新着Pick
615Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国やロシアでは実質的に規制されているが、マイニングやら現金での交換は規制しようがないので、キャピタルフライトに使われていたりする。時価総額が上がってるのはそれだけ流動性が上がってるからで、レバレッジ取引なども盛んになってきてる。通貨の本質は信用であり、実態とか関係ない。システムをよくわからない権力者や、民意なるもので簡単にルールが変えられる国民国家の通貨より賢い人達がシステムとして信頼性を担保しているビットコインの方が安心だと考えることもできる。その支持者がキャズム超えしたときとんでもない時価総額になる可能性は充分にあるでしょう。
完全に中国の国内要因を映したものですね、中国元相場の先行き下落懸念は強く、一方中国の個人投資家は海外にまとまった資金を持ち出すことができない、また昨今では中国当局は 中国にいる全企業に対して5億円以上の資金持ち出しを禁止しました。もう中国の個人投資家としては何とか元相場の下落をヘッジしたいところで ビットコインに殺到という感じです。中国当局がどのような規制をかけるのか? またできないのか? いずれにしてもあらゆる意味で中国は世界の不確定要因です。
今朝の日経で、来年は中国人による円買いが膨らんで円高になるという記事がありました。

しかし、中国共産党幹部たちは既にたっぷり日本国債を買い込んでいます。
ということで、ビットコインに流れ出した訳です。

人民元がSDRに入れられたことで外貨との交換が自由化されて円などに流れましたが、さすが「元売り」が統計として出るのはマズイのでしょう。
しばらくはビットコイン買いでしょうね。

今ならまだ間に合うか?
ビットコイン投資…^_^;
ビットコイン/円の推移をみても高騰中です。
http://zai.diamond.jp/list/fxchart/detail?pair=XBTJPY&time=1d
マイナーが中国に集中している中で、本当にブロックチェーンの頑健性が担保できるのか、ガバナンスの問題が残る。
やや混同したコメントが多いように感じますが、ビットコインの「価格」では無くて「時価総額」が過去最高に達しました。流通量も当然伸びているためです。
価格はこの2年半ほどかけて3ドルくらいからじわじわと上がってきたものであり、アノマリーやバブル感がそれほど強いようには感じません。むしろ技術的、仕組み的な点で引き続き懐疑論も強く、むしろ健全に需要が伸びてきたという見方もできるかと思います。
ビットコインは資産形成の道具ではなく、便利な決済手段として使われるべきとの思いを待っていました。しかし、現実は資産形成として使っている人が増えているのでしょう。石ころだろうが、流木だろうが、価値と認める人が複数いれば、その範囲内では価値の取引が生じる事になる。
#福田峰之でした。
中国の影響もありビットコインが今年一気に高騰した。まだピークには達せていないものの、この勢いでいけば、来年にはその水準に達するのではないだろうか。
ブロックチェーンが普及し、中央集権型から分散型のネットワークが構築されたら、ビットコインは破壊的イノベーションとなりそうですね。2016年12月26日日経朝刊では、MUFGの仮想通貨に関する記事も掲載されていました。忘年会が終了されるとともに、仮想通貨で一斉に費用が集金されるそうです。面白いアイデアだな、と思います。まだ時間が必要だと思いますが、将来的には仮想通貨は日常的になるのでしょうね。
ビットコインにして国の外に資産を移した後、人によっては不動産投資へ向かうのでしょうね。お金を持ち出そうとするといろんな規制があって取引コストが高くなるからビットコインに流れている。