新着Pick
521Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
全員が非難していた時に一人だけ100億円超を寄付して隠れ支援でなく高らかに支援表明し、ゲイをカミングアウトしてまで応援演説をした、ティールの圧勝、それを見事に一発の映像で表しています。まさに自著ゼロトゥーワンの「賛成する人がいない大切な真実」を一人だけ知っていた男、トランプ政権の最大の政商でありブレインとなるのでしょう。

あのラリーペイジですらもネクタイを締めているのに、一人だけノータイで、一番上座に座り、大将に手をニギニギされながらべた褒めされ、時価総額世界一のクック、2位のペイジらを向こうにして大統領に「君らなんかあったらピーターに電話しなよ」と言わせています。
一社だけ未上場の、他よりはるかに格下のパランティア社が呼ばれているのもティールが創業し大株主の会社だからです。ちなみに顧客は米国政府、サイバーセキュリティ戦争においてはかなり重要な役割を果たします。

ツイッターが居ないのは当然であって、ドーシーが批判したからではありません。単にPricelineよりネットフリックスよりeBayより日本のヤフージャパンやリクルートすらよりも小さい会社なのですから当然です。
蛇足ですがティールは著書で「我々は空飛ぶ自動車が欲しいのに手にしたのは140文字だった」とツイッターの社会的意義について皮肉っています。

席順についてはトランプの事ゆえ何も考えてない気もしますが、あえて下種の勘繰りをするならFacebookのシェリルが本来上座にいるべきクック、ペイジ、ベゾスを差し置いて副大統領の横にいるのは、もともとホワイトハウスの住人だった彼女に政権側からラブコールがありやなしや。

記事後半にある通り、これは全体的にセレモニーであり、選挙期間中の激しくやりあった両陣営の融和を象徴的に世間に見せるだけの意図でしょう。実際は今後、個々の政策論でもって是々非々で論争するのだと思います。

この公式ビデオが一番詳しいです。
https://youtu.be/O8WgbcXujTg
全メディアともこれを使っているのでトランプ側が配布しているのでしょう。おかげでどうでもいいイヴァンカ嬢ばかりが映ってますが(苦笑
ピーターティール大当たり。それだけリサーチしてたって事だな。
アメリカと言わず、世界のIT業界をリードする錚々たるベンチャー/起業家達の中に、IBMが入っているのが凄い。

重厚長大系の大型コンピュータ屋であったIBMが、90年代にはダウンサイジングを掲げてサーバー/パソコン屋になり、2000年代にはパソコン事業も売却してハードから離れソフト/サービス屋になった。
歴史的大企業でありながら2回も完全に生まれ変わることによって、グーグルやフェイスブックと同じグループとしてトランプ氏のテーブルに座っているのである。

株主やCEOの権力が絶対的に強いアメリカ流の経営スタイルは、日頃私が指摘しているような様々な弊害もあるが、このIBMの変身のような大変革が可能な点は素晴らしい強みである。
大統領就任後にIT企業を敵にする程、トランプ次期大統領が愚かのはずはない。政治家的に言うと選挙中に支援をしてもらっていない人たちが、次期選挙で応援してくれれば+αとなるのです。選挙がある以上、エンドレスな敵というのは、存在しません。
#福田峰之でした。
ツイッター。。。それにしてもピーターティールの存在感が際立ちますね。
「会談にはツイッター幹部も出席したい旨を申し入れたが、会社の規模が小さすぎで断られたという。また、別のメディアはツイッターが選挙期間中にトランプの絵文字を作ったことが原因だったとしている。」
やっぱりピーターティールでしたか。

”会談にはツイッター幹部も出席したい旨を申し入れたが、会社の規模が小さすぎで断られたという。また、別のメディアはツイッターが選挙期間中にトランプの絵文字を作ったことが原因だったとしている”

トランプはTwitterを活用することで、ミドル層をつかんだというのに皮肉なことです。っていうか、トランプちっちゃいぞ(笑)
ピーターティールがゼロトゥーワン過ぎてすごい
ツイッターを活用して当選した人がツイッターを排除する。トランプ政権のこれからの姿と無関係であればいいのですが‥。トランプ氏の指摘で真正面から受け止めるべきはIT企業がグローバルに稼いだお金をどこに納め、どう使うのか、税金はどう払うのかということだと思います。もっともグーグルやアップルがアメリカだけに税金を納めるとしたら、それはおかしいと世界のネットユーザーは声を上げるかも知れません。富が偏る今の世界、考えるべきは分配の仕方です。
こういう並びの写真を見る日がくるとは想像できなかった(現実的に考えればこうなるんでしょうけど)。
勝利スピーチで述べたように、歴史上最強の米国経済を作り、成長率を2倍にするには、IT業界の貢献が不可欠です。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。ダウ平均株価指数構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
86.9 兆円

業績

Facebook(フェイスブック)は、Facebook, Inc.が運営するインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。「FB」と略されることもある。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
52.8 兆円

業績