新着Pick
226Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
夢があっていいんですが、問題は時差ですね。

東京20時発だと、サンフラン着は東京タイムの午前1時半、向こうの朝8時半で、一見すると丸一日使えますが、フライトタイム5時間半では、睡眠をどうするのかが問題です。

では、東京朝イチの8時発で、東京タイム13時半サンフラン着というのはどうかというと、向こうでは前日の20時半。ビジネスどころか、ディナーも無理です。

機中泊という概念が消えるので、弾丸出張には良いですが、それ以外にはあんまり効率的ではない訳です。もっとも、時差のない南北移動の場合は威力を発揮しますね。日豪間とかは、ものすごく便利になります。
学生時代に、極超音速(マッハ5以上)で飛ぶ航空機の研究をしてました。東京-ニューヨーク間を2時間で飛べるんですが、いかんせん燃費が鬼悪い。音速付近になってくると局所衝撃波が立ち、揚抗比が劇的に落ちていくんですよね。物理法則は変えられないので、人類は困ってしまいました。

ちなみに最新のB787は、マッハ0.85で飛ぶように設計されており、局所衝撃波が立たないギリギリのラインを攻めて、できるだけ燃費良く、かつ、できるだけ速く飛べるよう設計されてます。
西海岸まで5時間半は凄いですね。騒音のために海の上を飛ぶ便を想定しているとのことですが、太平洋に面した日本は得かもしれませんね。ハワイとかオーストラリアとか。就航するかは分かりませんが。
まぁその前にこの値段設定だと、僕なんかはまだまだ乗れません。。。
SSTがコンコルド以降に実用化されていないのは、ソニックブームと言われる衝撃波に由来する騒音のため。
近年、ソニックブームを低くするSSTの開発がようやく進んでいるものの、小型機で何とか騒音を低減できそうといったレベル。
相応の乗客を乗せて大陸を渡るSSTとなると、残念ながらまだまだ先の話だ。
できたら嬉しいな
夢があって良いですね。
でも、現実問題として、就航場所としてはアジアだと、中国かシンガポールなどでしょうかね。成田、羽田は外されそうですが・・・。
とりあえず凄い。
技術的課題や実現するための障壁は多いが、これは是非実現して欲しい!あとは、時差ボケを軽減か解消する技術か?
おお、これでサンパウロから東京に13時間くらいで行けるようになるかな。
リアルどこでもドアに一歩近づく