新着Pick
175Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国撤退でも損失先行。プラットフォームポジションとるために腹括っているとも言えるが…実際に腹を括らされているのは、その膨大なキャッシュアウトに付き合っている投資家ともいえる。下記CrunchBaseでみると、87.1.億ドルをこれまで調達となっている。ただここ2年で50億ドル程度燃やしているわけで、今四半期も8億ドルの損失。CFの状況分からないが、おそらくは相当なキャッシュアウトだと思うし、まだいくつかラウンドをしてくるのでは?
ユニコーンバブルの崩壊という言葉もあるが、バリュエーションがどうなっていくだろう…
https://www.crunchbase.com/organization/uber#/entity
『ウーバーは昨年、少なくとも20億ドルの損失を計上し今年は損失が30億ドル以上に膨らむペースだと言われている。』
Uberの累損はとても大きい。よく投資家が付き合っていると感心する。
もっとも、amazonも黒字化するのに7年かかったわけですが、、、。
損失の桁がすごくてびっくりするけど、個人的にはもっとどんどんせめて欲しいです!
Uberは今年夏に中国から撤退したが、それ以外の国でも売り上げは上がるものの、利益にはつながっていないようだ。7-9月の寝室が8億ドルあまり。
ウーバーは乗客よりもドライバーを向いたお金の使い方をしている。
ウーバー危機が起こらなければいいけど
大きな損失を出しつつ売上を拡大しているUberは、いつになったら収益プラスになるのだろう。。。
Uber(ウーバー)とは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア