新着Pick
111Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
子供の頃から、大きい機械は無条件で好きです!(笑)
この後ろで開けるようにするというの、構造的には一回そこで破断させるわけで、構造強化とか相当に大変そう。これは特殊構造だが、それ以外に747はFと呼ばれるコクピットの前のところが開くフレーター(貨物機)もある。
なお、同じように巨大なA380は、フレーター含めて貨物機がない。そこらへんの構造を変えるのが難しい?Airbusも部品輸送のための機材(ベルーガ)があるが、現在はA300-600Rベースで、2019年就航予定の次世代機はA330ベース。
https://newspicks.com/news/1168486?ref=user_100438
重厚長大物は大好きです。目の前で見たときに圧倒的なスケール、それを動かす生産技術、そして匠の技術。組立前は巨大な鉄にしか見えませんが、鉄には熱応力が加わっているので、溶接をするにも鉄の部位によって条件が違います。その為、航空機などの形状を設計図通りに製造するのはとても難しい。そんな苦労をして造られた航空機部品を、キズ一つ付けずに輸送するのもまた技術。キズや打痕を付けたら部品として使えません。とても緊張感の必要な作業になります。日本の物流技術もまた、輸出大国としての誇りですね。
でか!
セントレア内に展示スペースができるとか。見てみたいなあ。
やっぱり旅客機はカッコいい。
大きい機械、大好きです!
勉強になりましたー!
株式会社SUBARU(スバル、英語: Subaru Corporation)は、日本の自動車などを製造する重工業の会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.55 兆円

業績

中部国際空港株式会社(ちゅうぶこくさいくうこう、英語: CENTRAL JAPAN INTERNATIONAL AIRPORT COMPANY, LIMITED、CJIAC)は、1998年5月1日に商法上の株式会社として国土交通大臣・愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市と民間企業などの出資により中部国際空港の設置および管理を目的として設立された会社である。主に中部国際空港の運営や管理を行う。 ウィキペディア