新着Pick
257Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人権団体HRWで、孤児院にいる子どもの里親を探し、すべての子供に家庭をというキャンペーンをしていますが、いったん孤児になった子供たちは心身が荒れていることが多く、里親が大変な苦労をするケースがあります。

もし当初から特別養子縁組が可能なのであれば、子供も出生の秘密を当面認識することなく育てられることが可能になります。金銭が絡むのは微妙ですが、今考えらえる仕組みの中では、批判はあっても捨てがたい気がします。
わたしが尊敬したいのは「批判者」よりも「提唱者」。そしてもっと尊敬するのは「提唱者」よりも「実践者」。

NPなどのネットに限らず会社などの組織に限らずそして世間に限らず批判するだけならば簡単なこと。大所高所からご高説を垂れて他人を批判する。だけど自らはそのご高説を実現するために動かない。

批判するのではなく提唱する。そして提唱するだけではなく実践する。社会をより良いものにしていきたいのならばわたしたち自身が「実践者」でありたい。そこには当然試行錯誤があるでしょうし修正もあるでしょう。そしてそうやって進めていけばよい。せめてですがわたしはこの取り組みの実践(者)を支持したい。

「命の商品化」と批判する気持ちもわからなくはないです。馴染みがないぶん気色悪い。でも福祉だからという理由だけでなんでもタダでやれというのは間違ってませんか。素晴らしい福祉のマネジメントならばうんと高い報酬をどんどん支払うべきなんです。そうでないといい人材なんて集まりませんし福祉が活性化しませんよ。少なくとも「報酬うんぬん」と「取り組みの是非」とは分けて考えたい。

「命の商品化」って生命保険なんてその典型でしょう?生保会社の報酬の高さを誰も批判しません。生命保険って誰かが「死んだら」金が貰える仕組みなんですよ。だとしたらこっちはこれから「生きていく命」への投資なんです。安いもんですよ。
生まれてきた命を社会で大切にする取り組みは良いと思う。しかし、子供を引き渡すと、過去の出産や育児費用負担で、金銭が動く仕組みには賛成できない。これでは、実親に経済的価値を得るインセンティブが強すぎる。社会的コンセンサスを得るまでは、子供の引き渡しには金銭を対価としない仕組みで実施すべきだ。
子供が生まれない夫婦にとっては赤ちゃんの時期に縁組されるのが一番精神的には楽らしいです
赤ちゃん縁組(特別養子縁組)については良く知らない方も多いと思うので、知っておいてほしい基礎的な知識と経緯についてだけ簡単にまとめました。

赤ちゃん縁組について知っておいてほしいこと - HIROKIM BLOG / 望月優大の日記
http://hirokimochizuki.hatenablog.com/entry/engumi

報道ではネガティブな側面に光が当たりがちですが、そうした側面についてはしっかりと法制度を整えることで改善する動きが進んでいます。そして、赤ちゃん縁組それ自体については、とてもポジティブで大きな可能性があるということを多くの方に知っていただけたらと思います。

以下3点にまとめています。ここだけでも読んでいただけたら嬉しいです。

1.赤ちゃん縁組のメリット
理想的な状態で実施される赤ちゃん縁組(特別養子縁組)は、赤ちゃん(子ども)、生みの親、養親の3者それぞれにとって大きなメリットをもたらす。

2. 赤ちゃん縁組を取り巻く現状の問題点
赤ちゃん縁組は行政(児童相談所)と民間のあっせん事業者によって行なわれているが、後者については許可制ではなく、申請制になっている。そのため、業者の質にばらつきがあり、その点が問題視されている。ただし、現状でも良質な支援をしている民間事業者は一定数存在する。

3. 赤ちゃん縁組のこれから
12/9に成立した特別養子縁組あっせん法案は、こうした現状を改善するために、民間のあっせん事業者を許可制に変更し、国として民間事業者の質をしっかり担保していく方向に動き始めている。
皆さんコメントされてるように、サービスは素晴らしいですが、料金体系がちと違和感ありますね。月額3,980円、成約手数料で50,000円程度が妥当な印象です。

「選ばれた夫婦は実親の出産費用や家賃、生活費など100万~200万円ほどを負担。センターには定額で事務費50万円を支払う。」
かなり微妙な印象を受けます。金銭的な動きが批判を受ける原因なのだと思います。仕組みとしてはいいところもあると感じます。
運営する以上金がかかるのは当然です。

子供は社会の宝です。一人でも不幸な子供が減りますように。
結局、臓器も子どももお金があれば買えるという悪い資本主義イメージを定着させる話ですね。お金で取引してはいけないとまでは言えないけど、資本主義のイメージをやたらに悪くするのは本当にやめてほしいです。貧困にあえぐ赤ちゃんを救う仕組みも、資本主義の根幹である市場メカニズムなのですから……。
当事者でもなく、当事者が身近にいたことがない人たちの言うことは無視してとにかく進めて欲しいです。

感情の問題だけじゃない切実な問題が解決済みされる大きな可能性を秘めていると思いますし、現場の声をもとに作っているんでしょうから。
新着記事一覧
靭帯断裂から復帰目前ザニオーロは、コロナ後のローマとイタリアの旗頭。
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks

【MLB】田中所属のヤンキース、ニューヨーク州での練習再開許可 クオモ知事明言
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

プレミアリーグ、接触伴う練習再開を政府が許可。リーグ再開は6月26日?
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

オリックス山岡、吉田正ら6・19開幕にコメント発表「本当に嬉しいこと」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

アーセナルもコウチーニョに関心? 交渉開始に向け代理人と接触と報道
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

鷹・尾形「OP戦より成長」 再開された紅白戦で最速150キロ、2回2安打1失点3K
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

鷹・工藤監督、紅白戦再開に「動きよかった」 選手たちは“エアハイタッチ”で喜び
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

セリエAの再開は「6月13日か20日」とスポーツ大臣。今週木曜日に決定へ
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

DeNA三嶋、シート打撃で最速149キロ「思っていたよりスピードが出た」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

ベラルーシでは5000人以上、ベトナムでは1万人も。一部ではすでに大観衆
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks