新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

89Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
中西孝樹PRO
寄稿ありがとうございました。
来年も、宜しくお願い致します。
--------------
自動車業界に大きな変革をもたらしたのは、テスラでもGoogleでもなくVW不正問題。
自動運転とEVによる操舵制御の親和性は高い。内燃機関の寿命が縮まり、電動化と併せて知能化の波が急速に訪れるでしょう。
2017年の早い段階でトヨタとスズキの提携が具体化すると思う。これは国内自動車産業の歴史的転換点、大いに注目する。あと、本文に大胆に入れてしまったが、2025年で電気自動車の普及率はわずかに5%程度と考える。これは電気自動車ブームの自動車会社、特にVWの考えと徹底的に対立する見方である。トランプ新大統領の通称政策の展開も2017年の重大な問題となりそうだ。
ホンダがどうなるのか?
純粋な意味での日本資本はトヨタ陣営だけになるかもしれませんね。
ホンダについては、どのみち単独では生きていけません。業務提携から資本提携に発展する可能性は常にあります。相手は自動車メーカーか、IT企業か、はたまた?
「完成車メーカー」の定義の変化の行方も気になるところ。
さすが中西さんの包括的なビジョンは勉強になります。
本田が孤高であることは今の所大きなディメリットとして作用していないのが本田たる所以のような気がする。
テスラがモデル3の前金を40万人から15万円を製品の開発前に集めたことは衝撃的な出来事でした。だって今までの自動車業界の「時間をかけて投資を回収する」というビジネスモデルではあり得ないことを実現してしまったのですから。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。