新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

1100Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
発表が終わって30分後に、めざとい野村編集者にインタビューの約束をさせられた。こちとら忙しいのに勘弁してよ〜。おがげで、昨日のawabar出勤に2時間も遅刻したよ。
ピクシブの片桐氏をDMMの次期社長に招聘するという衝撃発表から2日後、当事者の亀山氏に取材を行いました。冒頭から「実は、ミクシィを買収し、その傘下にピクシブを収めようと思っていた」という発言が飛び出すなど、度肝を抜かれる話の連続でした。新体制での組織図も判明するなど、ニュース性の高い内容になっています。ぜひご覧いただければ幸いです。
このタイミングでこうした記事出せるNP凄い。他のニュースアプリや、ましてやキュレーションサイトとは別次元で戦ってることがよく分かる。コンテンツを生み出せない、単なる場としてだけのメディアは長続きしない。
なんて面白いんだろう。ちょっと成功した人から時々匂うイヤな感じが全くない。正直。人がついていく理由でもあろう。
「IPOでがっぽり儲けるのが目的化しているヤツや、単にプレゼンだけがうまいヤツなど、いろんなヤツがいたものだ。」「ベンチャーのスピードと大手の組織力・資金力を両取りする必要があった」とか、「最近では片桐を見習い、人を褒めようと頑張っている。家でもカミさんに向かって、「この飯、うめえ!」と口に出して言ったり、たまには玄関先でハグをしたりしている。でも、もともとのタイプと違うから、どうしても褒めるように「努めている」感じが出てしまうんだよね。」とか、どの言葉も、まっすぐ伝わってくる。
同時代の素敵な人。
さすがNPのすごいインタビュー。亀山さんは毎週同じ時間に、欠かさず六本木のawaバーにいるようにしているそうで、それが皆に知られれば勝手に起業家が来てピッチしてくる、と言っていました。
「まあ、毎回飲んじゃうと覚えてないんだけどね」とうそぶいてましたが、こんなしびれるやり取りが行われることも多いんでしょうね。
「ITは分からない」と言うが「ITビジネスを知ろうとする」意欲は人一倍。その上で、エンジニアについてわからない、人に任せられない、褒められないなどの自分の弱みを極めて客観的に把握しながら、その克服方法を常に考えているので、こういう思い切った人選が出来るんでしょう。
成果は正直やってみないと分からないと思うが、圧倒的な創業者でありながら常にこういう思考をもっているのであれば、DMM流世代交代が実現できそうな気がします
経営者にとって金言ばかり。永久保存。読み返す時期によって響く場所が変わりそう。
客観的な自己理解がスゴい。
仕事の場で「褒める」ことができるようになるには、まずは家庭からというところが、さすが亀山さんです。

そして、自分がITの本質は見れないと、人に託すことができるのはものすごい強さです。
自分のできないところを認めることができず、自分で自分でとなっていくと成長できないことが分かっているのでしょう。

多くの人が書いていますが、とても金言が多く、何度も読み返すたびに学びがある記事です。

DMMで働きたいと思わされました。
先日の発表までのきっかけ。ただピクシブや片桐さんの部分より、まずミクシィ買収検討してたという電撃発言が気になってしょうがない!ミクシィに相談していたわけではなかったということで、是非朝倉さんと「もしミク」(もしも亀っちがミクシィを買収していたら)を亀っちの部屋」をやって欲しい!!
今回の社長交代の発表時に、ピクシブとの資本関係がどうなるだろうかという点が最初に気になった。リリース見る限り、今後も独立しているので、アキュハイヤの買収ではないということだが、一方で本記事にある別の買収話が今回の発端だったというのは興味深い。
創業経営者から外部経営者への引渡しで一番難しいのは「何をやらないか」ということ。本記事や東洋経済の記事からも、技術者出身である点やモチベーションマネージメントが上手な点を期待していることが分かる。ただ、現在亀山さんが負っている責任を他の方がやるということは、「亀山さん自身が変わる、何をやらないか、何をあきらめるかを決める」というのが伴わないと、上手く引き継ぎ出来ない。特におそらく未だに大株主でもあろうから、取締役人事権を株主総会で握っている。個人的にはファストリやクックパッドどちらでも、創業者から引き渡されるときに、そこが上手くできなかったから創業者が株主であると言う点含めて戻ってきたという理解。今までも比較的任せていたという点や、どんな事業家というより「ビジネスとして魅力的か」という判断軸で動かれているとこれまでの記事から理解しており、相対的には移管しやすい体制とは思うが。
あとサラッと書かれているが、アダルトの制作事業についてMBOして独立させたというのは興味深い。独立させた理由・意図は何だったのだろう?
こうした意向は直接的に言明されずともどこからともなく伝わるものでして、そうした多方面からの意向を踏まえて全社レベルの大上段の方向性を模索しつつ、事業レベルでは日ごとの意思決定を行わなければなりません。現場は大上段の方針を全くあずかり知らないため、どうしても全社レベルとは矛盾する方向性を目指すこともありますが、ここの整合性を保つ必要があります。
事業不振の最中だと、いろんなオファーが甘く響くものですね。
この連載について
NewsPicks編集部による特別企画を有料でお届けします。
株式会社DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム、英語: DMM.com Co.,Ltd)は、ECサイト「DMM.com」を運営する日本の企業。 ウィキペディア