なぜデバネズミの寿命は30年で、ハツカネズミはたった3年なのか? グーグルからスピンアウトしたアンチエイジング研究企業のカリコは、老化の原因を突き止めるのに十分な15億ドルの資金がある。
老化研究の「ベル研究所」を作る
サンフランシスコの外れにある研究所で、大量のハダカデバネズミが、グーグルの創業者が拠出した資金によって飼育されている。
ハダカデバネズミは名前のとおり毛がない齧歯動物で、成長には厳格で費用がかかる環境が必要だ。ハダカデバネズミはアリのような共同コロニーに住み、女王ネズミに率いられている。
しかし、ネズミに大金が投じられている真の理由は、ハダカデバネズミの寿命は約30年(ハツカネズミより10倍も長生きできる)あることだ。
ハダカデバネズミを飼育しているカリコ(Calico)は、カリフォルニア・ライフ・カンパニー(California Life Company)の略だ。
2013年、グーグルの共同創業者ラリー・ペイジ最高経営責任者(CEO)は、老化の原因を突き止め、あわよくば対処するための長期プロジェクトの遂行に、グーグルはカリコを設立し、資金を投入すると発表した。
カリコのミッションは、老化研究の「ベル研究所」を作ることだ。コンピューター産業の土台になったトランジスターのように、グーグルは(人間にとって有益な)重要なブレイクスルーを見つけることで、人間の寿命を伸ばそうとしているのだ。
3年間発表ゼロ、謎の極秘企業
老化を根本的に遅くできる方法がある、と考えるのは理由がある。
カリコ創業メンバーのシンシア・ケニオン(老化研究担当部長)は、実験室で回虫のデオキシリボ核酸 (DNA) の文字情報をひとつ書き換えることで、3週間の寿命が6週間になることを20年前に示した人物だ。
ケニオン部長の昔のビデオには、死んでいるはずの虫がペトリ皿の上を元気よくクネクネと移動する、身の毛のよだつようなシーンがある。
グーグルの創業者は、老化の手がかりをどこまでも追い求め、トップ研究者のグループに無制限ともいえる資金を提供するために、研究開発会社としてアカデミックとバイオテックのハイブリッド企業を設立した。
カリコは人工知能の専門家であるダフィン・コラーのようなスターを雇用している。グーグルの親会社であるアルファベットと製薬会社のアッヴイから同額の寄付を受け、カリコの銀行口座には15億ドルの現金がある。
しかし、その派手な立ち上げにもかかわらず(タイム誌は「グーグルは死を解決できるのか?」と疑問を投げかけた)カリコは謎の極秘企業のまま、実際、3年間何の発表もせず、ジャーナリストを追い払い、訪問した科学者には秘密保持契約への署名を求めている。
若返りの泉  ルーカス・クラナッハ(父) 1546年作
ネズミ1000匹の誕生から死を記録
米国国立老化研究所のフェリペ・シエラ ディレクター(老化生物学部門)は、カリコは他の研究者を「少々ムカつかせています」という。
「カリコが何をやっているのか知りたいのです。それがわかれば、私たちは他のことに集中できるし、あるいは共同で作業もできます。カリコは研究会社といいますが、一体何を研究しているのでしょうか?」
MIT Technology Reviewは、カリコは会社の地下倉庫にいる大学のエリート研究グループのようなもので、主として基本的な科学実験をしていることを突き止めた。
カリコには100人以上の従業員がいて、南サンフランシスコにあるカリコ本社から約48km離れたバック老化研究所で、酵母や回虫、ハダカデバネズミ等のなじみのない生物の「ノアの方舟」を組み立てて保管している。
デバネズミの違いは何か? お金のかかる、簡単には答えられない疑問だが、潤沢な予算があるカリコなら答えを探せる。カリコは老化の生物指標(バイオマーカー)の探求に、1000匹のネズミの誕生から死までを記録する、7年がかりの研究に資金を投じている。
現時点で、人間の「生物学上」の年齢をタンパク質等の数値で測定できることを証明した実験はないが、発見できれば科学的に有益であり、ビジネスにもなりうる。
オラクルのエリソンも研究に多額寄付
「カリコはあまり情報を明かしません」と、バック老化研究所の科学者でカリコと関わりのあるブライアン・ケネディー教授はいう。
「カリコは、人類が生物学上の老化についてもっと幅広く理解する必要があると思っているのです。カリコは簡単には理解できないことだと認識しています」
「老化の研究には偽医者が多数います。私は自分の言っていることに気をつけるべきかもしれませんが、しかし老化研究はかなり癖のある人々を惹きつけるのです」
カリコのプレスリリースにあるように、老化を「生物学における最も根本的に未解決な問題」だと確信している億万長者は、グーグルの創業者が初めてではない。
オラクルのラリー・エリソン共同創業者は、2013年、自身の財団がポリオ撲滅に助成金を出す以前には、老化を研究する科学者に3億3500万ドルを寄付していた。
投資家のピーター・ティールもアンチエイジングの団体に寄付しているほか、哺乳動物の寿命を根本的に伸ばすことに成功した者に500万ドルが与えられるパロアルト長寿賞もある。
「歳を取る理由」は科学的に未解明
「不老」の難しさは、哺乳動物がなぜ歳を取るのか、科学的に未解明であることだ。
カリコのハル・バロン研究開発担当社長(医薬品開発を率いるためにロシェから引き抜かれた)は、2015年に米国医学研究所に対して、短期間での成功はないと述べた。
「皆さんはかなり長期的な見方をする必要があると思います。ご自身が老化に関わることをしているのかいないのか本当にわかるまで、診察室に駆け込む必要はありません」
175年前は、ほとんどの人々は老化ではなく感染症で亡くなっていた。ワクチンや栄養状態、公衆衛生や医学の全般的な向上のおかげで、豊かな国に生まれた人の平均余命は40年から80年へと倍になり、10年ごとに平均2.5年延びている。
しかし、多くの人が長生きするようになった現在、がんや心臓病、脳卒中、痴呆といった、より治療が難しい、別の死因に対処する時代になった。
老化は、死因につながるすべての病気でも、唯一最大のリスク要因だ。80歳の人は、中年の人より、がんで亡くなる確率が40倍高く、アルツハイマーのリスクは600倍になる。しかし、もし老化そのものを治療し、そうしたすべての死を遠ざけられればどうなるだろうか?
「医学は慢性疾患ひとつひとつを治そうとして失敗してきたのです。失敗してきた原因は、生物学上の老化という、より大きなリスク要因があるからです」
最高の技術、メンバーに最大の資金
カリコのデビッド・ボツスタイン最高科学責任者(CSO)は襟まで届く白髪交じりのあごひげに覆われ74歳の男性だ。プリンストン大学の遺伝学者として高名だったボツスタインCSOは、引退間近にカリコに誘われた。
11月、マサチューセッツ工科大学(MIT)のホールで、カリコで進行中の実験に関する講演があり、この貴重な機会を逃さずに取材することにしたのだ。その日、ボツスタインCSOは60歳になる成功した元学生の誕生日を祝うために街に来ていた。
「古い友人に会いに来るのは楽しいことです。彼らが60歳だったらいったい私は何歳なんだ?という点は嬉しくはありませんが」
ジ・エイジズ・アンド・デス ハンス・バルドゥング・グリーン 1541-1544年作
講演でボツスタインCSOは、カリコが持つ、娘細胞から出芽した酵母細胞を分離するための4つのテクノロジーについて述べた(あるプロジェクトはマザー・エンリッチメント・プログラムというありがちな感じの名前が付けられていた)。
細胞は老化の過程が観察され、ボツスタインCSOが専門とする手法により、どの遺伝子がオンまたはオフになるのかが完全に分析される。
ボツスタインCSOは、カリコはグーグルの意図した通りの会社だという。根本的な問題に、最高のメンバーと最高のテクノロジー、最大の資金で取り組むベル研究所なのだ。
「お金を追いかけることを考える代わりに、グーグルは我々に非常に気前のよい額の資金を提供してくれ、人類は老化についてほとんどわかっていない、という事実に対処することを望んでいるのです。老化の理解は難しい問題です。ニーズはあるけれど、何もできていません。まさにラリー・ペイジが考えていることそのものです。おそらく、カリコが取り組むようになるまで、誰も十分に注意を払う立場にはいなかったのです」
「シールドダウン、シールドアップ」
ボツスタインCSOは、誰も永遠に生きるつもりはないという。不老不死は熱力学の法則を無視する永久機関や永久運動のようなものだろう。
しかしボツスタインCSOは、ケニオン部長の回虫の実験は、寿命を操作できる可能性があることの「完璧な」例だという。飢餓に近いくらいに食事制限されたネズミが、約45%長生きできる事実もある。
ボツスタインCSOの実験は、細胞が生じさせる根本的なトレードオフに酵母細胞が関係していることを詳細に述べている。
好ましい状況で、食べ物がたくさんあれば、それらの成長は速い。熱や飢餓、老化のようなストレスにさらされると、それらは生き抜くために避難し、成長が遅くなり、しばしば通常より長生きする。「シールドダウン、シールドアップする」とボツスタインCSOは表現している。
このようなトレードオフは、栄養素に反応する生化学的経路を通じて処理される。ひとつはTOR、もうひとつはインシュリンが関わっている。そのような経路はすでに科学者によって探求済みだったが、カリコは最新のテクノロジーで見直したのだ。
「我々の取り組みの多くは、いくつかの学説を検証して覆そうとすることです」とボツスタインCSOはいう。
現在までの老化に関する科学の多くは、「一回の食事で摂取すべき塩化ナトリウムの適量」のような形で理解されている。そうした形で若返りに効果があるとされる分子(赤ワインに含まれるレスベラトロールなど)は発見当初どおりに効果があると証明されたことがない。
「重大な何か」を10年以内に世界へ
ボツスタインCSOによると、老化の研究はまだ、本当に大きな発見を待っている段階なのだ。想像してみてください、とボツスタインCSOはいう。ウイルスが何なのかもわからずに医者が感染症と戦っていた時代があった。
また、1960年代のがん研究を思い返せば、当時、学説は数多くあった。しかし、科学者に何が腫瘍の原因になるのかの真の理解を初めて与えたのは、発がん遺伝子(細胞をがん細胞に変えてしまう特定の遺伝子)の発見だった。
「カリコが探求しているのは、何よりも、そのような変化に貢献できるものだと思います。人々が長く健康的な生活を送れる方法を見つけたいです。しかし、いくらかかってどんな方法であれば……ええ、それがわからないのです」
ボツスタインCSOは、カリコが重大な何かを10年以内に世界に提供するのが「ベストケース」のシナリオだという。なぜカリコがメディアの取材を辞退しているのかは、進捗の遅さが物語っている。
「科学的なことのちょっとした進展を除けば、しばらく何もお伝えできることはなさそうです。それが問題ですね」
大きな発見にたどり着くまで、カリコは専門知識と技能を徐々に増していくのだ。ボツスタインCSOは、カリコは正式なゲノム地図の正解を参照せずに、ヒトゲノムをゼロから解読できることを実証したという。コンピューティングへの投資とノウハウが相当に求められる困難なタスクだ。
しかしカリコは正しい解決策を見つけて、ハダカデバネズミのゲノムを正確にマッピングできると確信している。実際、その作業は半分完了しており、デバネズミの遺伝子の構成を正確に理解できれば、長寿の手がかりがわかるかもしれない。
「我々がしていることの多くは、テクノロジーの開発です。面白くありませんし、面白くなるはずもないのです。自分の足をもう一方の足の前に置けば、自分でつまずくことはない、というような感じですね」
※ 続きは明日掲載予定です。
原文はこちら(英語)。
(執筆:アントニオ・レガラード/MIT Technology Review 医学生物学担当上級編集者、写真:marcomaccolini81/iStock)
This article is provided by MIT TECHNOLOGY REVIEW Japan. Copyright © 2016, MIT TECHNOLOGY REVIEW Japan. All rights reserved.
この記事は、株式会社KADOKAWAが、米Technology Review社との許諾契約に基づき、再許諾しました。一部の見出し、写真等は株式会社ニューズピックス等の著作物である場合があります。