新着Pick
285Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トイレとコンドームが大好きなゲイツ。先日もコンペ形式で太陽エネルギーを動力源とする電気化学反応器を使い、排泄物を水素に変えるコンポストトイレを開発したチームに10万ドル提供。あと多孔質の装置を開発し、トイレの水を飲める水にしたり。しかしこのナノメンブレイントイレは定期的メンテが必要ということですが、これはトイレ不足で不衛生な環境下に置かれている26億人弱の新興途上国の人々にとってはかなり大きなボトルネックになりそう。今後に期待します!
奥さんの質問に答えると間違いなくブラジルです!

ブラジルの第一の街、サンパウロでも貧民街では下水が整備されておらず垂れ流しです。街中のピニェイロス川は本当に汚物の臭いがします。信じられないけど。なので世界5位の人口であるブラジルにはまだまだ下水整備の余地があります。

話題になってる紙ですが、ブラジルでは紙を便器に流さず、便器横のゴミ箱に入れます。これは紙の質が悪く、下水管が細く、トイレが簡単に詰まってしまうから。ブラジル来たときは衝撃的でしたが慣れてしまいました(笑

ちなみに紙を流さないのは南米の他の国では田舎でくらいしかみないです。
ブリティッシュアクセントの女の子がかわいい

クランフィールド大は英国の一流校ランキングには(たぶん)出てきませんが、応用研究にちからを入れている、ユニークな大学です

Designはちょっとガチャガチャしすぎてる感じですが、こわれないのかなぁ つまったりして

そういえば、最近宇宙飛行士の船外作業用び、宇宙服に内蔵するトイレのアイデア募集がNASAであったなぁ 確か締め切りもうすぐだったなぁ 結局時間がなく、提出間に合わず残念(最近こんなのばっかり) 「宇宙うXこ」というタイトルもセンス良

https://www.washingtonpost.com/news/morning-mix/wp/2016/11/29/pooping-in-deep-space-has-nasa-stumped-the-space-poop-challenge-is-your-way-to-help/
このトイレが必要な国・地域はどこでしょう。途上国だと思いますが、トイレットペーパーが課題というのは、少し現場が見えていないのではないでしょうか。

トイレがない、下水道が整備されていいない地域で、トイレットペーパーは結構な高級品だと思います。

これで、衛生面が解決され、疫病等が減るのであればWHOやODA、個人寄付でお金が取れ、普及期には金銭的な補填が得られる可能性が高いですし、下水道整備よりも短期に安価に設置可能できれば、現地政府を巻き込んだインフラ整備が期待できるのではないでしょうか。
たかが🚾されど🚽!?

昨年、習近平主席が朝鮮族地域を訪問したときに厠所革命を呼び掛けたし、トイレなし人口の多いインドでモディ首相がトイレ整備を呼び掛けていますね♪

東京メトロも随分とトイレ美化に努力しているし、DeNAベイスターズ活躍の陰に入場者増があり、その背景に初の女性オーナーならではのトイレ革命指示があったとかなかったとか!?

文明生活には、光、電気、水、ガスが大切なのはいうまでもないですが、サプライサイド動脈側だけでなく、静脈側のトイレ、下水、ゴミ処理も、持続性の観点からも必須ですね♪

無電化世帯を減らす努力とともに、トイレ革命は重要な政策課題です(^ω^#)

ちなみに11月19日は『世界トイレの日』

国連が2013年に制定しました♪
ユニセフがプロジェクトを進めています。
http://worldtoiletday.jp/sp/
世界では3人に1人が、トイレなしです。

WTOといえば、世界貿易機関を想像しますが、世界トイレ機関が2001年に創設されています(pq゚∀゚*○)、
http://www.afpbb.com/articles/-/2289819
直感的に「いいね」と思ったのに、コメント欄があまり肯定的じゃないのでびっくりしてます。

途上国、しかも急速に開発が進む国のインフラ・衛生面問題は重要だし
地球上の水のうち、淡水って2.5%ですから、
水を使わないという発想のものは、支持されていいのにな。と考えます。

記事内の細かな試算に違和感があるので、ちょっとツッコミどころを与えてるんでしょうか。

ビルゲイツは財団でこういう問題に取り組んでる人たちに助成金を出しているので、
まずは取り組んである程度の成果を挙げてほしいな。と。
(ダメだとしても、学びはあるでしょうし)