新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

381Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
部下が、久しぶりに訪ねてきました。

「神田さん、私、いま午後5時には定時で会社が終わりますから、その後は、仕事、なんでもお手伝いできますよ」という。「副業OKですから…、なんら問題ありません。あと十分、生活できますから、お金もこだわりません」とのこと。

ひえー・・・。こちら側には、ありがたい提案だけれど・・・、
しかし、雇用先の会社は・・・?

というのが、私の率直な感想だった。

不思議なことに、副業するひとたちは、自分が成長できると思える仕事を選ぶ。そして、そこにいるときに、生きがいを感じる。本業は「労働」なのだが、副業は「癒し」なのだ。

ということは、大企業で副業したい優秀な人たちを集めて、「癒し」の仕事をつくるマイクロカンパニーが発展するのではないか?

「2023年には、会社がなくなる!」との予想を、2012年に上梓した本で展開しておりましたが、本格的に、いままでの価値観に基づく、硬直的な「会社」が崩壊しはじめましたようです。
職務形態は、昔は一生一社勤務、今は一生数社勤務、将来は同時に数社勤務になる。制度的には、企業が動き始めた。しかし、この変化の中で最も大切なのは、自分のキャリア設計を自分一人で構築する事だ。一生一社時代は自身でのキャリア設計はご法度で、全て会社の指示に従わなければならなかった。その体質のままで新時代に突入すると失敗する。自分で自分のキャリアを構築し、必要なスキルは自分から取得し、絶えず見直す自律性を重視した社会的意識も醸成する必要がある。
在宅勤務と副業は根本的に違うものだと思います。在宅勤務、ないし、柔軟な勤務体系は、特に頭脳労働者の場合には有効です。

ただし、仕事をしている姿が確認できないために、実は上司よりも同僚からのやっかみを受けやすいというのが僕の会社の経験です。また、そうはいっても、コアタイムに設定とか、週に1-2回は短時間でもface to faceの会議を持たないと、情報共有に支障が出るうえ、暗黙知の共有化もできません。

一方の副業は、これも正社員としての仕事をちゃんとやっていればいいじゃないかという考え方もあるでしょうが、経営者として言わせてもらえば、もしやるなら、ボランティアでやってほしい。お金をもらうプロフェッショナルであれば、自分の仕事をまず完璧に仕上げて欲しい。副業で疲弊するとか、家庭崩壊するようなことがあっては本末転倒です。
副業を解禁したことで話題のロート製薬には、社内副業といいますか、例えば、営業の人が仕事の2,3割は人事の仕事にするーーといった部署をまたいだ掛け持ちを認める制度もあります。こうした施策により、「人生100年時代」社員のスキルが多面化するように支援しているのです。チャレンジングで有意義な取り組みなのではないでしょうか。
また、最近では大手を中心に、在宅ワークを認める企業が増えています。NewsPicks編集部では、こうした大手企業にその実施状況について聞きました。是非お読み頂けましたら幸いです。
同じ仕事でも、理不尽な上司とビクビクしながら遂行するのか、リーダーシップのある上司と遂行するのかで受けるストレスレベルは異なり、当然に後者の方が生産性はアップすることが期待されます。在宅勤務により生産性がアップするという勝算があればどんどん受け容れるべきでしょう。

ただ「残業時間のみに在宅勤務を認める」という部分に、それって持ち帰り残業じゃん、とツッコミを入れたのは僕だけでしょうか^^;
テレワークにより管理職の負担は増します。これは確実です。管理職のスキルや生産性をもっと上げないといけないと感じます。その代わり今までの制度では退職せざるを得ない人たちやモチベーションが下がってた人たち、外の優秀な人たちから間違いなく評価されます。既存社員の満足度を上げ、採用しやすくなるでしょう。
問題はそのポジ、ネガに時間差があることです。経営者の本気度にかかっています
国土が広いアメリカではそもそもテレワークに対する抵抗感が少ない、日本は全てが近いから抵抗感が高い、必要によっては使い分けるという方向性は悪くないように思えます。

ただ手放しで賛成できないのは、自分を律して、仕事や自分自身にも責任を持ってできる人がそんなに多いとは思えません。こういう観点から日米の安易な比較で全面的に真似る必要は私は全くないと思います。

能力があって、何らかの理由で、一定の場所で働くことが難しい時に、条件付きでテレワークを可能にする、これによって多様性を持たせる、あくまで自社にあった姿を模索することが非常に重要なんだと思います。
副業をし、組織やセクターを越境することの効果は、
「自分の仕事の社会価値とは何か?」という問いと向き合う機会が得られることにあると考えています。

自分の場合は、企業とNPOの両組織に関わっています。
本業(広告代理店)での広告プランニングの知識は、予算が限られているNPOではそのまま活かせません。
そのため、広告に捉われず、顧客を動かすためのアイデアを考えるようになりました。

マーケティングというもう一つ大きい概念で自分の仕事観やスキルセットを、自然と見つめ直す機会になったのは、NPOでのプロボノだなと感じています。

お小遣い稼ぎのために副業をするなら反対です。
自分磨きのために副業が推奨されると上手くいくのではないでしょうか?
所謂ホワイト企業が政府方針に乗っ取り働き方を多様化していくことと、薄給や借金や学費負担や家族問題などで副業せざるおえない人、在宅勤務せざるおえない人の乖離がひろがり続けています。
テレワーク推奨してます。但しよほどのルーティン業務か高度な自己簡潔仕事でない限り、積極的にコミュニケーションを取る努力をしないと情報キャッチアップができず逆に無駄な仕事をしてしまうケースも。
業務の切り分けを個人がうまくできて生産性が見える化されるとよりよいですね。
副業についてはいづれどれが本業か分かりづらい状況も生まれるかと。本副に依存しない社保の仕組みも必要。
この連載について
長時間労働の是正や在宅勤務など「柔軟な働き方」を推進することで、うつ病や過労自殺などを防ぐと同時に社員の離職率を下げ、生産性を高めるーー。今、政府の号令のもと、各社「働き方改革」に注力している。しかし、たとえば在宅勤務が認められるということは、その分結果が厳しく問われるということと同義だ。 会社に行きさえすれば給料が支払われた牧歌的な時代が去りつつある今、結果を出せる人と出せない人との間に生じる「働き方・格差」とは? 本特集では、今後、ハイパフォーマーと普通の人との間で生じるであろう待遇差について、深掘りしていく。
ロート製薬株式会社(ロートせいやく、英称:ROHTO Pharmaceutical Co., Ltd.)は、大阪府大阪市生野区巽西に本社を置く、日本の製薬会社である。東京証券取引所の第1部に上場している(証券コード:4527)。 ウィキペディア
時価総額
2,228 億円

業績

味の素株式会社(あじのもと)は、日本の食品企業である。「味の素」は、同社が製造販売するL-グルタミン酸ナトリウムを主成分とするうま味調味料で、同社の登録商標(登録番号第34220号他)。同社の製品には「味の素KK」のブランドが表記されていることが多いが、実際の英文表記はAjinomoto Co., Inc.である。 ウィキペディア
時価総額
1.32 兆円

業績