新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

320Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年に引き続き寄稿:

10年単位の目盛で見ると、現在は動力源が火力から蒸気機関に変わったくらいの大転換期にあり、大きな時間軸でみると全てが、”Internet of Everything”という超大テーマに収まると思う。全てのモノ(場合によっては生物も)がネット繋がり、Intel InsideのようにAIがCPUのように全てのモノに入る。

一方で、現状はその大きなビジョンに向けて動き始めた段階で、全ゴールドラッシュの残り香と、次のゴールドラッシュの金がどこにあるか(応用先の具体的市場)、掘り方(サービス/ビジネスモデル)を探っている、端境期にあると思う。

そんな中1年単位という単位の目盛でみると、方向感がないようにも見えてしまうが、全ては高きから低きへと流れて行っているような気がする。
日本は確かにファンビジネスが発達していくかもしれない。消費者の一つのモノや分野に集中する行動が見受けられる。一方、米国はコミュニティが多すぎて、分散する傾向がある。
見出しを見たときshowroomかなと思いましたがやはり。ファンビジネスはユーザーのお金の使い方から構造がまったく違うので面白いですね。多くのpvを集めるサービスに意味は無くなりよりユーザーのエンゲージの深さが問われているという事でしょう。
表題にあるファンビジネスの部分は、私も含めスポーツビジネスに関係する方々にとって参考になるコメントだと思います。
ファンビジネスって、Umeki Salonのことですよね高宮さん。なぜ記事内で触れてくれないのかw(触れると叩かれるから触れないんでしょうね。わかってますよ、そんなこと)
いま通ってる、さとなおラボ(http://www.satonao.com/archives/2016/08/post_3587.html)でも、ファンをいかに大切にするか、その重要さをひしひしと感じてます。

何よりも、ぼく自身がさとなおさんのファンになったんですが。
ファンビジネス。私もサロンを開始しまして、その重要性は感じています。ネットは如何に課金していくかがポイントだったと思うのですが、ここに来て課金システムが出て来た印象です。
“Software is eating the world”
これは金言ですね。動画の世界ではそろそろネット企業がソフトウエアと通信で放送を飲み込もうとしてます。コストは安いしスケーラブルだし。様々な分野でどんどんリアルの世界を飲み込みますね。
高宮さんにはいつも勉強させて貰っていますが、こちらの記事も、今後のチャンスを伺うビジネスパーソンに大変参考になるかと思います。

私も、高宮さん程にはクリアに見えていないと思いますが、確かに「大転換期」の真っ只中にいると強く感じています!

新年もますます楽しみです!
全てのビジネスにおいて、自分たちの事業は「ファンビジネス」であるという認識は必要だと思います。
マーケティングという言葉がプロモーションに近い意味で使われることが多いですが、これからはCRM(Customer Relationship Management)の要素が重要になる。

ユーザーとの関係性の深さを極める→紹介・口コミから事業をスケールさせる→口コミの連鎖を生み出す・・・
最近成功しているところは、このファンビジネスの基本パターンを抑えている。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。