新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記の言葉には、とても同意する。ただ、下記で見れるが、そもそもROEが5%前後でここ数年推移している。
社会の様々な事業・産業があり、それぞれ競争環境が異なる。高い収益性・ROEを上げやすい事業とそうでないものがある。また事業にはライフサイクルROEの水準だけをもって経営力を判断するのも違うと思う。そして、短期と帖地、収益性と社会性など、時に相反する両方を意識する必要もある。
だからこそ、下記のような考え方をされるなかで、資本コストを賄えていないという現状のROE水準に関してどう考えているのかも、併せて語ってほしかった。
https://newspicks.com/company/SPD0BEAYSFQAE72N?t=chart
『最近、ROE経営の強化が叫ばれている。確かにROEは重要な経営指標だが、それだけをよくしようとするのは危険なやり方であり、そうした利益至上主義的な発想には与したくない。正直なところROE向上だけを模索するような経営はレベルが低いと思う。』
APTSISとKAITEKI。
いいことは言っているんだけど、指している領域が広すぎて、『やらないこと』を判断する軸にすることはできないのでは、と感じるビジョン。どうにかこじつければ、何でも快適さのための製品、と言えてしまう気がする。日本の化学会社って、どこもこんな感じなのだろうか。

一方で6000億円分の事業の撤退、という『実績』は出している。
心の中にはもう少しハッキリとした軸があるということだろうか。

あと、サスティナブル、というのは、三菱化学の場合は何年のスパンで考えているのだろう。
「社内に考え方を示し、理解してもらい、共有して前向きな取り組みを生み出していく」
どんなに良いものが出来上がっても、その考えを大企業で浸透させるには一朝一夕にはいかないものなのだと思います。エバンジェリストというのもとても大切な存在なのかも知れませんね。
株式会社三菱ケミカルホールディングス(みつびしケミカルホールディングス、Mitsubishi Chemical Holdings Corporation)は、東京都千代田区丸の内一丁目1番1号に本社を置く日本の共同持株会社で、日本最大の化学会社企業。東証一部上場。 ウィキペディア
時価総額
1.26 兆円

業績

三菱化学株式会社(みつびしかがく、英文:Mitsubishi Chemical Corporation)は、かつて存在した東京都千代田区丸の内一丁目に本社を置いていた日本国内トップの大手総合化学メーカー。 ウィキペディア