新着Pick
808Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
最初にこのお話を頂いた際に「これまで出てきた人に較べてなんの実績もない私でいいんでしょうか」とお伺いをしたのですが、貴重な機会だったのでお話をさせて頂きました。70まではバリバリ仕事をするとしたら、35歳はちょうど折り返しで、このタイミングでゆっくり振り返ることができて感謝しています。

親しい友人もあまり知らない話が多いと思うので、お付き合いください。
人はどこで生まれようと、男性であろうと女性であろうと、老いていようと若かろうと、障碍があろうとなかろうと、下請けであろうと元請けであろうと、その身分に上下の差別はありません。あるのは立場の違いだけです。それが僕の信条です。ただ、きれいごとを言っているそばから、そういう偏見に陥りがちな自分が出てくる。障碍児を抱えて途方に暮れる自分もいる。

慎さんの半生から学ぶことは多いと思います。楽しみにしています。
慎さん、私のことにも触れて頂きありがとうございます。信念を持って頑張ってください。
テジュンにどうすれば長距離を走れるようになるのか聞いたところ「最初は1キロしか走れなくとも、一日1キロ距離を伸ばして行けば100日後には100キロ走れる」的なことを真顔で言い、実際に本人はそれをやってのけてしまうような人物。

21世紀の民間の世銀を創れるとしたら、それが出来るのはテジュンしかいないと思う。
同年代で、最も尊敬している人物の一人です。飛び抜けています。
なんというか、独立自尊。自ら道を定め、その道を自ら切り開いている人です。
たのしみたのしみ。
ここに納得。国家公務員→証券会社→ユーザベース/NewsPicksという自分の転職について、よく「なぜ?」と聞かれるけども、こういうことだったのか、と今振り返って思う。

『友人がいつも私に「転職は自分が職場で居心地が良いと感じているときにするべき」と言っていました。居心地が良い職場にいるときというのは、自分が成長しにくくなっている証拠ですし、また気持ちよく働いているときだからこそ、妥協せずに良い場所を見つけることができるからです。』

それにしても、朝鮮学校の様子に関する描写が興味深い。沢尻エリカ主演の「パッチギ!」を思い出す。

合理主義的根性論。頭で合理的なことを考えることはできたり、多少は実行できたとしても、「継続」することが難しい。そこが違いを生むのか。

因みに、二宮金次郎は最近、学校で撤去するところがあると聞きました。歩いたまま本を読むのは危なく、児童が真似するから、という理由だそうです・・・
強い意志と、インテグリティ。慎さんをサポートしたい先輩、同輩たちの多さとその気持ちの強さに、感じいることが何度もあります
みんな書いてますが、私にとっても同世代で最も尊敬する人物の一人です。以前少しコメントしましたが、確か私が司法試験に合格するかしないか位の頃、同世代の若者がブログ上で後に起業のファイナンスを出版した磯崎さんとかに果敢に議論を挑んでいるのをみて、何だこいつはと思ったのが最初。その後も勝手に眺めながら刺激を貰いまくってます。連載楽しみです。
泰俊さん、いつも柔らかい空気をまとっていらっしゃり、誰にも敬意を払われる優しいお兄さん。だけど、会った瞬間にわかる「狂気」と圧倒的な「器の大きさ」を見せつけられ、「あぁこんなにも遠いのか」といつも思わせられます。
ノーベル平和賞をいつ取るのか問題。
自分も慎さんには数回(一度は原宿駅前でランニング中に笑)しかお会いしたことありませんが、慎さんのnoteや日々の投稿から刺激を頂いてます。先日G1カレッジに登壇して頂いた際も、「陽明学で知行合一という言葉がある。行動に表れない思いは、そもそもそれほど強くもないのでしょう。やることと知ることは同じ」と仰っており、これを体現されてるのは敬意の念を抱きます!非常に楽しみな連載。
http://globis.jp/article/5061
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。