【佐々木紀彦】近代の第3ステージ、「日本3.0」が始まる

2017/1/1
世界のガラガラポン革命
みなさま、あけましておめでとうございます。
2016年は2015年と同様、山あり谷ありの1年でしたが、読者のみなさま、そして、多くのパートナーのみなさまのおかげで、NewsPicksを前進させることができました。心より感謝申し上げます。
まだNewsPicksも編集部も私自身も課題山積ではありますが、少しでも世の中の役に立てるよう、日々、精進して参りたいと思います。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
ちょうど1年前のお正月に、私は「『第3のガラガラポン革命』の序章。カギは『移動』と『下克上』」という記事を執筆しました。
それから1年が経ち、私はますます、第3のガラガラポン革命が近づいていると実感しています。
2016年は、世界が日本に先んじて、ガラガラポン革命を経験した1年でした。
ブレグジット、トランプ当選ともに、世界史に残る出来事です。後世の歴史家は、ブレグジットとトランプ大統領誕生を歴史のターニングポイントとして振り返ることになるでしょう。
2016年6月23日の国民投票でEU離脱を決めた英国。まさかの結果に世界中のメディアが驚いた(写真:iStock by George Clerk )
それにひきかえ、日本は驚くほど安定しています。
しかし、その安定が続くのは長くても数年でしょう。2020年前後には、ブレグジットやトランプ当選に匹敵するような、何らかの“大転換”が起きる気がしてなりません。
2020年の「4つの節目」
日本にとって、大きなターニングポイントになるのは2020年です。
この年に日本は4つの節目を迎えます。
1つ目は、言うまでもなく、東京五輪です。
今の日本は、2020年の五輪があるがゆえに、いろんな問題が噴出してはいても、国全体に目標があります。人々を束ねる夢があります。
しかし、五輪が終わった後、日本からわかりやすいターゲットが消えます。現在、2025年の大阪万博誘致の話が進んでいますが、万博では日本全体を引っ張るには役不足でしょう。