新着Pick
171Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自社のことだけを考えるのではなく、中堅・中小企業のことまで考えて、プラットフォームを共通化している点が素晴らしいと思います。これをオリジナルとしてしまうと、規格の統一ができずに繋がらないと、いった事象が生じる可能性があります。プラットフォームが共通化され、マスカスタマイゼーションとする思想はこれから産業界において必要だと思います。
輸送系企業、OEMもティア1も、既存技術の応用として、FAをやるのはよくわかります。でも、各方面と直接意見交換して感じるのは、IoTやら、インダストリー4.0とかいう枠組みの捉え方が「甘い」。出口戦略が見えていない。既存のビジネスモデルから、どのタイミングで、どの規模で本格的に転業するのか。その覚悟が足らないように感じます。ヤマハ発動機のみならず、皆さん社内的な悩み、多いはずです。でも、どこかで思い切ってふんぎらないと、と思います。
ヤマハ発動機株式会社(ヤマハはつどうき、Yamaha Motor Co., Ltd.)は、日本楽器製造(現在のヤマハ)の二輪部門が独立して誕生した、主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。二輪の売上規模は世界第2位であり、船外機やウォータービークルの販売台数は世界首位。ヤマハ発動機サッカー部は、サッカーJリーグのジュビロ磐田の母体である。 ウィキペディア
時価総額
6,276 億円

業績