新着Pick
1622Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「働き方改革」が進展すればするほど、給料、待遇、働き方などあらゆる要素において、「個人の市場価値の高い人と低い人」との間で「大格差」が生じるのではないか、と問題提起している。制度がどうあれ、自らの市場価値を高めるのは、自らしかないことを自覚しておきたい。
ブロックチェーン技術が本格的に導入されれば、現在のようなトップダウン型の企業は時代の遺物になるという説があります。

そもそも企業が存在するのは、各部門が独立して別の部門と取引をしたり契約をしたりするコストを削減するためだとするのが、D.コースの考え方です。
ブロックチェーンによってそれらのコストがほぼゼロになれば、企業を形成する意味がなくなります。

将来的な企業のあり方は、フリーエージェント同士の対等な関わりでフラットな「水平分業」となるそうです。

技術進歩によるドラスティックな改革が否応なく訪れる前に、解雇規制を撤廃して雇用の流動化と個々人のスキルアップを促すことが必要でしょう。
米国では、すでに多くの人たちがフリーエージェントとして働いています。

以下で詳しく書いています。
ご一読いただければ幸いです。
http://agora-web.jp/archives/2022999.html
「年功序列、終身雇用をベースとした日本型雇用システムは既に現状の日本経済と軋みが生じている→欧米型の個人の市場価値と生産性に応じた雇用システムへの移行を推進」という部分だけは非常に正しく、それによって起きる「格差」は、「格差」ではなくて、個々人の市場価値を反映したものに過ぎないと思います。新卒一括採用・終身雇用・年功序列によって企業内で従順な社員を育成するような時代は終わった。なので、「職種によって、その職種の中の実力に応じて社会において同一賃金が適用されるようにする」のは、労働の移動可能性を上げて労働生産性、ひいては潜在成長力を上げるために必須だと僕は思います。また、介護離職や子育て離職を防ぐため、待機児童問題や介護問題に取り組むことも必要です(ただし、これは「働き方改革」ではない)。

一方、副業の促進・高齢者の雇用など他の論点や、単に契約社員と正社員の待遇差をなくすなどというのはやや表層的であり、経済に対する効果のほどは怪しいものです。この連載で是非そういった点に光を当てて欲しいと思います。
本日から7日間連続で安倍総理肝いりの「働き方改革」で我々の賃金、待遇はどう変わるか?について、20社以上の取材により、浮き彫りにしていきます。年末は、ご自身の一年を振り返る時期ではないでしょうか。来年の仕事について考える上でも、ぜひお読み頂けましたら幸いです。
同一労働同一賃金踏まえた良記事。
確かに自己啓発格差は実感大。一方で人材供給者でもある派遣業ビジネスモデル将来も気になるところ。
ソリューションとしてはHRtechか。
何かの記事に「働かせ方改革」という言葉がありましたが、労働者が自発的に「働き方」を選ぶという状態より、まだまだ企業が人材確保の一環として、多様な働き方を用意する、という文脈で語った方が実態に合うと感じます
そのためにはやはり雇用の流動性がとても重要で、より良い「働かせ方」をする企業に人が集まるという、労働市場の真の意味での「市場化」が必要でしょう
一方で「市場化」が意味することは、そこに流通する「財」(ここでは人)に値段がつくということ。「格差」というと煽りっぽくて好きではないですが、能力に応じた差はついていくことは不可避でしょう
そもそも日本はこれまでが諸外国と比べて生産性見合いの賃金が支払われにくかったことに問題があると思います。生産性見合いで格差がつくことは決して悪いことではないでしょう。
年功序列、終身雇用をベースとした日本型雇用システムは必ず終焉を迎えます。

中期的にみれば、特にホワイトカラーの仕事の多様化.KPIの多様化と明確化、正規・非正規の撤廃、などにより実力ある者とそうでない者との、これまでとは異なる格差が生まれ、今よりも大きな格差になると予測します。

これまで以上にデキル者とデキナイ者の差が広がります。経済格差は今よりも激しくなると思います。

長期的には、多くの仕事は、ロボティクスやAIに代替され、ルーティンワークをこなすホワイトカラー労働力は全て人の手を不要にします。

この際に、クリエイティビティのある者とない者との格差が明確かつ顕著に現れると予測します。

完全なる実力社会の幕開けです。
副業の自由化は良いことだけれど、副業の「推進」は総労働強化や単位時間賃金の低下を誘発するので、大反対です。
働き方改革は、NPOにとっても大きな意味があります。
NPOは専門人材をフルタイムで雇用する余力がありません。ボランティア/プロボノでは、NPO側が指示できない課題があります。副業によって、多様な人材が集まり、NPOのレベルを底上げするでしょう。また、副業経由でNPOにコミットする人材も増えるはずです。
副業の方に多くきて頂けるように、私自身は、平日を一日休みにした上で、土曜を通常勤務にしようか・・なんて考えています。
この連載について
長時間労働の是正や在宅勤務など「柔軟な働き方」を推進することで、うつ病や過労自殺などを防ぐと同時に社員の離職率を下げ、生産性を高めるーー。今、政府の号令のもと、各社「働き方改革」に注力している。しかし、たとえば在宅勤務が認められるということは、その分結果が厳しく問われるということと同義だ。 会社に行きさえすれば給料が支払われた牧歌的な時代が去りつつある今、結果を出せる人と出せない人との間に生じる「働き方・格差」とは? 本特集では、今後、ハイパフォーマーと普通の人との間で生じるであろう待遇差について、深掘りしていく。