新着Pick
201Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この連載の全体的「仮説」は、「DeNAには今回の問題を引き起こすようなDNAがある」というものだと見受けられます。
その指摘はある程度は正しいのかもしれないけど、具体的な話になると必ずしもすべて納得できないものもあります。
今回の記事は、創業者(オーナー)が事業の中身をよく見ていないこと、具体的なビジネスは「人に任せる」形で行われていたことが今回の事件の原因であることを示唆しているものと理解しました。
具体的には、南場さんが守安さんに「事業ポートフォリオ組み直しの方向づけ」を任せ、守安さんが、キュレーションサイトという名前のメディア事業の運営を村田さんと中川さんに任せていたという構造が想定されていると思いいます。(この想定自身は、他の情報から見てもかなり事実に近いと思われます。)
しかし、そもそもオーナーが実際の経営を誰かに任せるということは、企業の成長にともない他にも例示できると思う。そして、それらのすべての企業で不祥事が起きるわけではない。したがって、今回の問題は「任せる経営」に問題があるのではなく、任せ方あるいは任せた後の「モニタリング」システムに問題があったと捉えるべきだと思います。
ちなみに、これは経営学では「プリシパルーエージェント」問題と言われているものです。

(以下、引用)
「つまり南場の人望や理想の下に人が集まるが、ビジネス上の数字を作り出す局面では、守安を中心にしたマネジメントに決定権が大きく委ねられるという構図だ。そうした繰り返しが、歴史的にDeNAには内在しているのだという。」
「南場の人望や理想の下に人が集まる」のに、マネタイズのためにその理想が別のものに変貌してしまうのであれば、それはやはり企業理念が徹底されていないと言わざるを得ません。もちろん企業、特に上場企業は、株主のために利益を上げなければなりません。しかし、共有価値の創造(CSV=Creating Shared Value)こそが、社会的責任を全うしながら収益を上げる道であり、長期的に株主に報いることになるということを、企業経営者はもう一度確認したい。我々PEも、投資先企業の経営において、きっちりと社会的責任を果たすようにしなければならないと思っています。
ロマンとソロバンとよく言うが、
新卒いけいけ就活生の間でよく比較対象となるリクルートはロマン重視なのに対してDeNAはソロバン重視というのが通説であった。
かくいう僕も2013年に夏のインターン「Studig」に参加したことがあるが、そこで「御社の企業理念って「Delight」じゃないですか、だからそれに沿うような事業領域を考えて、、、」と担当社員に話すと、「いや別にそういう理念はぶっちゃけどうでもいいからさ、そこに縛られなくていいから良いアイディアを出せ」と言われて、お、おうってなった。
ちなみに、本文には入れ込みませんでしたが、WebMDについて調べていたら、遥か昔に1999年に、ソフトバンクが合弁会社を設立していたことが判明しました。

孫さん恐るべし。
WebMDの時価総額は約20億ドル、DeNAは約4500億円。iemoやMERY買収した2014年10月あたりは、約2割低かった。その時に、買収をしていたらどうなるだろうか?
高品質な情報は、それを理解していくれる人にちゃんとした単価で売ることが全てだと思う。理解するためには信頼の醸成が必要で、それはすぐにできるものではなく、一般論として時間がかかる。逆に「やっちゃいけないことを軽視」して、数値ばかりで管理・評価すると、真面目にやるのが馬鹿らしくなる雰囲気となる。時間がかかっても、やりきるには、そこの品質にコミットする人や理念・意義が必要。
一般的にはFTの日経による1600億円の買収が知られているが、SnLという金融に特化したDBサービスをMcGrawhillが22億ドルで買収している。これが、一般ではなく専門特化かつその価値が認識されたサービスの代表例だと思っている。
https://newspicks.com/news/1523881?ref=user_100438
「いつこういう重い情報を、医療情報を(WELQが)扱うようになったのか。愕然としたという事実は、実際ございまして、経営者として非常に不覚であった」との南場さんのコメントは記者会見の中でも最も印象的なコメントの一つだった。

今となっては、南場会長は象徴天皇、守安社長が内閣総理大臣、というイメージの位置付けなので、南場さんが各論までご存知なくともやむなしだが、守安社長が「知らぬ存ぜぬ」はあり得ないし、どうも村田マリさんをトカゲの尻尾切りみたいにしようとしている感じがして嫌だな。

「特定のキーワードを、グーグルでそのまま検索して、検索結果の上位5件のサイトを参考にして構成してください」のようなSEO最優先、正しい医療情報の提供なんて二の次、という運用体制だったことを知らないわけがない。責任逃れをせずに、きちんと正直に内情を告白し、心底反省してマネジメント体制を抜本的に変えるくらいした方が、結果的に支持率回復にプラスになると思います。
医療情報サービスなんてのはじっくり時間をかけて育てないと難しいよ
三上俊輔さんのコメントが秀逸。

企業が成長のために規模を追うのは当たり前。でもその成長スピードの中で、どこかで何かしらの歪みが連続的に生ずる。
それは企業文化の醸成や自治でリスクヘッジはある程度カバーできる。でも、オーナーや経営者のカリスマやリーダーシップで守ることも可能かもしれないが、規模が急激に拡大して短期間で人員も増えると、リーダーの属人的な力だけで浸透させていくのは至難の技だと思う。
創業者の理想と、ビジネス拡大を担う現場の乖離は、どのように起きたのか。DeNA社員らを辿っての取材レポートです。
DeNAはもはやスタートアップでは無いし、かなり前から大規模な組織として経営されていた。

しかし、ここで指摘されていることは、多くのスタートアップにも共通する危険性だろう。創業者の純粋な想いに人は集まるが、実際にはその周りを固める優秀なビジネス頭脳集団が経営を行う。創業者の想いと裏腹に、利益至上主義になった時、その会社は果たして、元の創業者が描いた未来を実現した会社と言えるのか。
この連載について
ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営するメディア事業で、次々と明るみになる、記事の粗製乱造や医療情報の不適切な取り扱い。成長を追いかけるあまりに、上場企業として踏み越えてはいけないモラルを破ったDeNAの、歪みの根源を探る。
株式会社ディー・エヌ・エー(英語: DeNA Co., Ltd.、以下DeNA)は、日本の企業。 ウィキペディア
時価総額
2,890 億円

業績