新着Pick
213Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
紋切り型にリーダーの理想像を求めようとする議論ってほぼ意味がないと思います。
良いリーダーかどうかは結果を出したかどうかで事後的に評価されるものであり、そこに至る道は人それぞれ。その時々に適した人物像とは、その人のキャラクターと組織の置かれた状況の掛け算で決まるものではないでしょうか。仮に「支配者タイプ」のリーダーが持て囃されたとして、全くそんなキャラではない人がいきなり強権的に振舞っても上滑りするだけでしょう。
そのうえで敢えて挙げるなら、プラトンの言う哲人王が統べる組織の姿が理想だとは思います。
一番大事なのは成果(売上・利益などのPL、株価、新技術・商品の開発成功、プロジェクトの成立など)です。成果を出すリーダーが良きリーダー。

成果を出していさえすれば、支配者タイプでも性格が悪くても人は付いていきます。優しく性格が良くても仕事のできないリーダーの船には乗りたくありません
これは ーー
「鬼」の上司がいい上司なのか、「仏」の上司がいい上司なのかという、
日本に昔からある問いかけと、同じ議論のニューヨーク版。

答えは、「鬼」であっても、「仏」であってもいいが、
最悪な上司は、「鬼」でも「仏」でもない上司である。
「支配者タイプ」か 「友達タイプ」か。最良のリーダーはこの2つのスタイルを使い分け、組織にとってプラスに働くように正しい時に正しいスタイルを実行できる人、とのこと。臨機応変に振る舞えるのが最強にリーダーなのでしょうね。
アメリカのようなアングロサクソン系は「支配タイプ」が多く、日本はまだなだ「友達タイプ」が多いですね。
もっとも、ソフトバンクやユニクロなどは、経営者の「支配タイプ」だと思います。

論理的に言えば、組織のラインは「支配的」であるべきでしょう。
指揮命令系統が明確になっているラインの中では、命令を迅速に実行させる必要があるからです。

ところが、日本でトップに立つ経営者の多くは、複数の派閥や利害関係者を調整する「友達タイプ」が祭り上げられています。
命令能力はなくても調整能力があればOKというパターンで、こういう組織だと中間管理職が実験を握っていたりします。

おそらく、これからは「支配者タイプ」をトップにしていかないといけない時代なのでしょう。
会社法やコーポレート・ガバナンスの趣旨からすると、調整型で「知りませんでした」は通らなくなりますから。
すでに指摘があるように、局面による。また、それ以外にそもそもリーダーとマネージャーも違う。経営者とチームリーダー・マネージャーも違うものではあるが、それぞれでもリーダー型・マネージャー型どちらが向くかという、局面・組織文化もあると思う。
リーダーとマネージャーの違いに関しては、神戸大学三品教授の「戦略不全の論理」の最後のほうに表となっている。個人的にはユーザベースに入るまで、リーダーとマネージャーの違いをあまり意識しなった。それは大きい企業にいて、経営責任を究極的に負うというリーダーが身近にいない(人財の問題ではなく組織形態がそうだった)、また自分がそういったビジョンを作ったりチームマネジメントをしたりというポジションにいなかったから。ただ、色々経験して、この表を見ると、自分の性格が元はリーダー型だったのがマネージャー型に触れて、今はどちらかというとハイブリット型なのかなぁと思ったり。定期的、その間にした経験と併せて振り返りたいと思っている。
この命題は、組織が置かれている状況に大きく左右されるのではと思う。危機的状況で大きく舵取りをしなければならない時と、余裕があって長期的に物事が考えられる時では正反対に成る。
リーダーシップ論の一分野である行動理論では、オハイオ州立大の研究でリーダーの基本行動は①「構造づくり」と②「配慮」があるとしている。これは本記事の「支配者タイプ」と「友達タイプ」と一緒ではないが、機能としては重なる。行動理論のスタンダードともいうべき三隅二不二さんのPM理論 ①目標達成機能(P=Performance) ②集団維持機能(M=Maintenance)も同じ見立てができる。

PM理論では、以下のようにリーダータイプを分類している:
PM型 理想的なスタイル―生産性の向上と職務満足度の両立
P型 フォロワーへの指示命令に偏る―短期成果、モチベーション低下
M型 フォロワーへの気遣いに重点を置く―現状維持に留まる傾向
pm型 放任主義―生産性も職務満足度も低下

行動理論は、持って生まれた特性(気質)でなく、行動に着目する。有効なリーダー行動を特定できれば、それを教え、有能なリーダーを育てられるという仮説を持つからだ。しかし、リーダーシップの在り方は、状況によって異なり、一般化できないという構造問題がある。

一般化が難しい理由の第1に、組織の外部環境の在り方によって、有効なリーダーシップ・スタイルが異なるということがある。第2に、リーダーの在り方(リーダーシップスタイル)はあくまで、リーダーと一対の存在であるフォロワーの存在との相対的関係だからだ。

人間は機械ではない。リーダーが何かを判断し行動したら、フォロワーが自動的に予定調和の行動をとることは絶対にない。「支配者タイプ」も「友達タイプ」もその他のタイプでも、フォロワーの資質、価値観、動機を無視しては何も成し遂げられない。
Mori Proに同意です。勝負に勝つ事ができるリーダーが大切。そうでないとチーム・メンバーが不幸になります。森さんとは、以前同じ会社で働いていましたが、そこで叩き込まれた文化は、勝利に対する執念でした。
みなさん言ってますが、「時と場合による」 以上
新着記事一覧
採用は全社員で取り組むものに。「スクラム採用」を後押しするHERPが4.6億円調達
Forbes JAPAN
3Picks

【MaaS】神戸のオールドニュータウン問題とエコシステム…株式会社日本総合研究所 次世代交通チームリーダー 武藤一浩氏[インタビュー]
レスポンス
4Picks

アパレル業界のパタンナーからエンジニアに!……濱内千波さん
RBB TODAY
2Picks

エンゼルスの大谷翔平が16号2ラン
共同通信
2Picks

【MaaS】バスドライバー不足とMaaSへの期待、連携して地域の“移動の総量”を上げていく…西日本鉄道株式会社 経営企画部 課長 阿部政貴氏[インタビュー]
レスポンス
4Picks

ニッチ家電の覇者ドウシシャに聞く、スピード感と楽しむ姿勢を両立する組織づくり | Recruit - リクルートグループ
Recruit - リクルートグループ
3Picks

【MaaS】“行きたい所に、行きたい時に行ける”を実現する観光MaaS…WILLER株式会社 Global Business Div. 菊池美緒氏[インタビュー]
レスポンス
2Picks

何もわからない自分から何かを与える自分へ。新卒営業の変化
PR Table
4Picks

白石和彌監督、佐藤健とのタッグで「家族の再生」描く きっかけは母親の死
ハフポスト日本版
2Picks

無理に共感しなくていい。会話が苦手でも「自分軸」で言いたいことは伝わる
ライフハッカー[日本版]
4Picks