新着Pick
339Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今月、マンスリー•プロピッカーを担当させて頂きます!

大企業イノベーションというテーマでは、

(1)いかにスタートアップとの協業や買収の成功事例を増やすか

(2)大企業社内にマインド、ネットワーク、経営スキルの三拍子揃ったイノベーターを増やすか

参考記事
https://newspicks.com/news/1930686/

この二点にフォーカスして活動しています。

主にあまりNPに出てこないイノベーションやスタートアップ情報をPickさせて頂きたいと思います。

1月生まれなので、お誕生日プレゼントと思い、頑張りますので、宜しくお願いいたします。
Marketing(市場創造)とSelling(販売)は経営の両輪などと言われてきましたが、最近ではこの2つの区別が難しくなってきたと思う。
かつてはSegmentationされていた顧客は、今や個人単位で捕捉され、カスタマイズされた情報が発信されるようになった。Marketingの定番であったケーススタディも、今後はAIがあっという間にやってくれるようになるんでしょう…。
その意味では、Marketingの最新にして最大の課題は、「大体Marketingってなんだっけ?」という疑問に答えることなのかもしれません。

個人的な関心は「トレンド(流行)」というものが今後も存在するかです。
今までは流行は多かれ少なかれ作為的につくられてきたのだと思いますが、マスカスタマイゼーションなどと言われる中で、これからも大勢がなびくような流行は存続するのかということです。
個人的には「あり」だと思っているのですが、皆さんのご意見も伺いたいです。
今月のマンスリー・プロピッカーを担当させていただくメガネスーパーの川添です。現職では、EC事業、オムニチャネル推進、デジタルマーケティング、他社のEC事業支援を担当しております。また、前職まではファッション・アパレル業界のキャリアで、現職を含めて2社の小売企業の再生におけるEC事業の急成長を担ってきました。

今回、「マーケティングの最先端」というテーマですが、私自身が、直接的に、全社のマーケティングを担当している訳ではありません。
ただし、現在、あらゆる企業がデジタルの活用、EC事業やオムニチャネル推進を進めていこうとする中で、マーケティングの一端を担ってきているのは間違いないと思っています。

私自身、2度、企業のV字回復に、経営者と共に成し遂げてきましたが、下記の2つの考えにたどり着きました。
(1)小売企業のEC事業を追究すると、オムニチャネルに向かっていく
(2)デジタルコミュニケーション、オムニチャネルを追究すると経営戦略に向かっていく
マーケティングも同様ですが、EC・オムニチャネル推進・デジタルの活用は経営戦略の一部だと実感をしています。

この領域では、プロピッカーの中でも、イー・ロジットの角井さんはEC物流や物流側面のオムニチャネルのプロフェッショナル、オイシックスで元無印良品の奥谷さんはブランディングを通じたEC・オムニチャネルのプロフェッショナル、東急ハンズの長谷川さんは小売と最先端テクノロジーをミックスできるプロフェッショナルと錚々たるメンバーがおられます。私もいつも勉強させていただいてます。

その中で、私は、中小企業の中で、EC事業で結果を出す、店舗を含めた現場を巻き込んでいくことの部分が得意領域です。また、LINE@のビジネス活用、ECにおける最新のマーケティングツールなどはいち早く取り組んできました。
このあたりをベースとして発信してまいります。
USJのV字回復などで注目を集めているマーケティング分野からとは、とてもタイムリーだと思います。
大企業イノベーションもそろそろ正念場。

みなさんの有益なコメントをとてもとても期待しています\(^o^)/

(追記)
以下、別記事(https://newspicks.com/news/1983032?ref=user_422540)の(追記)を引用させていただきます。

本文には書き忘れましたが、最悪期を脱することができたのはNPのおかげが大きいと思っています。
法律相談回答を書き上げると全身が痛んでしばらく動けなくなったりもしましたが、それもリハビリのためのいい負荷になったと思います。

ユーザーの皆さんとNPを運営している皆さんに、深く深く感謝しています。

プロピッカー引退も天命と快く受け止め(新陳代謝の必要でしょうか?)、今後とも人事を尽くしていく所存であります。
ということで、凄い方々と共に、2017年のはじまりはNewsPicksにてマンスリープロピッカーを務めさせていただきます。マーケティング以外のニュースばかりピックしそうですがf^_^;東急ハンズの長谷川さん、メガネスーパーの川添さんと共に楽しみたいと思います!よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ
はじめまして。JIN(Japan Innovation Network)の西口です。
ご縁があり、この一ヶ月「大企業からのイノベーション」に焦点を当てていきます。

基本的なスタンスは次の通りです。
1. 大企業からイノベーションを興すことは、国を問わず難しい。しかし、不可能ではない。
2. イノベーションとは、「本業変革」と「新規事業」の両輪であり、経営者のコミットと一定の仕組み化が必須。
3. イノベーションの定義は、2004年のパルミサーノレポートで喝破されたように、「発明と洞察の交差点で、社会的、経済的価値を生み出すこと」と、価値創造が基軸。GEのイメルトCEOから直接聞いた言葉「売れない発明はイノベーションではない」はずっと心に残っています。
4. 特に、創業者が表舞台から去った後の企業経営者が、いかにイノベーションを興し続けるのか? というのが、国を問わず重要なテーマ。創業者は、文字通り「創業」できるのですが、多くの場合、後継者が「操業」が得意であることが多い。創業と操業をいかに両立させるかが、大企業イノベーションの本質的なテーマ。
5.経営者だけでも、現場だけでも出来ない。しかし、経営者がコミットしない限り無理。だから、「イノベーション100委員会」というイノベーションにコミットしている経営者のコミュニティ作りを経産省も巻き込んで進めており、イノベーションにコミットしている経営者の数を100名に増やす運動もしています。

お世話になりますが、よろしくお願いします。
皆さん、あけましておめでとうございます。
今月、マンスリー・プロピッカーをさせていただくことになりました、パナソニックの濱松と申します。

有志でOne Panasonic、One JAPANという団体を立ち上げ、大企業のオープンイノベーションや組織の活性化に取り組んでいます。何度かNewsPicksでも取り上げていただきました。

https://m.newspicks.com/news/1353439/

大企業の変革、イノベーションには、トップのコミットメント、外部の支援・伴走、現場社員(若手・中堅)の熱量が必要と考えます。

トップの視点はJapan Innovation Network西口さんから、外部の視点はトーマツベンチャーサポート斎藤さんから、自分は、現場の若手・中堅社員の立場として、評論家ではなく実務者視点でコメントしたいと思います。

皆さん、よろしくお願いします。
プロピッカー制度は、今や弊害の方が多いと思う。特に都政については、顧問2人や都議のポジショントークが多く、政治的な偏りが酷過ぎる。プロピッカーの優遇措置があるので、偏った意見でもトップコメントに引き上げられ、拡散されてしまう。その結果、言論空間がゆがみ、フェアさを担保できていないと思う。

それでもこの制度を継続したいならば、以下を提案します。

1)プロピッカーをトップコメントに引き上げる優遇措置をやめる。「プロ」とブランディングするだけで十分でしょう。

2)政治的に偏りがあるならば、是正する努力をする。例)山本一郎氏等を入れたら、都政についての見解はバランスが取れると思う。

「批判よりも提案」の精神で、NPの言論空間をフェアにすべく提案しました。NPの皆さま、今年もよろしくお願いします。m(--)m

P.S.荘司さん、お疲れ様でした。m(--)m
今も、荘司さんがトップのプロピッカーの倍以上のLIKEをもらいながら、トップコメントに上がらない。やはり歪んでいると思う。
今月退任された片岡剛士さん、津山恵子さん、横田孝さん、荘司雅彦さん、中村洋基さん、花房弘也さん、徐東輝さん、本当にお疲れ様でした。

特に皆さんが仰っているように、荘司先生のコメントは個人的にもとても頷けるものが多く、退任は本当に残念ですね。

又徐さんのアメリカ大統領選挙のレポートは毎日とても興味深く拝見していました。

又片岡さん、津山さんのコメントも専門的知見のものが多く、参考になることが多かったです。
本当にありがとうございました。

今月就任された新しいプロピッカーの皆様のコメントも楽しみにしております。
大変お世話になりました。
昨年いっぱいでプロピッカーを退任させていただきました。今年は26歳になる年ですので、もう「U25」のカテゴリーに甘える時期は終えなければなりませんし、また司法修習が始まりそれに専念したいと考えたためです。

一昨年の夏に「Give&Takeの世界だから、しっかりと価値提供したい」と申し上げたのですが、1年半を振り返って、どう考えても価値提供よりも受領の方が大きかったと感じます。それくらい、NPの空間は自分の無知さや未熟さを思い知らせてくださいました。
不勉強さを叱ってくださるコメントを頂くたびに、思考の現在地の低さ・浅さを痛感し、負けず嫌いを発揮してさらに学びを加速させることができました(と勝手に感じています)。

これからも引き続きよろしくお願い申し上げます。

追記:
すみません、コメントに気づくのが遅れてしまいました。大山さん、早崎先生、小宮山さん、Taketoさん、小室さん、Yasutakeさん、zetumuさん、Charlieさん、加藤さん、YOSHIYUKIさん、橋本さん、吉田さん、Watanabeさん、Oguraさん、奈緒さん、伊東さん、五郎さん、sakanaさん、温かいお言葉を本当にありがとうございます。これからもぜひよろしくお願いいたします。とんふぃ
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア