新着Pick
1191Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事はまさにその通りですね。
私もApple Payの為に、新しくカードを3つ増やしました。
1つはオートチャージ用のビックカメラビューカード、クイックペイ用のセゾンJCBカード、そしてID用の三井住友Amazon マスターカードです。(いずれも年会費は一定額以上使えばほとんどタダみたいなカードです)
まさに、記事に出てきたカード会社とドンピシャり。

今までメインで使っていたダイナースはApple Payには対応していないし、する可能性もないので、使うのは大物の買い物だけ。
普段使いは全てこの3カードに取って代わられました。
又今まで関心もなかったIDやクイックペイもたまに使いますし、特に首都圏に住んでいるので、Suicaの使用率が格段に上がりました。
(因みに日頃使うのはiPhoneではなくApple Watchです)
これはもうJR東日本の作戦勝ちです。

逆にダイナースについているedyは今は全く使っていません。
記事でも指摘されていますが、Apple PayはガラケーやAndroid搭載のSuica全く仕組みが違い、1つのエコシステムの上でキチンと統合されています。
良くも悪くも日本はAppleのエコシステムにドップリ使っているのが現状です。
Appleのエコシステムに乗ることを拒否し、楽天経済圏での独自のエコシステムを貫くことを決めたedyなどは、今後正念場になってくるのではないかと思います。
個人的な理解では、アップルが国際ブランドのレイヤーに並ぶというのは違うように感じる。アップルの機能としては加入者獲得機能であり、カード会社のプレーヤーを国際ブランド、アクワイアラー(加盟店獲得管理)、イシュアー(ユーザー獲得管理)に分けるなら、イシュアーの付加価値を削っているものと理解している。加盟店獲得がFeliCa端末の設置で良くなるのでアクワイアラー側は電子マネー陣営が削る感じ
本件は、上記の3つのカテゴリーにおいて国際ブランドが強かったところから、ユーザー側を抑えるアップルが力を持っていくというレイヤー間でのパワーバランスシフトと捉えたほうがいい気がして、それが起きるという可能性は十分にあるという意味で、「ケンカを売った」ということは間違いではない気はします
勉強になりました。しかし、どうもスッキリしなくて、何回も読み込んでしまいました。私のモヤモヤの原因は、この記事の著者がアップルとスイカありきで書いていることでした。

国際ブランド(VISAやマスター)が最上位にあり、そこにアップルが参入したと。それは理解しました。その最上位の下には加盟店がぶら下がっています。これも理解しました。これは(アップルの新規参入)今までになかったことです。これも理解しました。アップルがVISAに代わって、さまざまな業界ルールを決めていく。本当でしょうか??

著者はアップルが最強、スイカが最強としています。そこが疑問なんです。クレジットカードで重要なことは、私は信用力であり、プラスチックのカードかスマホかのデバイスではないと思います。重要な要素が信用力だと思うのは、金融の基本は信用取引だからです。VISAでプラチナカードも持っている人は何人いるでしょう。その信用力と新規参入のアップルペイの信用力とを比較した場合、私が信用するのはVISAカード保有者ですし、プラチナカードなら尚更です。

Apple PayとVISAは、例え同じ最上位に位置したとしても、顧客セグメントが違うのではないでしょうか。私は本記事の著者の考え方が偏っているように感じました。
日本では、相変わらずライフスタイルに合わせた複数のカードを使う人が多数派になると考えます。

アマゾンポイントが溜まりやすいカード、マイルが溜まりやすいカードなどなど…。

VISAは、それらの特色あるカードのほとんどで使われています。
アップルだけで牙城を崩すことは容易ではないと思うのですが…。
非常に勉強になりました。
疑問としては果たしてクレカ自体が決済手段として主役で居られるのかと言う点。決済系サービスは業態として「銀行」「資金移動業」「プリペイドカード業」があり、法令視点では「銀行法=免許制」「資金決済法=登録制」となり、資産保全面もマネロン(本人確認)も財務規制も其々で異なります。そもそもクレカは経産省管轄だし(この辺り)、金融当局が新決済業態含めどう整理されて行くのかで勝者も変わって来そうな気がします。
日本はAndroid Payの展開はまだでしょうか。シンガポールでは、絶賛キャンペーン中。クレジットカード各社がキャッシュリベートや独自ポイントの大幅還元。世界的にはAndroid機の方が多いなか、日本ではどうなるのか。日本の場合はFeliCaがありますから、他の国とは事情が違ってくる気もします。確かに、Apple PayとAndroid Payが普及すると決済シーンが大きく変わりそうです。あとは、特別な器機がいらないバーコード決済がどうなるか。これは日本では普及しなさそう。
日本だけの事を考えればAppleはこの戦略でも良いかもしれないが、海外のユーザーを考慮すれば現実的では無いと思います。海外の観光客にSuicaアプリをインストールさせるのだろうか。
日本はFeliCaに対応した読み取り端末が普及しており、電子マネー対応の端末もある。利用者も多く、オマケと軽く見るのはAppleとってもマイナス。
日本でのGoogle Pixel発売と同時期に、android Payの開始も考えられる。そのときにVISA、VISAデビットカードに対応する可能性もあります。iPhoneのシェアが高いからといって、半数近いandroidを切り捨てるのは店舗は無いでしょう。
アップルペイというレイヤー追加によって、決済業界全体のイニシアチブが変化するという話。
アップルペイとグーグルペイは、業界への影響力は異なるという主張ですが、日本ではiPhoneのシェアが高いので仕組みの違いがいきるが、外国ではiPhoneのシェアが低いのでそこまで影響力が強くないのではと思う。

「アップルペイの登場によって、今後のクレジットカード業界はアップルペイに乗れるクレジットカードと乗れないクレジットカードの2つに大きく色分けされ、勝ち組と負け組の差がはっきり出てくる。」
「アンドロイド系のスマホでは、例えばモバイルSuicaのアプリが入っています、ナナコが載ってます、エディが載っています、という展開になります。基本的に独立してバラバラに入っているだけです。それに対して、iPhoneの場合は、アップルペイを入れれば関連するアプリが2~3くらいスッと並ぶようなります。・・・そうしたうえで相乗効果を生み出し、より使いやすくするわけです。」
モバイル決済市場とクレジットカード市場は=ではない。ただこれからもっと重なりが大きくはなっていくだろう。
モバイル決済は、デバイスを押さえているものが強いのは自明。アップルやグーグルが決済においてもプラットフォームを仕切っていくのは必然か。
まあそうなるよな
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
157 兆円

業績