は仕事が遅い
⑵俺はスケジュール管理ができない
⑶俺は寝不足でもこなせる知的レベルの仕事しかしていない
⑷俺は部下にも暗黙のうちに残業を強いていることに無自覚
⑸俺は家族や友人と過ごすプライベートな時間が充実していない

ということを吐露しているようなもので、自慢として成立してないと思います。

それにしても、大室先生の文章はいつも明晰で勉強になります。
俺は寝てない自慢と何十年も闘ってきたんですが、なんでこれまでそれが主流だったんですかね?それが疑問なんだよなあ。中学生の頃に気づきましたよ。寝不足の効率の悪さ
そもそも誰でも、人と接すること自体がストレスを生むので、その時間が長ければ長いほどストレスは強くなるし、ましてや脳の限界を超えた非効率な長時間労働を続けていればなおさらでしょう。本来はIT化やネットの発達は労働生産性を上げ、人間を長時間労働から解放する方向で役に立つべきものであるのに、それに関係なく、いまだに働いた時間でしか人間を評価しないような職場が多すぎます。

仕事をしている以上は人と会うことのストレスは避けられないまでも、なるべく各社員・職員が効率よい仕事をするような雰囲気を作りだし、空いた時間は創造的な活動に使えるようにした方が社会全体としてどれだけいいことか。今年が真の意味での働き方改革元年となるように祈りたい。
ついに「俺沢山寝てる自慢」に定評がある僕の時代が来たか。
平日は平均8時間、週末は9時間は寝てる!(ドヤッ
①俺昨日寝てない
②俺1週間家に帰ってない
③俺1年間休んでない

…若手心臓外科医の口癖です。。。
生活行動記録をアプリで管理して雰囲気でものを言わないようにしないといけないと(ちょっと本気で)そう思いました。
職場のストレスの不動の1位は「人間関係」とのことですが、長時間労働のコンサルティングファームで働いていて良かった点のひとつは、どれだけ嫌な上司でも、「このプロジェクトが終わったら離れられる」と思えた点ですね。
本文とは関係ありませんが、大室医師の「写真が俺寝てない自慢風」問題。大室医師とはプライベートでも交流があるのですが、深夜3時頃に「今から呑める?」とLINEがくることがあります。
みなさん書いてますが、キャッチ―なタイトル付けが流石。ご本人も「希望的観測も含めて」という言い方をしていますが、終息宣言まで出せるかは別としてその方向にいくのはそうなんでしょうね。
人間の歴史からの振り返りは説得力があり、一瞬納得しそうになりすが、純粋に学問的興味として2つ。
一つは、人類の歴史上、現代は本当に高ストレスなのかということ。生物のもっとも強いストレスは「食われるかも、殺されるかも」ということと言われ、その意味では時代とともにどんどんそういうストレスから解放されてきています。特に平和な日本において本当にそうなのかな、と。
もう一つは、現代は「情報のインプットが増えた」という点についても生物学的にどうなんでしょうか。人間がインプットできる情報は限りがあると思うので情報が増えても勝手にフィルタリングされているだろうし、モノがない時代は今は見えていないこと-例えば自然の細かい変化など-を情報として取り入れていた気もします。
どちらも純粋な学問的興味で、論旨は全く賛成です
写真が「俺、寝てない」と自慢しているように見える。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。
株式会社電通(でんつう、英語: Dentsu Inc.)は、日本の広告代理店である。 ウィキペディア
時価総額
1.53 兆円

業績