新着Pick
220Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
そうですかねー。

アップルウオッチ、重宝してます。
メールもLINEも見ることが出来るし、アップルペイでコンビニで買い物もできます。
もちろん、Suicaがあるので手をかざすだけで改札を抜けられます。
音声メモ機能もありますし、Macの立ち上げも便利です。

個人的には値段の割には効用は高いですよ。
自分の周りのことを考えると、スマートウォッチを持っている女子は思い当たりませんし、NPでも女性の方がユーザーとしてコメントされているのは見かけないように思います(そして私も全く興味が無い一人です)。

おしゃべりをしていても「Apple Watchすてき!」なんて話になることはまず無いですね笑。それなりに新しいもの好きな人と話していてもそうなので、世の中の女子としてもあんまり興味が無いんじゃないかなと想像します。

もっとワクワクする機能が磨かれてガジェット好きに訴求するか、女子も含めておしゃれというイメージを浸透させていくのが当面の流れですかね。

個人的には、在宅医療や介護の際の日常的なログの計測器として医療機関に買ってもらうのが市場としては大きいんじゃないかなと思ったりします。
「スマートウォッチがあるからこそできること」、あんまりないですね。通知やメールが通知されたり、電話があったときに気付きやすいですが、それ以上の機能はありません。Apple watchはマラソンの時、便利です。天気や為替、タイマーなどもまずまずです。でも、それ以上になると、間違いなくスマホを使います。Apple watchを買っての多少の後悔はありますが、まぁそれでも、壊れることがないですし、毎日つけるものなので愛着もわいてきます。そして何より、それまでの時計はそもそもが「お飾り」でしたので、私みたいなファッションセンスの欠片もない人間には、十分なおもちゃなのかもしれません。

もし、要望を出すとしたら、スピードの改善と音声入力精度の向上ですかね。まだまだ基本的な点で、不十分です。それでもこれを乗り越えた場合、私は喜んで買い替えます。なぜなら、ミニコンピューターを縛り付ける、腕の位置はやっぱり非常に便利だからです。iPhoneは3Gにて、プリウスは二代目から劇的に数字を伸ばしていますので、Apple watchもいずれ、劇的な成長点が来るはずです。
このままだとニッチ向けのみで消えていくでしょうね。Motorolaの撤退もありましたが、やはり必然性が少ない。
そもそも、ケータイで時間が分かるので、腕時計する人が減ったのに、ケータイの通知が腕時計で分かる、という便益は少し逆説的でもあり、ケータイでいいじゃん、と思ってる人が多いでしょう。
便利だと分かりながらも数万円払って欲しいか、と言われるとファッション性も相まってNGという人が多そう。

そんな私はApple Watchが仕事の時にLINEの通知を確認したいので必須アイテムですが(^_^;)
そういえば、休日は一切付けていない。。
自分はApple Watchを持ってはいないが、ガーミンのランニング時計をふだんから使用している。

その経験から言えることは、時計でいろいろできても、あんま便利じゃないってこと。別にメッセンジャーの通知とか来ても全然便利じゃないし。

個人的には、ウェラブルデバイスはもっと便利な機能を、という方向でなくて、もっといろんなデータを正確に収集できる、と言う方向に進化してほしい。

そんで、健康に関することなどをアドバイスしてくれる、みたいなほうがうれしい
Apple watch2を買いましたが、思いの外重宝しています。価値を本質的価値、付加的価値で見た場合、個人的には前者は時間を見るだったのでクリア。そして後者にあまり期待していなかったのが、メッセージ系が思いの外使えるので期待を上回ってくれました。
松岡さんと同じ感想のところが多い。個人的には満足度は高い。おそらく、次かその次のApple WatchでSIMが搭載され、単独で通信ができるようになり、さらに劇的に便利なものになるのだろうと思っている。問題はバッテリーかな。数日持つようになれば最高。
スマートフォンは、特に外出先でのユーザーへのラスト1インチを担う部分に強みがありますね。

すると、その強みに対して実現できていない機能は「クールで安全に歩きスマホができる」事になるかと思います。よってそれを実現できる形態になるのは、止められない潮流だと思います。

PDAと呼ばれていた頃のニュートンやザウルスと同じで、まだ今の世代のスマートウォッチは万人が必要とするモノにはなっていないと思いますが、いつか(PDAに対するiPhoneのような)進化をして、クールで安全に歩きスマホにができる存在として、ブレークするのは必然だと思うのです。

なのでこのタイトルには、「第一世代の」と枕詞をつけるのが妥当では無いでしょうか。
「今年の4月購入」てことはApple Watch2じゃないことを留意。日本のユーザからは極めて好評だとおもうが…
なるほど。私がウェアラブル端末を好きになれなかったのは、毎日充電しなければならない煩わしさに見合うリターンが無いことだったが、1週間充電しなくて良くても、それに見合うものは無いということか。これは厳しい。結局、ほぼ同じことをできるスマホという汎用端末があるのに、別の、できることは圧倒的に少ない端末に大枚は叩かないということか。

元々の時計が高級機械式腕時計以外は衰退の一途だったことを考えると、単に期待しすぎだったのかも知れない。