新着Pick
414Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ワックスオン、ワックスオフのベストキッド式詰め込みスパルタは、盲目的体育会系的洗脳的服従を強いるので、危険
人気 Picker
「1週間が8日」みたいなコンテキスト依存が高く前提条件の設定に幅がある宿題はあまり良問とは思えません。古代ローマでは1週間が8日だった期間があったそうてすが、長い時間をかけてほぼ世界標準となった現在の7曜日制の歴史と照らし合わせ、今後8曜日制になるとすると、その背景として、どれほどの世界秩序の変革(おそらく欧米以外の文明による世界支配後)、文化的変化が想定されるのかを無視して、8日目にやることを考えることはできません。

私が高校時代に熱中した宿題は、「ネコギキ」の様に、分類学上別の別の門の生物種の名前の入った動植物をできるだけ挙げるという宿題。ハエトリグモの種類の多さに驚きました。
変な問いを出すことで、既成概念を超えた発想を得ることはできます。それが0から1を生み出す秘訣ではあるのですが、ほとんどの場合、発想のための発想トレーニングで終わってしまいます。つまり…、そのときには笑って、楽しかった。でも、結果につながらないことが常習化します。

それを突破する鍵があって、それは「利他性」を前提とした出題をすることです。こうした原理原則を理解した教師がいると、ぐんと生徒はのびて、クラスが活性化していきます。
大事なのは、面白い発想を日常業務にどう生かすか、であるように思います。メディアで働いていると面白いことを考えるのは仕事のうち。事業会社でどんな風に生きるのか、つっこんで知りたい。

子どもの小学校の作文でも、3億円あったら何をしますか?といった課題が出ていました。ほとんどが、消費について書いていて、一部でも寄付するって書いたの僕だけだった、と。そんなものかなーと思いつつ親子で話のネタにしました。
こういう話は好きですね。
発想が豊かな人ほど日頃からあり得ない想定のことを考えたり、全く新しいモノを創造したりするのが好きですね。
中学の担任が一説に金八先生のモデルになった先生で、卒業する少し前にこんな問題を出されました。 

「平成の前は昭和。
昭和の前は大正。
大正の前は明治。
では、平成の後の元号は?」

中学生であった平成10年の時の質問ですから、次の元号は誰も分からないですね。
こういう「変な問題」となるべく早い時期から繰り返し出会えると効き目が増すと思います。本当は、学校の正課の中でこういう「面白い問い」を扱い、放課後に子ども自身が「宿題」とは思わず、いつの間にか自ら進んで調べたり、体験して学んでいる状態が望ましいです。これからの先生は、正しい「答え」を教えるのではなく、良い「質問」を投げかけられるかが重要になってくると思います。
こういうの小さい時から学ぶ機会があれば絶対にクリエイティブな人が増えると思う。お金かかっても講義を開催してほしい
知識の記憶や正しい再現の力は、栄養素で言うと、タンパク質や糖分で、なくてはならない基本要素だが、まあ、ビタミンというのかこういう力も本当に大事。人生に彩りを加え、周りを幸せにし、アイデアが浮かぶ力。「〇〇とかけまして」というような大喜利にある要素でもある。当たり前のことはできた上での、ワンランク上の能力だろう。
記事にある具体例が『広告業界ならではのそれ』すぎてあまり参考にはならないものの、
"教えたいテーマがある→それを体験させて学ばせるために、一見関係のない変な課題を出す。"
という教育メソッドには全面的に賛成です。

「教えたいテーマ」から「学びたいテーマ」さらに「やりたいこと」に変換する問いを生み出し、気づけば学んでた!という状態を創り出すのが良い親、良い先生だと思ってます。

さーて、今年の冬休みはどんな「変な宿題」を子どもたちに出そうかな。ワクワク。
「変な問題」を考える方がもっと楽しい!

「変な宿題」をやるのもトレーニングにはなる。しかし、受け身で考えさせる方法。

自分で「変な問題」を考えて、人に出す、または自問自答する方がクリエイティビティを高めるには効果的。

そんな大した問題じゃなくてもいいので、ちょっとした「変」や、面白い「変」を考える習慣にしましょう。

好奇心がふくらみ、観察力が養われ、身の回りの面白いことに気づいて、日々の生活が楽しくなりますよ。
こうした学びによって熟達した人たちの最終評価は、こうした問題を作れるかどうか、かな?こういう問題をつくれるようになったらある程度クリエイティビティは高そう