新着Pick
183Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
現地の人の英語能力不安だから利用にも躊躇しちゃう、他国に比べると
人気 Picker
価格が半分なら、品質が悪くても、一気に市場は広がる。だから全世界市場を狙わなければ、ローカル会社がコピーをはじめてしまい、あとから追いかけることは難しい。設備投資は極めて少ないために、これは論よりもスピード重視の戦略が正しい。
中国規制が弱いのはまだ規制するほどの規模になっていないためで、長期では間違いなく規制される(いい影響か悪い影響かは別として)。

AirBnBとしては、入り口を他者に取られると中国人が海外に行く時も使われなくなる可能性があり、長い目で見てしっかり根ざすということなのだと思う。
これは非常に正しいマインドの持ちような気がします。

外資のITサービスは中国では軒並み苦労しているので、是非頑張ってほしい。
普段は、日本のメディアの嫌中感に溢れる論調に反対して、少子高齢化と人口減で今後の見通しが厳しい日本としては、「如何にチャイナマネーと中国市場を上手く使う」かが肝要と、色々なところで説いています。

しかし、ただでさへホスピタリティー精神に乏しい中国人ゆえ、個人的には、中国のAirbnbは使いたくないなぁ!
これまで中国進出を失敗した企業と同じ轍を踏まない様に万全の体制を整えようとしている。ただ、指摘されている様に、文化の違いをどの様に超えるかは重要だと思う。日本では、訪日外国人をターゲットに拡大していくイメージは持てるが、中国ではまだそこまで観光で宿泊施設が不足している印象もないし、記事にある様に比較的安価な宿泊施設が多い様だ。仮に中国で成功すればAirbnbの価値はとてつもなく上がりそう
ヘンテコトラブルが心配だけど、生身の交流が増えて相互理解が深まるといいですねー。揉め事はだいたい「互いを知らない」ことから始まるから。
いよいよ来ましたか。明らかに市場規模の大きく中国市場は大きな魅力のある未開の地です。
カントリーリスクを見誤らなければ確実に成長するでしょう。
ブラジルでもそうですが、新興国では貧富の差が激しいのでAirbnbで泊まる場合に設備やロケーションに結構な差が出てしまう。なのでOYOとairbnbの間みたいなエージェントが入ってるところが管理業としてビジネスを広げています。
Airbnb(エアビーアンドビー)は、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立された、 サンフランシスコに本社を置く、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。 ウィキペディア