新着Pick
167Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
【横浜国立大学こぼれ話】
横浜国立大学が参加している、大田クリエイティブタウン研究会は産業観光まちづくり大賞で金賞を受賞しています。記事内でも紹介されている「おおたオープンファクトリー」は今年は3,300人もの来場者があったそう。子供連れの家族や、ちょっと変わったデートをしたいカップルにとって、大田区はもう「工場のある楽しい町」というイメージが根付きはじめているのでしょう。

【筑波大学こぼれ話】
政府のオープンデータの扱い方は、近年大きく変わってきているようです。たとえば、日本各地にある危ない場所を知らせる「ハザードマップ」は今は一般的に公開されていますが、かつては土砂災害などの危険性があることが分かっていても、周辺の土地を持っている不動産屋にとっては、土地が売れなくなってしまうため、公開を控えていたそうです。便利な一方、デメリットも生じることがあるオープンデータとの付き合い方は、地域・社会全体の課題ですね。
人気 Picker
冷静に考えると、人口減少社会において全ての地方を活性化することなんて無理だと思いませんか?
国公立大学などの知見を落とし込める地域など、何らかの核がある地域に有効に資源を送り込むような地域活性化の脱構築が重要であると思います。
(徳島には阿波おどりという世界に誇る文化がありますので、お金持ちの方はぜひ徳島にも投資してください笑
日本を始め、アジアの都市にはほぼ「都市計画」がありません。
欧米の画一的ともいえる都市に対してアジアは「カオス」。もちろんだからこその魅力もあるわけですが、災害には極めて弱いし、時がたつにつれて露見した不便な部分もある。経済的にももっと効率化できるはず。
そこは運用で補うしかありません。
そういう意味で、オープンデータによる取り組みはぜひ進めてほしいところです。
また記事中にあるような各町の問題に、大学がファシリテーターとして入る事例もありますし、小難しいことをやっている人たち、ではなく、大学の研究がどんどん実際的に社会に利用されることを期待します!
ざっくり斜め読みした印象として、ここでもやはり「情報のオープン化」という事が重要視されつつあるのだなと感じました。

僕は常々思っていた事の一つに、建築図書のオープンソース化というアイディアがあります。これまでハウスメーカーを中心として積上げられてきた住宅建設のノウハウを、ライセンス管理と並行してレガシーな技術のオープン化を進められれば、業界はもとより世界中に日本の高度な建築技術のナレッジが広まるのではと。

同様に、都市計画についてもそうした様々な設計図書が役所にはアーカイブされてると思うので、そうした情報もオープンになれば、何か面白い事が起きるのではないかなと感じます。

それこそ、最近流行りのAIにオープン化した設計図書を食わせてみるのも面白いかも知れません。
江頭さんの指摘どおり、日本の都市計画は用法、サイズ、高さ等も規制する極めて詳細なものである一方でなぜ、これほど良くも悪くも統一感のとぼしい都市がうまれるのかはもっととわれてもよい。