グーグル創業期の社員のうち、いまでもグーグルに残っているのは6人しかいない。そのなかには、創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンも含まれる。後編も引き続き、グーグルでキャリアをスタートさせた創業期の社員21人が、その後どうなったかを紹介しよう。

「グーグル創業期の社員21人」のいまを追跡する(前編)
起業家にエンジェル投資家、悠々自適のリタイア生活も
10:サラー・カマンガー
 現在もグーグルに在籍。ユーチューブ・動画部門のシニアバイスプレジデントを務める。
グーグル在籍 1999年~現在
グーグルでの現在の役職 ユーチューブ製品担当シニアバイスプレジデント。以前はユーチューブ・動画部門のCEOを務めていたが、2014年2月にスーザン・ウォシッキーが引き継いだ。
9:ジョルジュ・ハリック
 ソフトウェアエンジニアとしてグーグルに入社。グーグル初のエンジニア雇用委員会のメンバー3人のうちの1人だった。現在はエンジェル投資家として活動するほか、グーグル・ベンチャーズのアドバイザーも務める。スタートアップ「imo.im」の創業者でもある。
グーグル在籍 1999年~2005年
グーグルでの最後の役職 製品管理ディレクター。グーグル最初の社員10人のうちの1人で、「Gメール」「グーグル・トーク」「グーグル・ビデオ」「ピカサ」に関する製品と戦略の責任者だった。「グーグル・アドセンス」と「グーグル・アドワーズ」のオンラインシステムも支えていた。
現在の在籍企業/役職 imo.imの創業者。ハリック・シャジア・ラボ(Harik Shazeer Labs)の共同創設者。エンジェル投資家。グーグル・ベンチャーズのアドバイザーも務める。
8:ウルス・ヘルツル
 現在もグーグルに在籍。テクニカルインフラ担当シニアバイスプレジデントを務める。
グーグル在籍 1999年~現在
グーグルでの現在の役職 テクニカルインフラ担当シニアバイスプレジデント。具体的には、グーグルのサーバー、ネットワーク、データセンターの設計・設置・運用を監督している。1999年にグーグルに入社する前は、カリフォルニア大学サンタバーバラ校のコンピューター科学教授だった。
7:アミット・パテル
 現在はコワーキングスペース「サンファイア・オフィス(Sunfire Offices)」のメンバー。グーグル在籍時には、ポール・バックハイットとともに、グーグルの非公式のスローガン「邪悪になるな(Don't Be Evil)」を考え出した。
グーグル在籍 1999年~不明
グーグルでの最後の役職 パテルの最後の役職は突き止められなかったが、スティーブン・レヴィの著書『グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ』(邦訳:CCCメディアハウス)には、パテルをめぐる興味深い話がいくつか登場する。
 パテルは、グーグルの検索ログの価値を高めるのに尽力していた。また、エリック・シュミットがCEOとしてグーグルに加わった直後に、オフィスを共有できないかとシュミットに頼んだという(シュミットはそれに同意した。というのも、断わるのは「グーグルらしくない」と考えたからだ)。
現在の在籍企業/役職 サンファイア・オフィス(確認できた最後の在籍企業)
6:ハリー・チャン
 グーグルの最初のエンジニア。現在はエンジェル投資家として、キャビア(Caviar)、クウィキ(Qwiki)、バッジビル(Badgeville)などのスタートアップに投資している。
グーグル在籍 1999年1月~2004年12月
グーグルでの最後の役職 エンジニア。「クロール」担当のエンジニアで、ウェブをインデックス化するグーグルのスパイダーの動作を監督していたことから、ハリー・「スパイダーマン」というあだ名で呼ばれていた。
現在の在籍企業/役職 エンジェル投資家として、キャビア(Caviar)、クウィキ(Qwiki)、バッジビル(Badgeville)、プリペイ(PrePay)などのスタートアップに投資している。住宅ローン関連のスタートアップ、ルースティファイ(Roostify)の創業者。フェラーリのレースを好む一面もある。
5:レイ・シドニー
 ソフトウェアエンジニアとしてグーグルに在籍。IPOの1年半前に退職した。
グーグル在籍 1999年1月~2003年3月(IPOの約1年半前に退職し、巨額の財産を築いた)
グーグルでの最後の役職 ソフトウェアエンジニア
現在の在籍企業/役職 持続可能な不動産開発を手がけるビッグ・ジョージ・ベンチャーズ(Big George Ventures)のオーナー。トライアスロン選手やアマチュアパイロットの顔も持つ。CNETによれば、タホ湖近くの公共バスサービスの立ち上げを支援するために、100万ドルを寄付したことがあるという。
4:ヘザー・ケアンズ
 人事マネージャーとしてグーグルに在籍。現在は悠々自適のリタイア生活を送りながら、エンジェル投資家としての活動や、不動産開発会社の経営にも手を出している。
グーグル在籍 1998年~2005年
グーグルでの最後の役職 人事マネージャー。グーグル最初期の社員200名を採用した。
現在の在籍企業/役職 エンジェル投資家として、ソーシャルベンチャーに取り組む女性主導の企業に出資している。リンクトインの個人ページによれば、マサチューセッツ州の小規模な不動産開発会社、コースタル・ストリーツ(Coastal Streets)の社長も務めているようだ。
3:クレイグ・シルバースタイン
 ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが最初に採用した社員。2012年にグーグルを離れ、教育関連のスタートアップ、カーン・アカデミー(Khan Academy)に加わった。
グーグル在籍 1998年~2012年
グーグルでの最後の役職 エンジニアの教育を含めたさまざまなプロジェクトを手がけ、技術ディレクターを務めた。グーグルの3人目の社員として、検索エンジンの構築に大きく貢献した。
現在の在籍企業/役職 カーン・アカデミー、インフラ学部長
2:セルゲイ・ブリン
 グーグルの共同創業者で、現在は親会社にあたるアルファベットの社長。
グーグル在籍 1998年~現在
グーグルでの現在の役職 共同創業者としての職務のほか、2015年8月の再編までは、「月旅行のように野心的」といわれるプロジェクト「グーグルX」を監督していた。現在はアルファベットの社長。
1:ラリー・ペイジ
 グーグルの共同創業者で、現在はアルファベットのCEO。
グーグル在籍 1998年~現在
グーグルでの現在の役職 グーグルの共同創業者で、親会社にあたるアルファベットのCEOを務める。
原文はこちら(英語)。
(執筆:Avery Hartmans記者、翻訳:梅田智世/ガリレオ、写真:Jason Doiy/iStock)
Copyright© 2016 Business Insider Inc.
This article was produced in conjuction with IBM.