新着Pick
93Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
TNGAプラットフォーム導入に沿って、FF系の大中小のエンジン、トランスミッションを完全に作り直す。方向性はマツダのスカイアクティブとほぼ同思想にあり、巨艦のトヨタが漸く動き始めたということだろう。2025年までにはHCCIも視野に入れていると考える。2025年の時間軸では電化は部分的にしか進まない。Cafe(企業平均燃費)とGHG(温暖化ガス)総量の抑制を両立するには、内燃機関のさらなる進化がなければ成立できないということを認識すべき大切なアナウンスメントである。それにしても、100万台単位でガンガン入れ替えるエンジニアリング能力には脱帽。。
一括企画の良いところは、駆動系、操舵系、生産性などの面で車種ごとのベース展開が迅速化されることです。
成熟市場で電気自動車導入奨励の動きが加速する一方で、インフラ整備まで考えると、内燃機関の役割は世界全体としては、まだまだ大きい。新しいテクノロジーを上から下まで、地域によらず横展開していくことで市場での優位性をかなり長い間確保できると、トヨタは読んでいるのでしょうね。
マガジンX2月号で詳報します。
「社長が選ぶ今年の社長2016」では、孫社長に1位の座を奪われて豊田章男社長は2年連続の首位にはなれませんでしたが、トヨタの未来へのビジョンは明確で、社長達に支持されるのは納得という感じです。

https://www.houdoukyoku.jp/posts/3341(社長が選ぶ今年の社長2016)
動力性能20%向上、燃費約20%向上のパワートレインとは、さすがトヨタの技術力です。F1で顕著にあらわれていますが、最新のテクノロジーではエンジン・ハイブリッドシステム・トランスミッション(回生エネルギー)のハードより、これらを制御するシステムテクノロジーが難しいと認識しています。素晴らしい技術。

あとは近年の問題点であるリコールを発生させないことだと思います。トヨタの品質管理システムは進んでいますので、サプライヤーからの受入部品の品質管理が重要になりそうな気がします。開発段階での信頼性試験は高いと思っています。量産でサプライヤーを管理する仕組みですね。

新型パワートレインにも期待しています。
HCCIですか。ハードウェア、高くなりそうですが、、、EVとどちらが高くなるのでしょう?
新興国で必要なConventional Engine(ガソリン、ディーゼルエンジン)のことも忘れないでくださいね。

それにしてもこれまで閉鎖的てあったトヨタ、カンパニー制になってからは各カンパニーのトップの仕事には『社外への情報発信』も含まれているようである。コネクティッドカーカンパニーに続く社外者説明会だ。
設備投資額がいくらになるのか想像もつかない。体力のあるトヨタだからこそ出来る投資だが、今後EV、PHV、FCVが主力となっていくことを考えると経営者も複雑な心境だろう。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
20.5 兆円

業績

株式会社動力(どうりょく、DORYOKU Co., Ltd.)は、太陽光発電システム等を中心とした住宅用設備の施工を行う会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.59 億円

業績