新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

508Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
2016年大予測でも記事を書かせて頂きましたが、予想を上回るスピードと変化が本年中に起きました。かつては、工業社会→知識社会と言われていました。しかし、知識社会が実際に起きてみたら、デジタル化が加速化することで、限界費用ゼロ社会に置き換わるということなのだという認識を改めてしました。

でも、限界費用ゼロ社会への移行には、様々な反作用が発生します。反作用の強烈な強さをBREXIT、トランプ大統領は表しているのでしょう。

封建社会から工業社会にシフトする間に起きた社会変化と同様のことを、今回も人々は取り組まねばなりません。そして、今回は数世代をかけるのではなく、1世代の間の取り組みとして。

2017年はFuture Societyを語り、創っていく元年にしましょう!
本年もお世話になりました。それでは、よいお年を!
はいはい。そんな世界を見据えた上で活動している場が堀江貴文イノベーション大学校です。
「グローバル化が減速する一方で、デジタル化はますます加速し、限界費用ゼロ社会になる」というのが現実に起きつつある事象であるものの、そういう大きな変化に対して、大多数の人間の思考回路や組織の行動が変わるスピードは極めて緩慢だというのが経験則ではないでしょうか。滅び行くものであるとなんとなくわかっていても、目先の既得権益を守りたいのが人間の性(さが)。限界費用ゼロで提供されるサービスが増えてもーたとえばブロックチェーンの優位性が確立してもーやはりレガシーな事業システムを提供していた企業(たとえば銀行)はそれ(全銀システム)を守りたがる。

大きな政府がいいかどうかは別にして、時代の転換期において規制を緩和し、イノベーションを促進するところに政府が介在する余地があると思います。また、一方のヒトの生き方のレベルにおいても、ベーシックインカムの導入をはじめ、社会として、政府として考えなければならない。自発的な革命・イノベーションは、放っておいたら緩慢になってしまうからです。
内容的はその通りであるが、最も大切な論点が欠けている。貨幣で測定できる価値を超える価値が認識される中で、その価値をどの様に測定するのかの問題が解決しない限り、新しい価値観共有には大きな抵抗勢力が生まれ、社会の動きは鈍くなる。
資本主義社会から限界費用ゼロ社会に移行する大きな流れには同意だけど、2017年に本格的に到来するかは疑問。移行のカギは、変化の緩やかな社会システムを破壊するテクノロジーであり、その注目株であるブロックチェーンの成熟にはもう少し時間が掛かりそうなので。
ただ、社会の変化は緩やかでも、個人の変化は自分次第なので、「自分はどう生きたいのか?」を問うのは大賛成。
そういえば、あらゆるものの限界費用がゼロで、お金の心配を全くせずに過ごせた時代が私の人生にもありました。赤ん坊時代です。あらゆる価値は両親が産み、私の欲求を満たしてくれた・・・ 生理的欲求が中心だったでしょうが、私はきっと幸せだったはず。
限界費用が無くなるということは『自らの成長、あるいは経済的豊かさの実現にモチベーションを感じたり、家族を養うことに生きがいを感じたりする』土台が消えるということで、『民主主義と資本主義の両輪のバランスが崩れていること、もはやその上に社会の均衡がない』との説明も納得です。とはいえ、新たな仕組みがそれより良いとも思えない不安定な動きの中で、少なくとも民主主義と個の自由を保障する枠組みはしっかりと残って欲しい。
AIがあらゆる生産システムを自ら主導して食料まで提供してくれる究極的な「限界費用ゼロ」の時代になれば、親(AI等)がお金不要であらゆる欲求を適えてくれる赤ん坊時代に人類全体が戻るようなもの。基本的に、幸せなことであるはずです。ただ、大人になった人間は、生理的欲求の充足だけでは幸せに生きられない。
『「自分がどう生きたいか」を持たない人は、本当の意味での豊かな人生を送ることが出来なくなってしまうのだ』・・・・ベーシックインカムといった分配の仕組みと、生き甲斐を見つける知性を涵養する仕組みが重要な時代が迫っていそう、と感じさせてくれる記事でした。
限界費用ゼロ社会どころかベーシックインカムへの議論すらまともに議論にならない日本。いよいよ、「何も起きずにゆっくりと茹で上がる。」状態に近づいている気がしてなりません。
行動で抽象的な仕事をする高額報酬の人たちは、経済をどんどんAIに置き換えていきます。投資家から巨富を集め、ベンチャー事業でじゃぶじゃぶ赤字を流しながら、さらにAI化を進めます。すると彼らの、次に続く人々の仕事を奪います。

限界社会0に至るまでは、ほんの一部の企業は街を変貌させてしまうほどの経済圏をつくりますが、長期的にみれば、「自分たちの墓を、ものすごいスピードで、自分たちが掘っている」ようなものです。

その流れにあえて、はいこまない人たちがいて、この人たちは、
実は安定して高額報酬を得ていることが、次第に社会的に明らかになっていきます。

すると2018年には、「AI疲れ」という言葉が流行るようになります。
だから、いまから「人間は、どこに向かうのか?」という問いをもってビジネスをやっている人は、自分のあとに続くものたちの墓場を掘り続けることなく、安寧な事業を作ることになると思います。
本記事を読み、限界費用ゼロ社会について、緻密な論理実証モードにとらえるよりも、直感的な物語編集モードでざっくりとつかむ方が本質に近づくと感じた。その象徴が、次の一文。

「今回のイギリスの国民投票であれ、大統領選であれ、情報に対して慎重なはずの知識人のほとんどが、EU離脱、トランプ出現を現実に起こりうるのものとして予測できなかった。私もそうだったが、明らかに『気配』は感じていたにもかかわらず、可能性は論じたものの真っ向から受け止められなかった。」(記事引用)

「気配」は五感プラスアルファの感性(センス)を統合しないと見過ごす。合理的説明を一度遮断し、象徴的にいえば、「天」と「地」の中間に自分がメディア(霊媒)として存在する形態に戻る必要がある。そんなことをぼんやり思っていたら、なぜか「ソクラテスと豚」というワードがふっと浮かんできた。

調べると、「肥った豚よりも痩せたソクラテスになれ」は誤りで、原典のジョン・スチュアート・ミル『功利主義論』には、「It is better to be a human being dissatisfied than a pig satisfied; better to be Socrates dissatisfied than a fool satisfied. 満足した豚より、不満足な人間がよい。満足した馬鹿より、不満足なソクラテスがよい」と記されているという。
http://www.co-media.jp/article/8593

限界費用ゼロ社会は、「ソクラテス・モデル」がはじめて万人に開かれる社会となるだろう。真に人間らしく生き、存在の本質(イデア)に触れる至福の時代。そのビジョンを精神面の充足だけでなく、物質面の充足とセットで満喫できてこそ、真の社会変革といえる。痩せたソクラテスや不満足なソクラテスでなく、心身共に満たされたソクラテス。そんな2017年の初夢を見たい。
限界費用ゼロ社会って、単なる生産性の向上なんじゃないかなあ。

あらゆるものは自動化できると思いますが、自動化を達成するころには自動化しようとしてたものの価値がなくなるように社会変化のスピードも上がってるので、結果的に「全てが自動化されている状態」は起こりえないと思います。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。