新着Pick
241Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
まとめサイトと著作権を考える上でのいちケーススタディ。このあたり、法律系pickerの解説希望
事実には著作権がないということだが、どこまで加工すると「意匠」をもつ著作になるのか。使い方として引用元を明示すれば良いのか、じゃあNAVERは良いのか、NPは良いのか。NPも勝手ピックすれば、引用元の画像が表示されたりするわけだし。
今回の件を叩いている人たちも、このあたり分からずコメントしてる人が多そうなので、是非本記事でも解説希望
【追記】
ファーストpickでしたが、テクノロジーカテゴリーのランクに入りましたね。そうするとバッチリ「浴衣画像」出てますよねー
普通にフリー素材集とかストックフォトサービス使えばいいのにね。それじゃ採算取れんのかな?
まだやってるのか〜という感じもしますが。。まあこういうのは引用とごまかした著作権侵害でしょう。会社や個人が商業利用目的であれば、そもそも引用を使うという考え方はあまりに危険です。元の著作権価値を利用して金を儲けることになりますから。やはり許諾を得るのが常識です。報道や批評が目的であれば、その通りの合理的な方法で使えばまあリスクは少ないでしょうけど。(それでもゴーマニズム宣言とか訴えられてますが)

個人が行うまとめサイトについても個人の私的な複製権はネットにあげる公衆送信まで認めてませんから、基本的には引用の範囲といえるか、検索リンク集の範囲か、複製権侵害か、個々に判断していくことになるかと思います。まあ他人の著作物を並べ立てているだけなら、著作権侵害のリスクは当然あると思いますよ。
米国なら非営利目的の範囲であればフェアユースを主張するでしょうね。日本では引用とキャッシュ、検索サービス等、法律に規定がない限りすべてアウト。
笑い話のような事例紹介。これはひどい。
「大手サイトに転載されると、検索エンジンで自社サイトより目立つ位置に表示されることも。逆に浴衣結に対して「画像を他サイトから転用したのではないか」と疑う問い合わせまであったといいます。」
こうなることはちょっと考えればわかるだろうに。想像力の欠如はなぜ生まれたのか、社内で調査した方が良い。もしくは外部調査委員会を立ち上げるかしたら?
なんとなくの著作権法の相場観。

<テキスト>
「事実」や「意見」に著作権はないが、それらの表現に著作権が発生する。
①別の表現をとることができる文章については、著作権侵害を避ける方法がありうるということ。(類似性が議論にはもちろんなるが)
②表現方法が一つしかない/創作性が認められないようなものには著作権は発生しない。(例:「1868年明治維新が起こる。」という表現には、著作権は発生しない)
→テキストについては、手を加えれば、著作権侵害を避けることができることが多い。

<絵、写真>
デッドコピーはもちろんクロ。似ているものもクロとなる。この類似性判断は一言では言えない。
→法的には著作権者の許諾がいる場合が多い。

<引用>
そのままでは、著作権侵害となりうるものでも、「引用」であれば認められる。引用の要件は厳格(著作権法32条)。

<番外編>
商用なのかそうでないのかは、法的には著作権違反には直結しないが、現実問題としては重要。
DeNAやNaverはITの会社なんだから、自動的にライセンス料支払う仕組みとか最初から入れておいたらいいのに😌
相手が中小零細だったりするともはや収拾つかないし、コピーしている人も大元のサイトからコピーしていないから罪の意識も低いんですかね?難しいところ。
そしてサイトの管理者や経営陣は画像が盗用なのかどうか知る由もなく・・・・。某サイトのような組織的なアプローチとはだいぶ違う対策が必要な気がします。